2016年12月7日 更新

これだけは伝えて!美容室で綺麗なアッシュに染めてもらうために必要なこととは?

これだけは伝えて!美容室で綺麗なアッシュに染めてもらうために必要なこととは?

いまや、どのヘアページを見ても必ず登場する「アッシュカラー」。この人気はまだまだ続きそうで、多くの美容関係者が今季のトレンドカラーをブルーアッシュで推しています。実はこの色にするために必ず美容師さんに伝えていただきたいことがあります!ブルーアッシュの解説とともにご覧ください!

補色の効果で綺麗に赤みをおさえましょう!

色には「補色」という法則があり、反対の色を使うことで打ち消す効果があるといわれています。アッシュにするにはこれを使うとスムーズに希望のカラーになりやすいです。

アッシュは簡単にいうと「赤みがない色」のことです。赤があるとアッシュにはならないので、赤を打ち消すことが必要。赤の反対の色は青緑なので、青色のアッシュでカラーを入れると、赤みを打ち消し、透明感のあるくすんだ髪色になりやすいとされています。

ちなみに髪が黄色くなりやすい方は「紫色」を使ったアッシュがオススメ。この色が黄色の補色になるので、青よりもきれいなアッシュに近づけることができます。

必ずこれは伝えて!カラー前の注意事項!

実際にカラーを入れるのは美容師さんなので、いつも赤くなってしまう方はうまく美容師さんに伝えなきゃならないですよね。次のことは現場の美容師がカラー前に欲しい情報です。これらを伝えることで希望のカラーに近づく可能性がぐんと高くなると考えています。

○カラーをして1ヶ月後に赤みが出やすいかどうか
○黒染めやブリーチなどの極端な色にしたことがあるか
○縮毛矯正をしたことがあるか
○白髪染めをしたことがあるか

綺麗にアッシュにするには過去のカラーの履歴を伝えるようにしましょう。その履歴によって、美容師さんは様々な方法を準備できます。

カラーの履歴によっては2回染めないとアッシュにならないこともあります。きちんと髪の情報を共有することで、無駄のないカラー技術が期待できるのでは、と考えています。

実際にブルーアッシュで染めた結果

ブルーアッシュに染めることで期待できる効果は次のようなものです。

○まろやかな透明感がでる
○柔らかなツヤが出る
○暗くても重く見えにくい
○白髪が伸びてきてもなじみやすい

赤みがなく、上品な仕上がりに見えやすいのも特徴。世代を問わず毎年人気が出ているカラーの1つです。

暗めでも軽い雰囲気に!次回のカラーで明るくもしやすい!

暗くても重く見えにくい傾向があります。真っ黒に染めるよりも明るくしやすいので、一時的に暗くされる方にもとても人気が出ているカラーです。

少しグレーっぽい髪色に近づく色味が特徴で、外国人の地毛のような雰囲気がお好きな方にいいのでは。

明るめでもツヤが残り、黄色くなりにくい!

明るくしてもツヤが出て、比較的傷んで見えにくいとされています。夏の紫外線対策としてもよく使用されている髪色です。

光に当たったときに透明感がでるので、明るくても髪をツヤっぽく綺麗に見せたい方に人気があるカラーです。

同じ色を3回くりかえしてみよう!

カラーは繰り返すと色持ちが良くなると考えられています。1ヶ月しか持たなかった方が、3回目には2ヶ月色持ちしたとのお声をいただくことも過去にありました。

特にアッシュは色落ちしやすい色だと考えられています。綺麗に赤みをおさえるために、現場の美容師としては同じ色を続けていただくことをオススメしたいところです。

まだまだ人気が続くことが予想される今回の髪色。次回のカラーの候補に入れてみるといいのではないでしょうか。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
竹澤 幸佑
ショート•ボブカット美容師 表参道のJEANA HARBORにて活動。 日本人に似合うショートカットを追求し、その卓越した技術と似合わせ理論は世代を問わず圧倒的な支持を受ける。 記事の写真は全て竹澤がデザインしたものです。髪型を選ぶご参考にしてください!
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

竹澤 幸佑さんの新着コラム

by竹澤 幸佑

くせ毛さんあきらめないで!どんなに膨らんでもショートにできる方法がある!

くせのとても強い髪質の方がショートヘアにするには、縮毛矯正がかかせないのはみなさまもご存知のはず。でも縮毛矯正ってピンッと不自然にまっすぐになってしまうイメージがありますよね。ところが今の矯正方法ではとてもナチュラルに伸ばすことができるものも多いです。自然なストレートショートヘアにしたい願望をきっと叶えてくれるでしょう!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by竹澤 幸佑

童顔丸顔さんにおくる「大人めショートにするための3箇条」その3

「おでこを隠したい…頬骨を見せたくない…」お顔をカバーするのに鏡で見えるところばかり気にしていませんか?でも、大人っぽい雰囲気にするにはえりあしがとても重要なのです!これからは見えない部分こそこだわってみてはいかがでしょう?

by竹澤 幸佑

「丸顔さんへのショートヘア」ちょっとした輪郭の隠し方で小顔効果UP!?

ショートヘアにすると顔が大きく見えるという不安はだれもが感じるもの。短くして失敗した経験もあるのでは。ショートにして、より小顔に見せるには、こめかみやもみあげの髪の毛が特に重要!ここで輪郭をうまくカバーできれば、ショートヘアだからこそできる小顔効果を手に入れられます!

by西田 彩花

ハイトーンカラーに映えるメイクがある!?髪色を活かしたメイクをしましょう

ブリーチをして髪色をハイトーンカラーにしている方。もしかして、無難なメイクをしていませんか?ハイトーンカラーの髪色は、オシャレメイクをする上でとても有利でしょう。そこで、どのようなメイクが似合うのかをご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す