2017年7月3日 更新

スゴイと言われる乳酸菌!どんな効果があるの?

スゴイと言われる乳酸菌!どんな効果があるの?

乳酸菌には、どのような体に良い効果があるのでしょうか?代表的な作用としては、整腸作用や免疫作用がありますが、他にもさまざまな体調不良の改善や健康維持の役割もします。今回は乳酸菌のスゴさを紹介します。

乳酸菌って?

乳酸菌は「腸を整える善玉菌」というイメージを持っている人が多いと思いますが、腸の調子を整えるだけではなく、実は病気の改善や身体の調子を整えてくれることがわかっています。

◆乳酸菌にはたくさんの種類があります。
乳酸菌は、ブドウ糖から乳酸を作り出す細菌の総称で、600種類もあるといわれています。同じ乳酸菌の仲間でも、性格は全然違います。
代表的な乳酸菌には、便秘予防や免疫力強化の「EC-12」、便秘予防・免疫力強化・アトピー性皮膚炎改善・コレステロール値の低下などには「クレモリス菌FC株」、便秘予防・免疫力強化・花粉症予防などには「LGG菌」、便秘予防・免疫力強化・花粉症予防・大腸ガン予防などには「ヤクルト菌シロタ株」、便秘予防・免疫力強化には「ラブレ菌」などがあります。

◆乳酸菌の働きは……?
乳酸菌はブドウ糖から乳酸を作り出す細菌で、食品に含まれる糖質を分解して「発酵」を引き起こします。この発酵が乳酸菌の持つ重要な力なのです。
発酵した食品(納豆やヨーグルト)は、健康にも良いと毎日食べている人も多いと思いますが、腸の中でも発酵が行われていて、発酵でつくられる物質で腸が健康になっているのです。
大腸内で乳酸菌が小腸から送られてくる食べ物のカスを分解・発酵させ、この過程で乳酸などの有機酸やビタミン類、ホルモンや酵素なども腸内細菌によって合成されます。また、乳酸菌は、腸内で腐敗物を生み出す悪玉菌を抑制し発酵を促進することで、免疫力の活性化や整腸、アレルギーの改善などの効果が期待できることもわかってきています。

乳酸菌を多く含む食品は?

乳酸菌を多く含む食品には、次のようなものがあります。

ヨーグルトやチーズ(ナチュラルチーズ)、発酵食品などです。発酵食品では、味噌やキムチ、ぬか漬けや塩麹などです。またサプリメントなどを上手に活用するのも良いでしょう。

乳酸菌は40°Cくらいの温度が一番増殖する温度です。高温にし過ぎると死滅してしまうので注意が必要です。

乳酸菌の効果

◆整腸作用
乳酸菌は、腸内で糖を分解して作る乳酸や酢酸を作り出し、腸の動きを正常化し善玉菌を増やし善玉菌の住みやすい環境を整えます。また、悪玉菌の増殖を抑制し(腸内環境を整える)、便秘や下痢を解消してくれます。

◆免疫作用
乳酸菌を構成する成分が、小腸や大腸にあるレセプター(免疫に関わる受容体)を刺激して腸の免疫を活性化する作用があります。このことにより、身体の中に侵入してくる細菌やウイルスを早く感知し攻撃、排除するという重要な役割をアップさせます。

◆健康維持
乳酸菌は、余分な悪玉コレステロールに吸着し取り除いたり、悪玉菌を抑制し血液サラサラにしてくれる効果があります。また、代謝機能を回復させダイエット効果もあるようです。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ビューティーエイジングコラムニスト 企業セミナー講師 ブライダル司会 コーチングプロコーチ 【保有資格】 ▪︎一般社団法人日本化粧品検定協会 認定コスメコンシェルジュ ▪︎日本コンタクトセンター教育検定協会 認定ラーニングファシリテーター ▪︎公益社団法人日本電信電話ユーザ協会講師 ▪︎ASTRO-L認定プロコーチ その他多数 はじめまして。 企業セミナー...
スゴイと言われる乳酸菌!どんな効果があるの?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

遠山 久美子さんの新着コラム

by遠山 久美子

スゴイと言われる乳酸菌!どんな効果があるの?

乳酸菌には、どのような体に良い効果があるのでしょうか?代表的な作用としては、整腸作用や免疫作用がありますが、他にもさまざまな体調不良の改善や健康維持の役割もします。今回は乳酸菌のスゴさを紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す