2016年12月7日 更新

アフターファイブも怖くない!?上手な化粧直しの方法をマスターしましょう

アフターファイブも怖くない!?上手な化粧直しの方法をマスターしましょう

夕方頃になると、気になってくるのが化粧崩れではないでしょうか?ファンデーションやアイメイク……崩れてしまったメイク、どうしたら良いのか分からない!そんな方のために、上手な化粧直しの方法をレクチャーします。これさえ知っておけば、アフターファイブも怖くない!?

なんとなく化粧直しをしていませんか?

ランチタイムや仕事終わりなど、化粧直しをする方も多いことと思います。でも、なんとなく化粧直しをしていると、上手に仕上がらないこともあります。

化粧直しにはコツがあるのです。コツさえ覚えておけば、メイクしたてのフレッシュなお顔に戻れるかもしれません。ぜひ、下記の方法を参考にしてみてください。

ファンデーションを塗り直す前に乳液を使いましょう

ファンデーションが崩れると、毛穴落ちやテカリなどでメイクが汚く見えてしまいがちです。あぶら取り紙やティッシュなどで、ファンデーションや余計な皮脂をオフしている方は多いかと思いますが、乳液を使うとより効果的です。

乳液は、油分を多く含んでいるうえ、保湿効果もあります。油分は油分を落とす性質があるので、ファンデーションを優しく落としてくれるのです。保湿しながらオフできるのが嬉しいですよね。

やり方は、コットンに乳液を500円玉小くらい含ませて、優しく肌に馴染ませるだけです。崩れてしまったファンデーションは酸化してしまっている可能性があるため、きちんと落とした方がお肌にも良く、化粧ノリも良くなります。

ファンデーションの塗り直しは薄く仕上げるのがポイント!

塗り直すファンデーションの量が多いと、さらに化粧崩れをしてしまう可能性があります。朝メイクするときよりも薄めに仕上げることをイメージしましょう。

パウダリーファンデーションの場合もリキッドファンデーションの場合も、ブラシを使うと調整しやすいです。パフや手で塗ると付けすぎてしまうこともあるため要注意。

ブラシにファンデーションを取ったら、ティッシュオフして余分なファンデーションを落としましょう。まず手の甲に塗ってみて、量を確認します。薄付きの量に調節できたら、顔にファンデーションを塗っていきます。この時、顔全体に塗らなくても大丈夫。気になる部分を中心に塗るようにしてみましょう。クマやニキビなどは、コンシーラーを重ねてください。

アイメイクが滲んでしまったときはどうすれば良いの?

アイメイクの滲みに悩まされている方もいるのではないでしょうか。パンダ目になってしまったときは、ファンデーションのときと同様に、乳液で一度オフするのがベターです。コットンだと細かい部分に対応しにくいため、綿棒を使うと良いでしょう。

マスカラやアイライナーなど、しっかりめのメイクが滲んでしまっているときは、乳液の変わりにワセリンを使うのがおすすめです。乳液よりもワセリンの方が油分がほとんどなので滲んでしまったメイクを落としやすいのです。

滲んだアイメイクを落としたら、フィニッシュパウダーを乗せて油分を落ち着かせます。油分が乗ったままだと、アイシャドウの色などが付きにくいのです。

アイシャドウを重ねて塗るときは、朝よりもしっかりめに。崩れてしまっている部分をカバーしやすいからです。

アイラインが途切れてしまった場合は、点を置くようにして元のアイラインと馴染ませながら引いてみてください。アイラインを引いた後で、アイシャドウの締め色でぼかすのも忘れずに。化粧直しをした後で不自然な印象になってしまわないようにするためです。

リップメイクは輪郭を取ってから直しましょう

まず、リップクリームを落ちかけているリップの上から重ね塗りします。リップクリームの油分とルージュが馴染んだら、ティッシュで優しくオフしましょう。

ルージュを塗る前に、ファンデーションが落ちてしまった口角にコンシーラーをつけてくすみを飛ばします。仕上がりが変わってくるので、ひと手間を惜しまないでみてください。

その後でルージュを直塗りするのではなく、リップライナーやリップブラシを使ってしっかりと輪郭を取ります。化粧崩れしてしまったリップは、ぼんやりとした印象になりがちです。輪郭を取ると、よりフレッシュな仕上がりにリセットすることができますよ。

メイク直し術をマスターして一日中キレイを目指しましょう♡

このように、メイク直しにもいくつかのコツがあるのです。これまでなんとなくメイク直しをしていた方は、やり方を少し変えてみてください。

化粧をしたら崩れはつきものかもしれませんが、上手に化粧直しをすると、フレッシュな印象にリセットすることは十分可能なのです。女性なら、一日中キレイでいたいもの。アフターファイブの大事な予定のためにも、ぜひマスターしてみてくださいね。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
アフターファイブも怖くない!?上手な化粧直しの方法をマスターしましょう
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

もっと目を大きく見せたい!錯覚を利用して目の縦幅・横幅を大きくみせるメイク術

目力アップは永遠のテーマではないでしょうか。目をより大きく見せたいと思って、アイメイクに力を入れている方も少なくないでしょう。そこで、目の縦幅と横幅を大きくみせるメイク術をそれぞれご紹介します。理想的な目に近づいてみませんか?

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

顔の形で入れ方が違う!?正しいチーク術で魅力的な表情に

メイクに欠かせないものの一つが、チーク。お顔の広い部分に塗るものだからこそ、表情を大きく左右するといえるでしょう。でも、もしかして「なんとなく」塗っていませんか?実は、顔の形によってチークを入れるべき場所が違うのです。あなたの魅力をもっと引き出せそうなチークの入れ方をレクチャーします。

by千葉 祐子

休日はコレ!!まるで素肌のような超~~薄メイク❤

お休みの日はなるべくメイクをせずにお肌を休ませたい……。そう思う方も多いと思います。旅行で温泉に入った後なども、食事のときにもう1度メイクをし直すのはちょっと手間ですね。そんなときにやってみたいお肌に負担の少ないメイクのポイントをご紹介します♪

by千葉 祐子

透明肌に視線が集中♡夏にモテるベースメイクの作り方

夏のメイクはどうしても厚く見えがち……。しかし、愛され顔の定番は何と言ってもナチュラルメイクですよね。ならば叶えましょう、くずれない夏の透明肌!今年の夏はひと手間かけて、さらツル肌で周囲と差をつけましょう♡

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す