2016年12月7日 更新

どうにかしたい!夏のお肌……毛穴トラブル急増中!!

どうにかしたい!夏のお肌……毛穴トラブル急増中!!

気温・湿度の上昇とともに気になりはじめるのが「毛穴」。開いたり詰まったり、状態も人それぞれなら原因も千差万別。正しいケア&テクニックで、この夏こそ目立つ毛穴にサヨナラしましょう。

毛穴のタイプチェック!

ついつい気になってしまう毛穴!
もともと毛穴は、皮膚の表面を乾燥や化学物質の刺激から守るために、汗や皮脂と一緒に不要な老廃物を排出して代謝を活発に行ったり、開閉して体温調整する器官です。

顔の毛穴は体に比べて体温調整より皮脂を分泌する働きが強いため、毛自体が細く皮脂腺が大きく発達しており、体よりも顔の毛穴の方が目立ちやすいのです。

そんな毛穴トラブルは、大きく2つに分けられます。あなたはどのタイプでしょう?

「ひらき毛穴」……水分・油分・栄養分がダダ漏れ状態!

◆ 皮脂過剰タイプ
過剰な皮脂分泌が続くことにより、毛穴が押し広げられて目立つタイプ。皮脂分泌の盛んなTゾーンが開きやすくなります。

◆ アンバランスタイプ
肌が乾燥して突っ張っていることも……。Tゾーンはベタついていても、こめかみや頬などのUゾーンは乾いていて、水分と油分のバランスが悪くなっているタイプ。

◆ たるみタイプ
年齢とともに肌のハリが低下し、肌自体はもちろん、その下の表情筋もゆるんで皮膚が下垂することで毛穴も引っ張られ、しずく型になっているタイプ。

「つまり毛穴」……皮脂や老廃物が蓄積中!

◆ 白つまりタイプ
肌の乾燥やターンオーバーのリズムが乱れがちになり、毛穴内部に溜まった角栓や皮脂がバター状に固まって白くポツンとなっているタイプ。

◆ 黒つまりタイプ
角質が皮脂と混ざりあって酸化し黒ずみ(くすみ)になり、酸化した皮脂が刺激となり活性酸素が発生し肌を攻撃することでメラニンができやすくなり毛穴が黒く見えるタイプ。

◆ 赤つまりタイプ
毛穴の中でアクネ菌などが増殖し赤く炎症をおこした状態になっているタイプ。

毛穴タイプ別対処法

「ひらき毛穴」

◆皮脂過剰タイプ
あぶらとり紙などで過剰な皮脂を取りましょう。
洗顔などで皮脂をきちんと落とすことが基本です。酵素が配合された洗顔料やスクラブ、ふきとり化粧水を使用したり、ピールオフタイプ(塗ってはがす)のパックやクレイパックを活用しましょう。
そして、忘れてはいけないのが「保湿」。しっかり保湿をしましょう。
また、ビタミンA・Cを摂取することも効果的です。

◆アンバランスタイプ
乾燥するUゾーンには水分をしっかり補い、パーツごとの潤いを均一にすることが大事です。
肌がひんやりするまでローションパッティングやローションパックをし、その後乳液やクリームでしっかりと保湿しましょう。

◆たるみタイプ
肌への水分・油分の補給はもちろんのこと、筋肉に働きかけるマッサージをゆっくり優しく毎日1〜2分して肌を根底から引き締めましょう。
また、コラーゲンを増やす働きのあるレチノールや真皮の再生効果のあるFGFなどを配合した化粧品を取り入れることをオススメさます。
紫外線対策や食生活、ホルモンのバランスを整えるなど体内ケアも心がけましょう。

「つまり毛穴」

◆白つまりタイプ
固まった皮脂は、脂を溶かすクレンジング剤などをつけてからフェイシャルスチームやお風呂の中で肌を温めながら、ゆっくり優しくマッサージし毛穴を開かせた状態で取り除きましょう。
インナードライになりやすいので、固まった皮脂を取り除いたら、しっかりと保湿をしましょう。

◆黒つまりタイプ
あぶらとり紙やティッシュでこまめにオイルオフしましょう。そして、ふきとり化粧水や、ピールオフタイプのパックで毛穴をキレイにし、しっかりと保湿をしましょう。
黒ずんだ毛穴には、ビタミンCの入った美白美容液もオススメです。

◆赤つまりタイプ
スキンケアはもちろん、睡眠や食生活など日常生活の改善も必要です。
皮脂の過剰分泌を抑える収れん化粧水などで、しっかりと水分補給をしましょう。化粧水や美容液をつけるときには、摩擦が刺激となり炎症を悪化させる可能性が大なので、コットンや手のひらで肌を優しく押さえるようにしてつけましょう。
膿んだり痛んだりするときには自己判断せずに皮膚科の受診をオススメします。

夏場のカンタン!毛穴ケアテク

◆夏場の毛穴は保冷剤でキュッと締める。
毛穴が目立つ時期には朝、毛穴が開いている部分を冷やすことを習慣に……。
洗顔して少し肌に水気があるうちに保冷剤を肌に軽く当てて冷やし、その後化粧水・美容液をつけた後さらに保冷剤で肌がひんやりすればOK!その後、乳液とクリームを薄めにのばします。

◆メイク崩れはふきとり、塗り直す。
あぶら浮きが激しい肌はファンデーションがすぐにヨレて、粉が不均一についた状態になってしまいがち。その上から粉をはたいても汚くなるだけなので、思いきって崩れたところは乳液などをつけたコットンでふきとり、その後ファンデーションをつけ直すとキレイに直すことができます。

◆毛穴をカバーする下地の選び方には注意が必要です。
乾燥肌の人は、テカリを吸い取るTゾーン専用下地を広範囲につけると肌がカサつき、さらに毛穴が目立ってしまいます。できるだけクリーミーな下地がGOOD!
少し伸縮性があって、ピタッと毛穴を封じ込めるタイプの肌色のベースは、毛穴だけでなく小じわまでカバーしてくれます。

◆ささっとお手入れをすませたい人は、美容液の重ねづけがオススメです。
一度全体に美容液をつけた後で、再度重ねづけを……。そうすることで肌の奥までしっかり浸透し、毛穴を目立たなくします。

◆手のひらで肌をあたためる!
スキンケアが浸透していない状態でファンデーションを塗ってしまうと、肌とメークがうまく密着せずに、メーク崩れや毛穴目立ちを早める原因に……。そこで一手間!手のひらで肌を包み込むように温めるとスキンケアが浸透するのをサポートできます。

◆あぶら浮きをとるときにオススメなのは、ミストティッシュ。
ティッシュにローションをスプレーしてオイルオフ!水分をチャージしながらオイルオフできるので、白つまり・黒つまり両タイプにオススメです。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ビューティーエイジングコラムニスト 企業セミナー講師 ブライダル司会 コーチングプロコーチ 【保有資格】 ▪︎一般社団法人日本化粧品検定協会 認定コスメコンシェルジュ ▪︎日本コンタクトセンター教育検定協会 認定ラーニングファシリテーター ▪︎公益社団法人日本電信電話ユーザ協会講師 ▪︎ASTRO-L認定プロコーチ その他多数 はじめまして。 企業セミナー...
どうにかしたい!夏のお肌……毛穴トラブル急増中!!
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

遠山 久美子さんの新着コラム

Body Care

by遠山 久美子

ご存知でしたか?女性は良くも悪くもホルモンの影響を大きく受けています

ホルモンは女性の生活にとても関わりが深くいもの。身体の調子や肌状態なども、このホルモンによって左右されてしまいます。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by花田 真理

ニキビにも種類がある!ニキビ対策をする前に知っておきたいニキビの種類とは?

ニキビができてしまうと、憂鬱な気分になるものです。ニキビは体質によってできやすさは異なりますが、だれでも発症する可能性のある疾患です。 「ニキビ」と一言でいっても種類があり、そのニキビの種類に合わせて対策をしなければ意味がありません。今回はニキビの種類についてご紹介します。

Skin Care

by大島 有希

1ヶ月で肌を変える!美肌になるための美容メゾット

誰もが憧れる美肌。肌が美しくなると、印象までも変わります。肌は毎日生まれ変わっているとはいえ、なかなか2.3日で肌変化を感じるのは難しいはず。本気で美肌を叶えるには、約1ヶ月必要です。この1ヶ月をどう過ごすかが、美肌を叶える分かれ道。今回は1ヶ月で肌の生まれ変わりをサポートする方法をお伝えします。

Skin Care

by西田 彩花

クレンジングはオイル派?ジェル派?なにが自分に合っているの?タイプ別クレン...

お家に帰って毎日行うクレンジング。何気なく選んでいるかもしれませんが、そのクレンジング剤には種類があります。そして、それぞれに異なる特徴が存在します。自分の目的に合ったクレンジング剤に出合えるお手伝いをします。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す