2016年12月7日 更新

やりすぎが原因かも!?美肌のための「肌断食」とは

やりすぎが原因かも!?美肌のための「肌断食」とは

ふだん、スキンケアはどういったことをしていますか?たくさんのアイテムを使い分けているのに、なんだか効果があまり見られないという方は、もしかしたら、お手入れしすぎの可能性もあるかもしれません。

肌荒れを繰り返す原因とは?肌の肥満説

最近の女性のお肌は、少々肥満気味だといわれています。
肌によいとされる成分たっぷりのスキンケア用品で、日々お肌に栄養を与え続けるため、栄養過多気味ということです。

肌に過分な栄養を与えることは、肌本来の機能を衰退させることにもなりかねません。
思いきって、肌を鍛えるために「肌断食」をしてみてはいかがでしょうか。化粧水や美容液、ファンデーションなど、肌につけるものすべてをお休みする「肌断食」。

一時的にお休みする「プチ肌断食」もあれば、日常的に何もつけない継続的な「肌断食」もありますが、オススメしたいのは「プチ肌断食」です。

プチ肌断食とは?

プチ肌断食とは、週末などお休みの日を利用して肌断食をする方法。
肌断食中はお化粧もしない方がいいので、仕事や外出する用事がない休日の日に行うのがよいでしょう。

本格的な肌断食は肌質の違いなど個人差もあるため、みんながみんないい結果を得られるとは限りません。
合わない方法を見極めるためにも、その人の肌の状況にあわせて無理なく取り入れることができる週末だけ、夜だけなどのプチ肌断食が気軽に始められてオススメです。

基本的に肌断食は、無添加の石鹸もしくは水だけで洗顔後はなにもつけないのですが、スキンケアをしないということに抵抗がある方は、ワセリンを少量ぬる程度にとどめてみてください。
いつも行っているケアをしないと、肌のツッパリや乾燥を感じるかもしれませんが、それは我慢!
自然に皮脂が分泌され、乾いた肌を守ってくれるはずです。

自分の肌本来の姿をチェック♡

毎日メイクをして、夜クレンジング後はすぐにケアをする、という方がほとんどではないでしょうか。
洗顔後すぐに保湿しないと肌が乾燥してしまうので、いつも早くに化粧水や乳液などを塗っており、なにもしない本当のすっぴん状態をもう何年も見たことがないという方もいるのでは?

肌断食は、なにもつけない状態の肌質をしっかりとチェックできる機会。
できれば朝の洗顔3時間後、鏡を見てみてください。
そして、肌がパサついていないか、皮脂が浮いてベタベタになっていないか、ゴワゴワ肌になっていないかチェックしてみてください。

肌断食をして肌がごわついたり、パサパサになったのを見て、肌の状態が悪化した!と思うかもしれませんが、それが今の自分の本来の肌の状態ということ。
肌状態を正しく知ることで、今の肌にあったスキンケアの仕方も見つけることができます。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ネイリスト、サロン衛生管理士、ネイルインストラクター、サロンモデル 長年のネイリスト経験中、最初は手に関する質問が多い中、お客様への的確なアドバイスの為幅広く美容を研究。オーストラリアでの留学をきっかけに他国の情報にも興味を持ち、旬な美容情報や女性が輝く為のサポートとして記事を執筆。 Myinstagram☝︎http://instagram.com/miku.k0815
やりすぎが原因かも!?美肌のための「肌断食」とは
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

小林未来さんの新着コラム

Nail

by小林未来

年末年始に向けての人気ネイルデザインカタログ♡

今年もあとわずか、もうすぐクリスマスに年末年始とイベント盛りだくさんですね♪家族でゆっくり過ごす方も、アクティブに旅行を考えている方も、指先までおしゃれをして楽しい休暇を迎えたいですよね♡そこで、近頃人気のネイルデザインをご紹介したいと思います♪

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by花田 真理

化粧品の豆知識!新しい化粧品を使うときに気をつけたい注意点とは?

新しい化粧品を購入すると、わくわくしたり気分が高まりますよね。美容のアンテナが高い女性ほど、いろいろな化粧品を試したいという気持ちが強いはず。しかし、新しい化粧品を使うときに気をつけた方がいい点があるのをご存知ですか??今回は初めて使う化粧品に切り替える際に、注意したい点について紹介します。

Skin Care

by上原 桃子

肌老化の大きな原因は…自覚症状がない恐怖の「隠れ炎症」だった!?

肌老化の大きな原因の一つでもある「隠れ炎症」は、自覚症状がほとんどなく見過ごしてしまうものばかり。気がついたときには「隠れ炎症」による老化が進行している可能性があります。手遅れになる前に隠れ炎症の原因や症状、そして正しい対策方法を知り、老化知らずのお肌を手に入れましょう。

Body Care

bymaki

「乾燥=血虚」!?東洋医学に学ぶ乾燥に負けない肌作り

東洋医学では乾燥は「血虚」という、身体の症状と関係しているといわれています。「血虚」とは血の乱れによるトラブルで血が不足した状態のことです。体質改善から乾燥肌対策をしてみましょう。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す