2016年9月6日 更新

もうすぐ夏本番!知っておきたい夏の美肌づくりの重要ポイントとは

もうすぐ夏本番!知っておきたい夏の美肌づくりの重要ポイントとは

季節によってゆらぎやすくなる肌質。夏は特に、屋外と室内の温度差や湿度などよって体の状態が左右されやすくなり、どうじても肌にも影響が出やすくなります。夏のこの時期、美肌を保つにはズバリ正しい「汗対策」をすることが鍵。汗と肌の関係について説明します。

汗は”守り”と”ダメージ”が紙一重?

出典 :

汗は、肌表面に潤いを与えたり弱酸性の肌のphを保ったり、汗をかくことによって上がり過ぎた体や肌表面の体温を調整する重要な役割をしています。しかし、夏は大量の汗をかきやすい他、外気の気温と室内の温度差が激しく、体にも肌にとても影響が出やすい季節でもあります。

実は、汗をかきすぎることはメイクが崩れるだけでなく、肌にダメージを与える影響を引き起こしかねないのはご存じでしょうか?

汗によって具体的に肌にどんな影響があるのか、夏を乗り切るための美肌対策を併せてご紹介します。

汗によるべたつきとメイク崩れ

汗は化粧品に含まれる油分と混ざりやすく、大量に汗をかいたままにしておくことによってメイクが溶け落ちやすくなってしまいます。それだけならいいのですが、気づかぬうちに折角綺麗に塗った日焼け止めが落ちてしまう原因にも……。

日焼け止めもウォータープルーフだから汗に強いはず、と安心するのは実は大きな実は落とし穴!ウォータープルーフは実は水には強くても油分と混ざると溶けやすい性質ですので、長時間汗をかいたまま放置は禁物。日中外に出る際は、日焼け対策にも細やかな配慮が必要です。

汗によって引き起こされるインナードライ

出典 :

インナードライとは、肌の表面は汗によって一見潤っているように感じても、実際肌内側がカラカラに乾燥している状態を指します。

夏は、大量の汗をかき、極度に冷却された室内によって肌の水分が一気に蒸発、よって一番乾燥を引き起こしやすい時期でもあるのです。

肌内側の潤いが足りていないことで肌の免疫が落ちてしまったり、引き起こされる乾燥によって過剰に皮脂が出やすくなりニキビや吹き出物ができやすくなったり、また汗をかきにくくなった頃に、やっと極度の乾燥肌症状が現れた……なんてことにも。

汗による角質の乱れ

汗をかきそのまま放置しておくと、肌表面の薄い角質は簡単にふやけてしまいます。ふやけた角質は簡単に傷つきやすく、こすったり掻いたり少しの摩擦などでも炎症を引き起こしてしまう原因になりかねません。

夏美肌への近道

美肌を保つには、夏こそこまめな汗・皮脂の拭き取りと保湿ケアが重要ポイントです。

肌表面は角質が水分を吸収することでダメージを受けやすくなるので、こまめに抑えましょう。この時肌はこすらないようにし、ティッシュなどでやさしくプレスするよう抑えます。

また、日頃から肌表面を健やかに保つためにも、しっかりと保湿した後はスキンケアクリーム等で薄い油膜をつくり、水分の蒸発を防ぐように心がけましょう。夏の肌はべた付きやすいため、クリームなどを懸念する方が多いかと思いますが、しっかり保湿し肌を適度な油膜で肌表面を守ることでべたつきにくい肌質へと導かれていきます。コットンパックなどを利用して、手軽な肌への水分補給も忘れずに心がけましょう。

夏こそ美肌育成に相応しい時期!

汗によって引き起こされる夏のゆらぎ肌について様々な視点から説明しましたが、実は夏は、1年を通して「手をかけた分、肌はしっかり応えてくれる」というのを一番実感しやすい時期でもあります。

この時期こそ、しっかりケアと対策を心がけて真夏の美肌を目指しましょう!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ビューティーアップスタイリスト ヘアメイク 静岡県出身。 昔から憧れだった美容師を目指し、16歳の頃よりサロン業務に従事。 上京、2010年BEAUTRIUMに入社後、更なる美容の魅力を追求すべく、同年にヘアメイクへの転身を決意。 サロンで実務経験を積みながら、エステスクールへのWスクールをスタートさせ、『協会認定エステティシャン取得、化粧品検定1級、アロマ検定1級』など、...
もうすぐ夏本番!知っておきたい夏の美肌づくりの重要ポイントとは
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

竹本 実加さんの新着コラム

Skin Care

by竹本 実加

UVケアがおブス肌の分かれ道!?夏の日焼け止めの正しい塗り方

美容の大敵である夏の強い日差し!日焼けしない為に日焼け止めを塗るのは、美容というよりも当たり前の一般常識ですよね。しかし、UVケアしているのに薄っすら焼け始めている…というあなたは、間違った”当たり前”で夏のおブス肌まっしぐら!?そうならない為に、まず下の4項目をチェック!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す