2016年12月7日 更新

美人の新条件は「鼻の下が短い」こと!?メイクでカバーする技をご紹介♪

美人の新条件は「鼻の下が短い」こと!?メイクでカバーする技をご紹介♪

美人の条件は何だと思いますか?目がパッチリ大きいことでしょうか?それとも鼻が高いこと?唇がぽってりと色っぽいこと?それらももちろん当てはまると思いますが、最近注目されているのは、多くの美人は「鼻の下が短い」ということ。鏡を見て「私は違うのかも…」と思ったあなたも大丈夫、メイクでカバーする方法をお伝えします。

鼻の下が短いと美人に見えるって本当?

鼻の下が短いことが美人の条件といわれても、ピンとこない方も多いのではないでしょうか?
実は、イギリス・ヨーク大による第一印象に関する研究でも、鼻の下が短いと親しみやすい印象になるという結果が出ているそうです。

美人の条件の一つとして、「ゴールデンプロポーション」が挙げられます。
このゴールデンプロポーションによると、「鼻の下+上唇:下唇〜顎先=1:2」が理想だそうです。
つまり、鼻の下が短い方が美人に見えるのです。

鏡を見て悲しくなった方も大丈夫。
それは、メイクでカバーできるかもしれませんよ。
ぜひ、鼻の下を短くするメイク方法をマスターして、より美人を目指してみましょう。

上唇をオーバーリップに描いてみましょう

鼻と口の距離を縮めるには、リップメイクがポイントです。
上唇を少しオーバーリップにして塗ることによって、距離が縮まったように見せることはできます。
ただ、やりすぎると不自然になってしまうので、あくまでも数ミリ程度にとどめましょう。

お顔の印象は、ミリ単位で変わってきます。
例えば鼻の高さが数ミリ違うだけでも、印象がガラリと変わるはずです。

このメイクには、ルージュとグロスの2アイテム使いをおすすめします。
まず、ルージュをブラシに取り、上唇の山をややオーバーさせて描いてください。
山を描くときは、外側から内側に向かって描いていきます。

その後、口角から山に向かってラインを引いていきますが、そのときにも1、2ミリ程度オーバーさせましょう。
そうしたら下唇のラインを描いて、内側を塗りつぶします。

グロスを重ねるときにもポイントがあります。
唇の中央に重ね塗りするのです。
すると、上唇の中央にぽってりと立体感が出て、鼻との距離が短く見える効果が期待できるのです。

ハイライトやコンシーラーで立体感を出してみましょう

上唇と下唇にハイライトをのせると、唇がめくれ上がったようになり、間延びしたような印象が和らぎます。

また、上唇の山のすぐ下と下唇の中央部分にハイライトを入れることでも立体感が出ます。
リップの下地として入れた場合は自然に仕上がり、リップの後から重ねた場合は立体感をより強調できるでしょう。

立体感は、コンシーラーを使って出すこともできます。
まず、上唇の山のへこんでいる中央部分に、パール入りのコンシーラーを入れましょう。
唇の輪郭との境目がはっきりとし、リップが立体的に仕上がりそうですよ。
山部分が強調されると、鼻との距離が短く見えるのではないでしょうか。

鼻下にチークを入れてみましょう

メイクの最後の仕上げに、チークを鼻下に入れてみてはいかがでしょうか?
シェーディングのような暗いカラーではなく、自然な影を作ることができるでしょう。
ピンクよりも、肌なじみのよい少し濃いめのオレンジがおすすめです。

鼻下に影があると、視覚効果で鼻と口の距離が短く見えます。
簡単にできるので、こちらもぜひ試してみてください。

メイクだけでなく日ごろの意識も大切!

メイク以外にも、普段から意識してできることがあります。
それは、舌の位置。

あなたは普段、舌をどこに置いていますか?
恐らく、上の歯茎の裏か下の歯茎の裏でしょう。

舌先は、上の歯茎の裏にある方が望ましいです。
下の歯茎の裏にあると、口元が緩んでいる印象を与えるだけでなく、口角が下がってしまうこともあります。
上の歯茎の裏側より少し上辺りの部分に舌先を固定しておくと効果的なようです。

こうした、日ごろできることから口元が緩まないようにし、その上で今回のメイクテクニックを取り入れてみましょう。
鼻と口の距離は生まれつき決まっているから…と諦めず、さらなる美人を目指して努力してみてくださいね。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
美人の新条件は「鼻の下が短い」こと!?メイクでカバーする技をご紹介♪
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

アイライン・マスカラで印象は変わる!今日はどんな顔を目指したい?

アイシャドウのカラーを変えると顔の印象は随分変わりますが、アイラインやマスカラの塗り方を変えるだけでもイメージを変えることは可能。その日の気分によって、メイク方法を変えてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

ルージュ・リップペンシル・グロス…正しい塗り方知っていますか?

リップメイクをするとパッと華やかな印象になりますよね。あなた普段使っているリップアイテムは何ですか?そして、正しい塗り方を知っていますか?リップアイテムといえば、ルージュやリップペンシル、グロスなどがあります。今回は、その3アイテムの正しい塗り方をレクチャーします。

by西田 彩花

濃いルージュでメイクしたい♡リップメインメイクのときのルージュの塗り方

ビビットなルージュを塗りたくなるときもありますよね。濃いルージュは、「大人の女性」というイメージがあります。しかし、ハッキリと発色するルージュは塗りにくい…。そのように考えている方も少なくないのではないでしょうか?そこで、リップメインのメイクをするときにはどのようにルージュを塗ったら良いのかを...

by西田 彩花

メイクもトータルコーディネートで♪マンネリ化しにくいメイク選びとは

”トータルコーディネート” というのは、よく聞く言葉ですよね。お洋服全体のコーディネートだと思っている方は、認識を変えてみると良いかもしれません。大切なのは、メイクも含めた全身のトータルコーディネートなのです。ついついメイクはマンネリ化しやすいのですが、こういう考え方だと毎日違ったメイクを楽し...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す