2016年9月6日 更新

これナシで美肌は語れない!ビタミンC摂取が必要不可欠なワケ

これナシで美肌は語れない!ビタミンC摂取が必要不可欠なワケ

もし美肌のためのサプリメントをひとつだけしか飲めないとしたら、間違いなくおすすめなのはビタミンC。ここではビタミンCがどれだけ美肌に効果的なのか、薬剤師の観点から分かりやすくお伝えします。

コラーゲン生成を促してぷるぷる肌に

ビタミンCは、コラーゲンの生成を促進し、コラーゲンの強化をするはたらきがあります。

コラーゲンはタンパク質の一種で、細胞と細胞をつなぎとめる役割を果たしており、特に皮膚に多く存在し、真皮の70%はコラーゲンでできています。そのため、コラーゲンがないと細胞は支えるものをなくし肌のハリが失われ、さらに保湿力も落ちて乾燥したカサカサの肌になってしまいます。

このことから分かるように、コラーゲンは肌の土台となる成分です。コラーゲンがないと、肌は自己回復力が衰えさまざまな肌トラブルを引き起こします。

「だったら、コラーゲン入りのサプリメントを飲めばいいのでは?」と思いがちですが、コラーゲンの経口摂取については賛否両論で、その効果はまだはっきりと解明されていません。また、コラーゲンは分子量が大きいため吸収効率が悪いともいわれています。

しかし、ビタミンCを摂取することで、元々体内にあるアミノ酸からコラーゲンを生成する力がはたらくので、コラーゲン自体を摂取するよりも確実に効果があります。よって、ビタミンCを摂取することは美肌への一番の近道となります。

How to Apply Foundation Properly

抗酸化作用で肌の老化やサビを防ぐ

ビタミンCは、強い抗酸化作用があるため肌のサビを防ぎます。

体内では酸素を利用すると活性酸素を生じるのですが、活性酸素は物質を酸化させる力がとても強く、体内の細胞を攻撃します。肌の細胞が傷つけられると、それが原因でシミやシワになってしまい、老化の一因となります。活性酸素は体内の酵素によって速やかに分解されますが、その生成量が多ければ無毒化が間に合わず、細胞にダメージを与えてしまいます。

ビタミンCは酸化されやすい物質であるため、これを摂取すると細胞よりも優先的にビタミンCが酸化され、肌細胞の酸化を防ぎます。よって、活性酸素による酸化ダメージを防ぐにはビタミンCの摂取がとても効果的です。

また、老化を防ぐには、活性酸素を多く生み出してしまう原因の喫煙、お酒、紫外線、ストレスを避けることも重要です。

メラニン生成を抑えてシミを防ぎ美しい白肌に

メラニンは、紫外線を浴びることにより、チロシンというアミノ酸にチロシナーゼという酵素がはたらき生成されます。メラニンは本来は通常の表皮のターンオーバーによって角質とともに垢として排出されるのですが、紫外線により過剰に作り出されたメラニン色素は、ターンオーバーとともに排出しきれずに残ってしまいます。それがいわゆる色素沈着、シミとなってしまうのです。

そしてビタミンCにはメラニン生成抑制作用とメラニン還元作用があり、メラニン生成抑制作用は酵素チロシナーゼのはたらきを阻害しシミやそばかすをできにくく、メラニン還元作用はすでにできてしまっているシミやくすみをうすくする作用のことをいいます。さらに、ビタミンにはシミだけではなく、紫外線による日焼けを薄くする美白効果もあります。

つまり、多方向からメラニンにアプローチしシミやくすみを防ぐのなら、ビタミンを摂取するのがもっとも有効ということになります。

気をつけよう!ビタミンCが失われてしまう原因

◆たばこ:有害物質を吸い込むことでビタミンCの代謝が早くなり、体内の吸収量が減ってしまいます。また、タバコ1本で25~100mgものビタミンCが破壊されます。

◆アルコール:ビタミンCはアセトアルデヒドを分解するはたらきがあるため、アルコールを多量摂取するとビタミンCの消費も速くなります。

◆ストレス:ストレスにより活性酸素が発生するため、抗酸化物質であるビタミンCが消費されます。また、抗ストレスホルモンであるアドレナリンを合成する時にもビタミンCは大量に利用されます。

◆風邪:ビタミンCは、体内に侵入した病原菌を攻撃する白血球のはたらきを強化し、ビタミンC自らも病原菌を攻撃して免疫力を高めます。よって感染症時にはビタミンCはたくさん失われます。

◆激しい運動:汗とともにビタミンCが失われます。エネルギーを大量に消費することでビタミンCの消耗も激しく、尿中への排泄も多くなります。

smoking in bed | Women | Pinterest

ビタミンCの効果的な摂り方

ビタミンCは、体内の貯蓄量が決まっているため、一度に大量摂取をしてもすぐに体外に排泄されてしまいます。同じ量を摂取するのであれば、なるべく回数を分けて少量ずつ飲むようにしましょう。また、空腹時よりも食後の方が吸収率が高まります。タイミングを見ることも効率的な摂取には必要不可欠です。

更に、経口摂取以外にも、静脈内点滴でビタミンCを体内に取り入れる方法があります。高濃度ビタミンC点滴という方法で、経口摂取と違ってすぐに体内を巡るので即効性があります。

ただ、美容クリニックなど医療機関でしか受けられないため、その分高価な治療になります。何か大切なイベントの直前や、日焼けをしてしまった後など、ここぞという時に治療を受けるのをおすすめします。

最後に

ビタミンCは、数あるビタミンの中で最も効果。効能が多く挙げられる栄養素であるといえます。美肌に関しても様々な方面から効果を発揮するため、ビタミンCだけでも多大な効果を実感できることでしょう。実際に、服用開始数日後に肌が白くなるのを実感したり、肌荒れが改善したりする方も多いです。

そして、サプリメントでビタミンCを摂るのもいいですが、まずは生活習慣とバランスの取れた食生活が重要です。食事でも野菜や果物を上手に取り入れながら、足りないビタミンをサプリメントで補っていくのが理想的でしょう。

健康的な食生活とビタミンCの摂取で若々しい美肌を目指しましょう。

Tumblr | yummy | Pinterest
 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
漢方薬剤師/美容ライター/ミスグランドジャパン2016ファイナリスト 大学卒業後、都内の有名美容クリニックで漢方薬剤師として勤務。カウンセリングや漢方の処方を行い、美意識の高い女性達のダイエットや美肌作りをサポートする。 「美容は必ず健康という土台の上に成り立っている」という信念の元、女性の健康美や幸せな人生に貢献するための活動を幅広く行っている。 幼少期はアメリカのボストンで...
これナシで美肌は語れない!ビタミンC摂取が必要不可欠なワケ
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

森田 博美さんの新着コラム

by森田 博美

日常生活に取り入れたい!栄養素豊富なヘンプシードの効果・効能

現在、世の中には数多くのスーパーフードが存在しますが、ヘンプシードと呼ばれる「麻の実」もその一つです。ヘンプシードの歴史は古く、日本ではその昔、忍者の非常食になっていたとの言い伝えもあります。現在では、七味唐辛子の原料としても馴染みのあるヘンプシード。その素晴らしい健康効果について、お伝えしたいと思います。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す