2016年9月6日 更新

やり方を間違えると大変なことに!ジェルネイルを自宅で簡単にオフする方法!

やり方を間違えると大変なことに!ジェルネイルを自宅で簡単にオフする方法!

時間が経ってネイルが浮いてくると、ついつい気になって無理やり剥がしちゃうなんて人は多いはず。でもその行為は爪を薄くしてしまうので絶対にやってはダメ!アセトンをジェルに染み込ませて、ジェルを浮かせてとるようにしましょう。次のネイルを楽しむためにも、丁寧にオフすることも重要ですよ!

マッサージをする

ジェルネイルのオフをサロンではなく自宅でする場合はより注意が必要です。除去するためのアセトンという液は爪以外の部分に付着してしまうと肌荒れなどの原因となってしまいます。爪の大きさにカットしたコットンに液を染み込ませると肌への付着を避けることができ液の節約にもなります。オフ後には爪専用のクリームやオイルを爪に塗りマッサージをすると良いです。

クリームを塗る

ジェルネイルをオフした時の注意点についてお話します。プロにオフして貰った時は、そのままクリームを塗ってくれる場合が多いのですが、自宅でオフした時はそのままにしてしまいがちですよね。しかし、それでは爪がカサカサに乾いて傷んでしまいます。いつもでも綺麗に保つために、必ずクリームを塗って保湿するようにしましょう。スッピンでも綺麗な爪を目指してみませんか。

爪を保護する

自宅でジェルネイルをオフする時は、爪から無理矢理ジェルを剥がすのはやめましょう。除光液やアセトン溶液をたっぷり染み込ませたコットンを爪に乗せ、その上からアルミホイルを巻き、10分から15分程度放置してください。ジェルが爪から自然と浮くので、残りはプッシャーで押して除去しましょう。仕上げとしてキューティクルオイルを爪先にしっかり揉みこむのも、忘れずに行ってください。

時間をかけてゆっくりと行う

ジェルネイルをする場合そのケアには気を使わなければなりません。とくにジェルネイルのオフを自宅で挑戦するという人は注意が必要です。正しい知識を持って正しい手順で行わないと、ツメを傷めてしまう心配があります。ポイントは、焦らずに時間をかけてゆっくりとオフするということです。挑戦するときは必ず事前に正しい方法を調べてから行うようにしてください。

無理やりはがすと爪がダメージをうける

自宅でジェルネイルをオフするときには、注意することがあります。アセトンをコットンに染み込ませアルミホイルで包んでオフした際に、スティックなどを使用したり爪で削ったりしてまだ付いたままのネイルを無理やり剥がそうとすると、爪がダメージを受けボソボソになってしまうので、まだ剥がれきっていない場合はもう一度アセトンを使って一回目と同様に取るようにします。

ジェルネイルのオフは月に一度以上しない

大人気のジェルネイルですがオフは自宅派も多いでしょう。注意書きにある通り、月に一度以上しないことが爪を守るために大切なことです。どうしてもネイルを変えなくてならないことがあらかじめ分かっている場合は、ベースをハードにしておき、アセトンオフではなく、マシンオフの1層残しにすれば、ベースは前回のを流用するので自爪を守りながら、すぐ次のジェルネイルを楽しむことができます。

オフの際に順序を守らないとうまくオフできない

ジェルネイルを自宅でオフする場合は、順序を守らなければきちんとオフすることができないので注意が必要です。予めジェルネイル部分をヤスリで削りトップコートを剥がしておくとアセトンがジェルに染み込みやすくなります。アルミホイルなどを巻くとアセトンが蒸発してしまうのを防ぐ効果があるのでより早くオフすることができます。アセトンが皮膚に付かないように注意してください。

オフするタイミングを誤ると爪にカビが生えるグリーンネイルになる可能性がある

ジェルネイルが爪から浮いた状態のまま長期間放置すると爪とジェルの間に緑膿菌が繁殖し、緑色に変色するグリーンネイルを発症してしまいます。ジェルネイルをしてから2週間~1ヶ月以内にジェルをオフすることが大切です。自宅でオフする際は、器具や指先をしっかり消毒してから行うようにします。また、指先が乾燥しているとジェルの浮きを早める原因になります。ハンドクリームやネイルオイルで保湿して浮きを予防できます。

オフする薬剤をつけたまま長時間放置しない

ジェルネイルを自宅でオフする際には、ジェルを浮かせるための除光液やアセトン溶液を、長時間爪に染み込ませるのはやめましょう。爪が黄色く変色したり、割れたり、2枚爪になる原因となります。必ず10分から15分程の短時間で除去してください。もしそれでもオフしきれなかった場合は、液体を染み込ませる前にあらかじめジェルの表面をヤスリで削っておくと、より早く液がジェルの内部へ浸透し時間を短縮できます。

オフする薬剤がしみる時は使用を中止し、他の薬剤を選ぶ

出典 :

自宅でジェルネイルをオフする場合には、アセトンという専用の液を使用するのですが、オフする際にこの薬剤がしみてしまう場合があります。そのような時には無理をして使い続けるのではなく、別の薬剤を選んでジェルネイルをオフしてください。思わぬ肌トラブルの原因ともなってしまい、爪も傷めてしまうので注意が必要です。また、正しい順序で行っているのかも確認してください。

オフする薬剤は引火性もあるので部屋の換気をする

ネイルをされている女性も多くいます。ジェルネイルを自宅でオフする場合には注意点があります。ジェルネイルをオフする薬剤であるリムーバーやアセトンは揮発性が高く、引火性もあるので火気厳禁です。また、部屋の中に充満してしまうので部屋の換気をしっかりする事が大切です。換気をしていれば安心なのでジェルネイルをオフする際には十分に気を付けましょう。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
やり方を間違えると大変なことに!ジェルネイルを自宅で簡単にオフする方法!
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Nail

bybeauty news

つやつやジェルネイル

ジェルネイルとはジェルという液体を爪に塗ってLEDライトやUVライトを当てて固めるネイルのこと。仕上がりがつやつやになってとってもかわいいのです。ひと手間かけるだけの価値のあるジェルネイルの魅力を紹介いたします!

Nail

bybeauty news

アート風フラワーなら初心者でも簡単!

ビビッドなフラワー柄がかわいらしいネイルデザイン。敢えてアート風にすることでぶきっちょさんでも簡単にできちゃう!透明感のあるフレンチネイルは爽やかで清潔感のある指先を演出。華やかなフラワー柄は夏にオススメ。

Nail

bybeauty news

色気を出すなら白より黒!いつもよりちょっぴりセクシーな黒ネイルまとめ

普段は明るい色でネイルを楽しんでいるけど、たまには大人っぽくきめちゃいたい!白より黒を選んで色気を演出したい!そんな方のために、いつもよりちょっぴりセクシーになれる黒を取り入れたお洒落ネイルをまとめました。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す