2016年12月7日 更新

日本人でも真似できる!女性らしく美しい韓国人女性のヘアスタイルの秘訣とは?

日本人でも真似できる!女性らしく美しい韓国人女性のヘアスタイルの秘訣とは?

数多くのメディアに取り上げられている韓国人女性達の美しさ。同じアジア人ながらも美しくこなれた雰囲気に憧れる日本人女性も多いのでは。スタイルやメイクだけでなく、そのムードを作っているヘアスタイルも気になるところです。環境や文化のちょっとした違いで作られる日本のヘアスタイルとの違いと、日本人が取り入れる際の秘訣をご紹介します。

1.何もしなくても素敵なヘアスタイル「センモリ(生髪)」

韓国では、昔から「モード」がカットの主流です。Vidal sassoon(ヴィダル サスーン)やTony&Guy(トニー&ガイ)などヨーロッパの美容技術を取り入れています。

韓国では、「カットラインがしっかり生きている」「カラーリングやパーマに頼らない」といった素髪の状態で綺麗にヘアスタイルを作れる人が、上手な美容師さんだといわれています。

カットラインがしっかり生きている、つまりきっちり0から100まで作り込んでいくカットだけで髪のコンディションが変わります。

素髪のことを、韓国では生髪(なまがみ)の意味の「センモリ」といいます。センモリの美しさが引き立つヘアスタイルが、韓国女性のこなれた美しさの秘訣の一つと言えるでしょう。

2.日本と韓国それぞれで流行るヘアスタイルが異なる大きな理由は「天気と水」にあった!

湿度が高く髪内部の水分バランスが乱れやすい気候の日本。ほとんどの日本人の髪は、肌でいう乾燥肌。家から一歩踏み出したら湿気や紫外線の影響で髪が膨らみ、ツヤやハリを失いやすいのです。

近代人気の高いゆるくてふわっと広がる「ゆるふわヘア」や、取れかかったパーマのようなこなれ感のある「ルーズヘア」といったヘアスタイルのトレンドも、このような日本の気候に逆らっては作れないヘアスタイルです。流行る理由も、それが一番気候に合うし自然だからだと言えるでしょう。

一方、韓国は湿度が低く、カルシウムやマグネシウムを多く含む硬水(日本は軟水)が一般的なため、髪を洗う際にも自然にシャンプーの洗浄力を抑えている他、肌や髪に再生能力を促すなど日常生活でその効果が期待できます。

韓国で流行りのヘアスタイルをよく見ると、パツンとしているカットラインや重くてツヤツヤな髪が主流になっています。また、韓国は保守的な文化なのでカラーリングやパーマスタイルは「奇抜なスタイル」として捉える傾向があり、「人に見られるからちょっと恥ずかしい!」という方も実に多いです。そのような理由で、何もしなくても様になるようにと、近代のヘアスタイルに影響を及ぼしているようです。

3.日本人が韓国人ヘアスタイルを取り入れるには?

日本は素材を活かす反面、韓国は根本から治していくというようにそれぞれ美容技術の傾向があります。それぞれの特徴を活かし、日本の素材の柔らかさと韓国の髪質改善のキリッとした感じを合わせたようなスタイル。そして、湿気で膨らんで広がっても様になるようなヘアスタイルです。

著者が普段のサロンワークで大事にしていることは、髪質の見極めとアウトライン、そして毛束感を出すことです。大きな石を大まかに削りアウトラインの形にしたあと、細かく削っていく彫刻のようなイメージのカットです。実際に、モデルさんのヘアでご説明します。

硬く直毛な髪質のため、普段のお手入れがしやすく柔らかいイメージになりたいというオーダーのこちらのモデルさんを例に挙げてみましょう。

必要のない毛量はしっかり減らし(日本式)、毛先の流れが柔らかくなるようにカットでクセを作ります(韓国式)。すると、丸く柔らかい自然な内巻きになります。

この状態でパーマをかけると、カットラインはしっかり残っていますが(韓国式)、ふんわり柔らかい(日本式)雰囲気のパーマスタイルが完成します。

このようなカットでは、膨らみやすいゾーンはしっかり減らす「毛量調節」という日本式と、直毛やクセ毛でも柔らかく見せる「毛先の質感コントロール」という韓国式が組み合わさった新しいニュアンスが生まれるのです。

また、髪の生え方によって自然に毛先が落ちてくるところに柔らかさを出すよう施すことで、よりまとまりやすくアレンジしやすいヘアスタイルとなります。

天気や水などの環境、そして文化の違いからヘアスタイルにも技術にも違いが表れます。それぞれ異なる良い要素を取り入れることで、今までなかった新しいヘアスタイルが生まれます。日本人に合わせた韓国風ヘアスタイルで、今までとは違った韓国の女優さんのようなヘアにあなたもなれるはずです。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Chez チェズ
日本唯一の韓国人美容師 表参道の美容室 完全マンツーマン美容師 Jeana Harbor Top stylist Chez(チェズ) 地元の韓国でヘアスタイリストとして勤務後、日本の美容に志し 東京の表参道で美容師をやっております☆ 今までとは違う感覚と知識をあなたにご紹介致します!
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

Chez チェズさんの新着コラム

byChez チェズ

プライベートサロン!みんながV.I.P扱いの美容室☆もう夢ではない!

サロンに行くと複数のスタッフにかわるがわる担当され、お客様は疲れてしまうこともあるかと思います。疲れた彼らがたどり着いたところは椅子も鏡も美容師も、お客様も少数のプライベートサロン。家のような気楽さとV.I.Pのようなサービスが受けられるサロンシステム。もはやそういった時代が到来しようとしているのです。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by竹本 実加

“さりげなさ”が憧れ♡シンプルポニーテールをオシャレに仕上げるコツは?

ファッション誌などでよく見る、シンプルでラフなポニーテールアレンジ。抜け感があって憧れますよね! でも、自分でやってみたら…「地味な仕上がりになっちゃった!」なんてこと、ありませんか?実はシンプルなアレンジほど、ニュアンスを出すのが難しいのです。 ポニーテールアレンジをお洒落に仕上げるには...

by砂川真由子

【dear mayuko ブランドインタビュー1】日本のものづくりの良さを...

2016年11月2日にデビューしたライフスタイル提案型のビューティーブランド「dear mayuko(ディアマユコ)」は創業180年を超える百貨店・髙島屋と、繊維を始め世界屈指の開発技術を誇るセーレンが共同で設立したブランドです。高島屋の「商品企画力」「店舗の開発・運営力」と、セーレンの「技術...

by竹本 実加

ON&OFFで使い分け♪セルフで簡単ギブソンタックアレンジ

パーティーやイベントで、みんなと少し差をつけたい!そんな時におすすめなのがドレスやワンピースにぴったりな「ギブソンタック」ヘア♪低めの位置でまとめる海外で大定番となっているこのアレンジ、凝ってそうに見えますが、実は自分でもできてしまうくらいに簡単!ここでは、ON・OFFシーンに合わせやすい、ボ...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す