2016年12月7日 更新

塗れば塗るほどドツボにハマる…… たった3分でOK!ナチュラル美人のメイク直し術

塗れば塗るほどドツボにハマる…… たった3分でOK!ナチュラル美人のメイク直し術

デート中、女子会ランチのあと、仕事帰りのディナーの前など、気合いの入るお化粧直し。気づいたら、彼や友達は待ちぼうけ。「ごめーん!」と謝る顔は、言い訳無用の厚塗りフェイス!肌のツヤと透明感は消え、イタさだけが残ります…… 一方、いつ直したの?むしろ会ったときよりフレッシュなのはなぜ!?という女性、周りにいませんか?早ワザでも雑でもない、ナチュラル美人のメイク直しのコツとは!?

1.まずティッシュ!!!!

あぶらとり紙は使わず、まずティッシュで脂浮きを抑えます。こうすることで、肌に必要な油分を取りすぎず、余計な脂と浮いてしまったファンデーションだけをオフすることができます。オフせずファンデーションを重ねると、肌の油分と混ざって酸化し、くすんで見えるのと同時に、重ねれば重ねるほどよれや毛穴落ちする原因となります。

2.パウダーファンデーションをブラシでふんわりと

パフでメイクを直そうとすると、肌を擦ってしまってムラになったり、ついつい一生懸命重ねてしまい、厚塗りになりがち。ファンデーション用のブラシでパウダーファンデーションをくるっと一回り取り、くるくると円を描きながら肌にふんわりとのせましょう。

ティッシュでファンデーションが落ちた箇所を中心に、崩れた分だけ補うイメージで、テクニックは要りません。なるべく大きめのブラシだと、ムラになりにくく時短になります。

3.デンジャラスゾーン下まぶた崩れの攻略法

下まぶたは最も崩れやすい難所。ウォータープルーフのものを使っていても、なぜか黒く滲んでいたり、アイシャドウが落ちてクマのようになっていたり、シワっぽくよれていたり……ここを直すだけで、見た目がグッとフレッシュになります!

ここで活躍するのが、サンプルでもらったけれど使うタイミングを忘れ眠っている乳液やクリーム。フタのついたものなら、ポーチにインして持ち歩けます。それを綿棒か小指の先に取り、内側から外側へ優しくなぞり、崩れを取ります。ティッシュで油分をオフし、ファンデーションブラシの先っぽか、アイシャドウパレットに付属されているブラシを使ってファンデーションを軽く重ねて段差をぼかし、アイシャドウの一番明るいハイライトカラーを、下まぶたに引きます。

こうするとレフ板効果で目元が明るくなり、これだけでアイメイク全体が綺麗になったように見えます。時間のないときは、指先で黒く滲んだところを拭って、ハイライトを引くだけでもOK。

あとは、アイラインが消えかけていればなぞる程度に直し、最後にリップを塗り直して終わり。テクニックいらずなので失敗もなく、ささっと3分もあれば完了!

普段お化粧直しはしません!という方でも気軽にできるので、ぜひトライしてみてください♪

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
美容ライター・エディター 都内大手百貨店にて国内大手化粧品会社の美容部員として国内外多くのお客様のスキンケア、メイクアップのアドバイスを行い、多くのリピーターを集めた。その経験を活かし、直接出会える人以外にも美を伝えたいという思いから美容ライター、ブロガーへ転身。 ジュニアオーガニックセラピスト、フードアナリスト、コスメコンシェルジュ、アロマ検定1級、エステティックなどの知識から、女性が...
塗れば塗るほどドツボにハマる…… たった3分でOK!ナチュラル美人のメイク直し術
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

軽部 幸菜さんの新着コラム

by軽部 幸菜

「Cosme Kitchen」発のオーガニックレストランがアトレ恵比寿西館に新オープン!

2016年4月15日(金)にオープンする「アトレ恵比寿西館」2階に、現代女性のライフスタイルに基づいた「MASH Wellness Floor(マッシュウェルネスフロア)」が展開されます。衣・食・美容、そしてホームケア用品など、安心・安全・健康を意識したプロダクツが並びます。中でも注目なのが、ナチュラルコスメのセレクトショップ「Cosme Kitchen(コスメキッチン)」による国内初出店のオーガニックレストラン「Cosme Kitchen Adaptation(コスメキッチン アダプテーション)」。オーガニックサラダバー&デリ他、話題のスーパーフードを使ったスイーツや人気シェフとのコラボメニューなど、コスメキッチンファンはもちろん、美と健康を意識する女性が喜ぶメニューや商品が多く揃っています。オープン前日に行われたプレス内覧会のレポートとともに、フロアの様子についてご紹介します!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

メイクもトータルコーディネートで♪マンネリ化しにくいメイク選びとは

”トータルコーディネート” というのは、よく聞く言葉ですよね。お洋服全体のコーディネートだと思っている方は、認識を変えてみると良いかもしれません。大切なのは、メイクも含めた全身のトータルコーディネートなのです。ついついメイクはマンネリ化しやすいのですが、こういう考え方だと毎日違ったメイクを楽し...

by花田 真理

顔がくすんでいる!そんなときにおすすめな化粧直しの対応方法とは?

朝化粧した際は顔色が良かったのに午後にはくすんでいる……。そんな経験はありませんか? 顔がくすむと老けて見えたり、疲れて見えるため、あまりよい印象ではありません。 今回は、「顔がくすんでいる!」そんなときに役立つ、化粧直しの対応方法を紹介します。

by小林未来

汚れたままだと危険!パフやブラシの大切さを再確認

みなさんがメイクの際にお使いのパフやブラシ、最後に洗ったのがいつだか覚えていますか?意外と重要視されていませんが、実はそれらを労わってあげるだけでこんなにもメリットがあるのです!

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す