2016年12月7日 更新

イギリス発祥!海外セレブも実践中のスキンダイエット♡

イギリス発祥!海外セレブも実践中のスキンダイエット♡

ダイットといえばウエイトダウンをイメージする方が多いかもしれません。ですが、肌にもダイエットが必要なのです。ファンデーションの成分が毛穴へ蓄積されると吹き出物や思わぬトラブルの原因に。そうなる前に予防しておきたいものですよね!

ファンデーションが肌に与える影響

ファンデーションはメイクをする上で必須アイテムですよね。どんなにアイメイクやリップメイクに力を入れても、ベースメイクで肌を整えていないとせっかくのメイクも映えません。メイクの中でも一番大事!とお考えの方も多いでしょう。

ところが、隠したい部分が厚くなってしまったり、ヨレるのを防止するために下地からベースメイクアイテムを数種類を重ねたりと、毎日のファンデーションの使用は意外とお肌に負担がかかっているのです。さらに、しっかりと塗られたファンデーションを落とすために、毎日のクレンジングによっても顔全体への負担が大きくかかってしまいます。

すると、洗浄力の強いクレンジング料を使うことにより肌が乾燥したり、摩擦することにより、シワやたるみの原因へとつながる恐れも。更には、落としきれなかった毛穴の汚れが蓄積し、つまりによる黒ずみの原因にもなりかねません。

そこで、これらの回避法として海外の皮膚科医達が提案したのが「スキンダイエット」。その方法とは?

「スキンダイエット」とはお肌のターンオーバーを促すすっぴんダイエット法

スキンダイエットは、1週間のうち2日間をすっぴんで過ごすという方法です。それだけでも、日々の肌へかかっているかなりの負担が軽減するとされています。

しかし、女性の場合どうしてもすっぴんで過ごすわけにはいかないこともありますよね。その場合はいつもよりナチュラルなメイクで過ごしてみてはいかがでしょうか。今はミネラルファンデーションなどお肌に優しい成分でできたコスメも多いので、それらのものをチョイスして取り入れるのもおすすめです。平日はお仕事仕様、土日は休日仕様とメイクを変えれば雰囲気や気分も変わって良いかもしれませんね。

汚れを残さない洗顔が大切!

洗顔はスキンケアの基本中の基本。化粧品による肌に不要な成分や汚れ、油分などが残らないように丁寧に洗うことが大切です。洗顔料をよく泡立ててから、マッサージをするようにふんわりと洗ってください。ゴシゴシこするような洗い方はNG。繊細な皮膚にダメージを与えてしまいます。泡立て用のネットなどを使ってしっかりと泡立てると◎

週2日間メイクをしないことにより、メイクによる影響のみならず強力なクレンジングによる刺激成分も避けられるため、海外の皮膚科医達の中では、この間隔で肌を休ませるだけで、皮膚が生まれ変わるといわれている約一ヶ月後には健康的な肌を取り戻すことができるといわれています。

オフでおうちでまったり過ごす日などは、肌もお休みさせてあげてはいかがでしょうか?

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ネイリスト、サロン衛生管理士、ネイルインストラクター、サロンモデル 長年のネイリスト経験中、最初は手に関する質問が多い中、お客様への的確なアドバイスの為幅広く美容を研究。オーストラリアでの留学をきっかけに他国の情報にも興味を持ち、旬な美容情報や女性が輝く為のサポートとして記事を執筆。 Myinstagram☝︎http://instagram.com/miku.k0815
イギリス発祥!海外セレブも実践中のスキンダイエット♡
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

小林未来さんの新着コラム

Nail

by小林未来

年末年始に向けての人気ネイルデザインカタログ♡

今年もあとわずか、もうすぐクリスマスに年末年始とイベント盛りだくさんですね♪家族でゆっくり過ごす方も、アクティブに旅行を考えている方も、指先までおしゃれをして楽しい休暇を迎えたいですよね♡そこで、近頃人気のネイルデザインをご紹介したいと思います♪

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by大島 有希

今すぐ摂りたい!美肌だけでなく目力までもアップさせる注目美容成分「ケイ素(...

美肌を作るにはスキンケアはもちろん、体内への栄養補給がとても大切。今回は、高い抗酸化力を持つ、健康と美に欠かせないスーパーミネラル「ケイ素」の効果と摂取方法をお伝えします。ケイ素を上手に取り入れて、内側から美しくなりましょう!

Skin Care

by西田 彩花

お肌のくすみは憂鬱のもと…くすみの原因と対策を知りましょう

お肌のくすみに悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。でも、くすみの原因って一体なんでしょう?実は、くすみの定義は、医学的にはっきりと決められていません。さまざまなものがくすみと呼ばれていますが、それらの原因と対策をまとめてみました。

Skin Care

by西田 彩花

クマができちゃった…そんなときはどのような対策をしたら良いの?

目の下のクマは、目立ってしまいたちまちお疲れ顔にみえてしまいます。一刻も早く改善させたいですよね。クマには3種類あります。そのタイプ別に、効果的な対策方法をご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す