2016年12月7日 更新

太りにくい体を手にいれるには「悪い癖」を知り改善すること!

太りにくい体を手にいれるには「悪い癖」を知り改善すること!

筆者のところでパーソナルトレーニングを行っている方々から「太りにくい体になった気がする」「自分の体が好きになった」という言葉を聞くことがあります。トレーナー冥利につきるのですが、なぜそのような事をおっしゃるのかというと、自己の癖を知り、それを少しずつ改善できたからです。さて、特に多い癖を改善していく方法をいくつか解説いしていきます。

歩き方のくせを知ろう

靴の減り方をチェックしてみてください。内側、外側どちらが減っていますか?それとも右だけ?左だけ?骨盤が歪んでいる方は、この減り方が極度に違う事が多いようです。これを改善するには、自分の癖を知ること。左右の減りが違う方は、まず、短い脚(つまりかかとの減りが少ない方)をのばしていくということを行ってみましょう。

私のヨガレッスンでは必ずこの動きをしてもらい、かかとの位置を整えてからヨガを行います。さてその方法です。仰向けに寝て膝をたてて手をお尻の下に敷いた状態で腰を揺らしながら仙腸関節をもみほぐす。そしてその後に短い脚の方の膝を手でつかんでグルグルと膝で円を描くように回していきます。さらにその足の太ももをお腹の方に抱えて一気にかかとから蹴りだすだけ。0.5センチほどのかかとのずれならばすぐに整うはずです。しかし毎日の暮らしの中でまた腰が歪み位置がずれてしまう方は繰り返し行いましょう。きっと1カ月もすればかかとの位置がかなりそろってくるはずです。

さらに踏み込む足のバランスを整える。

内腿の強度が弱い方におおいのが外側のかかとが減るという歩き方の癖です。さて内腿のエクササイズは一つ前の記事にも書きました、仰向けに寝ながら開脚をしそしてかかとを合わせる方法です。しかしここでは立ってもできるエクササイズを紹介いたします。

仰向けになりエクササイズする方法を紹介しています。

両手をバンザイし、足幅は腰幅より、やや広めにスタンスをとり立ちます。そこから膝を90度に曲げながら、ゆっくり太ももを上げてきます。このとき体重を片足だけに移動させます。片足でバランスを保ち立っている状態です。それを右足10回、左足10回と繰り返してみましょう。お腹を引っ込めながら内腿を内側に引き寄せるイメージで行います。ゆっくり行えば行うほど、かなりきつくなります。ここでは首を長くする、肩を下ろすということも意識してください。

猫背のくせは鎖骨の下の筋肉を引き延ばして

さて、下半身が整ったら、その上にのっている上半身です。人は加齢のため、鎖骨の辺りの大胸筋が縮こまってしまいます。そして、背中が丸まり、贅肉がのっかってしまいます。この癖を打破するには、日ごろからいかに正しい姿勢を意識するかがポイントになります。

脇をしめて首を長くする。言葉でいうと簡単ですが、このことを一日意識すると、鎖骨の下の縮みやすい筋肉が改善され猫背もなくなります。しかし、このポーズが続かない方が多く、肩があがり、首が縮まってしまい、肩コリから解放されず、疲れやすい体になってしまうのではないでしょうか?毎日の習慣が変わらないと、姿勢を正すという事が困難になってきます。どうしても猫背になってしまう方、ぜひ以前に執筆した記事の「お正月太りから抜け出すために…知っておきたい時短エクササイズ」を実践してみてください。

こちらも参考にご覧ください。

さいごに

人にはそれぞれ癖があります。歩き方の癖、姿勢の癖、最後にポイントになるのは、疲れた時の食事の癖。筆者も今よりも10キロ太っていた時は、お腹が減るとコンビニのスイーツ棚に走っておりました。今はそのような時のために、ストックを必ず用意しています。そして、ただ痩せたいということではなく、自分の体をいかに大切かということを意識すると、口に入れるものが自然と変わり、余分な物は体から流れ落ち、必要な物だけが自分の心や体に残るような気がします。「健康を追求すれば美しくなれる」自分の体が嫌いだという思いや極度のダイエットなど、苦しい気持ちをペリペリと心から剥がし、本当の健康美を手に入れてみてくださいね。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
アウェイク鎌倉主宰 ヨガインストラクター ラフィール代官山パーソナルトレーナー
太りにくい体を手にいれるには「悪い癖」を知り改善すること!
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

橋本はづきさんの新着コラム

Body Care

by橋本はづき

長袖で見えないからって油断してませんか?冬こそ二の腕を引き締めておきましょう!

厚着の季節ほど油断してしまい二の腕から背中のラインがだぶついてしまうのではないでしょうか。寒い季節は背中が丸まってしまいがち、だからこそ代謝が落ちて背中のお肉が一層増えるのです。来年の薄着の季節にあせらないように今から代謝もアップする、肩や二の腕のラインを美しくするエクササイズはじめましょう!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

by三科 絵理

股関節周り&腰のだるさをスッキリ!片足ずつ開脚ストレッチのコツ

太ももや脚のつけね周りが固くなっていませんか?股関節は全身の中心なので姿勢にもむくみにも重要なパーツです。脚のつけねを開いて腰の疲れもスッキリさせる、時短でカンタンな開脚ストレッチのコツを紹介します。

Body Care

byAromaura(アロマーラ)

バナナの驚くべき美容効果!いまこそバナナで美人になろう!

もっとも身近ともいえるフルーツ…バナナ。その美容効果をご存知ですか?知っているようで知らない、バナナの本当の美容効果を知れば、あなたもバナナを無視できないはず…。バナナの美容効果を見直して、バナナ美人を目指しましょう!

Body Care

by井川 美里

ジワジワきてる!ボディラインの老化!?

お顔は毎日チェックしていても、ボディラインまでは…。という方も多いのでは?ボディラインの下垂は野暮ったく見える原因の一つ。そのまま放っておくのはとっても損なんです!

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す