2016年12月7日 更新

ツヤツヤヘアーの作り方♪誰にでもできる基本のお手入れ方法

ツヤツヤヘアーの作り方♪誰にでもできる基本のお手入れ方法

シャンプーで地肌や髪を清潔にするのは大切な事ですが、洗い方次第ではキューティクルを傷つけてしまいます。今回は正しいお手入れ方法をお教えします。

毛髪について知ってますか?

毛髪は頭皮だけでも、約10万本存在しています。
毛とそれを囲む毛包(毛根を包み、皮膚にしっかりと毛髪を固定している。)から成り立ちます。
主な成分は、ケラチンというタンパク質の一種でできています。
毛髪は、1カ月におよそ1cmずつ伸びます。1本の寿命は5年前後で、毛周期とよばれる一定の周期で生え変わっています。

毛髪は、うろこ状の膜「キューティクル」・弾力性のある「コルテックス」・芯にあたる「メデュラ」の3層から成り立っています。

◆キューティクル
ケラチンとよばれる無色透明の硬いタンパク質でできています。毛先に向かってうろこ状に重なり合い、コルテックスのタンパク質や水分を逃がさないようにしています。
非常に薄い膜で乾燥や摩擦に弱いです。

◆メデュラ
髪の毛のほぼ中心にある比較的柔らかい部分で、繊維状にならない個々の細胞が積み重なるようにしてできています。

◆コルテックス
毛髪の大部分を占め、繊維状の細胞からできています。弾力性に富み、この層の状態が太さ、強さなど毛質現れます。

ヘアケアの基本

◆ブラッシングで髪の毛のからみと汚れを落とす。
あらかじめブラッシングして、髪の毛のからみや汚れをとっておきます。
髪を洗う際の抜け毛や切れ毛が防げ、シャンプーの泡立ちもスムーズになります。
また、血行が良くなり汚れを浮かしやすく、落としやすくなります。

◆予洗いをする。
シャンプーの泡立ちを良くするために、髪と地肌を十分にぬらす予洗いをしましょう。
予洗いは、髪の毛を傷めず、地肌をまんべんなく洗うための重要なポイントです。
シャンプーの泡は汚れを落とすだけでなく、髪同士の摩擦を防ぐ役目も果たします。

◆シャンプーは泡立ててから……。
シャンプーは手にとって良く泡立ててから使いましょう。
そのまま髪の毛や頭皮につけると刺激が強かったり、ムラについてしまったりして、すすぎ残りが多くなってしまいます。
頭頂部の地肌は、紫外線によるダメージを受けやすい場所なので、シャンプーは後頭部や側頭部につけてから全体になじませましょう。

◆頭皮はこすらず、もみほぐしましょう。
地肌を指の腹でマッサージするように洗いましょう。
耳の後ろからえり足、耳の上あたりの頭周りの地肌は洗い残しが多い部分です。丁寧に洗いましょう。
髪の毛は、シャンプーが行き渡れば汚れは落ちます。

◆すすぎは十分にしましょう。
シャンプーが残らないように十分にすすぎましょう。
耳の後ろやえり足、生え際などのこりやすいので十分注意しましょう。

◆トリートメントは髪の毛に……。
トリートメントは地肌を避けて、毛先から髪の毛全体になじませます。しばらく時間をおくとさらに効果的です。

髪の毛の乾かし方

◆タオルドライ
先ずはタオルで髪の毛をポンポンと優しく押さえるように水気を拭き取りましょう。
地肌を中心にタオルドライすると効果的です。
髪の毛同士がこすりあうとキューティクルがこすれて傷んでしまいます。注意しましょう。

◆ドライヤー
風量の多いドライヤーを使いましょう。温風で水分を吹き飛ばすように乾かします。
髪の毛の根元に指を入れ、小刻みに動かしながら温風で乾かします。
ドライヤーは10cm以上離して乾かしましょう。(近ずけ過ぎると髪表面の温度が高くなり髪の毛を傷めてしまいます。)
髪の毛は乾ききった途端、急に温度が上がるので冷風を使うなどして注意しましょう。

話題のノンシリコーンシャンプーって?

そもそもシリコーンオイルとは、髪の滑りを良くする油のことです。
ノンシリコーンシャンプーとは、シリコーンが入っていないシャンプーのことで、シリコーンが入っていないと髪の毛は、きしみやすいため、洗浄力を弱くしたりカオリン化ポリマーを配合して滑りを良くしているものもあります。
また、シャンプーのシリコーンは毛穴につまらないことがわかっています。

髪の毛は2度洗いした方がいいの?

ハードタイプのジェルや落ちにくいスタイリング剤を使った時や、ヘアーカラーで染めた時、頭皮の汚れが気になる時は、2度洗いが必要ですが、日常生活では丁寧に正しい手順で洗えば、1度洗いで十分に汚れは落ちます。
過剰に洗うと頭皮の油分が失われ髪の毛のきしみや抜け毛を誘発するので注意が必要です。

その疑問?間違えています!

◆白髪を抜くと増えるってホント?
白髪を抜いても増えることはありません。
逆に抜き続けると生えてこなくなることがあります。気になる方はカラーリングをオススメします。

◆妊娠中のパーマやカラーリングはNG?
パーマやカラーリング剤には刺激が強い酸化染料が含まれています。
妊娠中は肌が敏感になりやすいので、染料でかぶれの原因になることがあります。
低刺激のものなど、注意して使いましょう。

◆髪の毛をアップにするとシワができにくくなる?
地肌を強く引っ張り続けると、地肌が伸びて額の方に下がり、かえってシワが目立つようになるので注意して下さい。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ビューティーエイジングコラムニスト 企業セミナー講師 ブライダル司会 コーチングプロコーチ 【保有資格】 ▪︎一般社団法人日本化粧品検定協会 認定コスメコンシェルジュ ▪︎日本コンタクトセンター教育検定協会 認定ラーニングファシリテーター ▪︎公益社団法人日本電信電話ユーザ協会講師 ▪︎ASTRO-L認定プロコーチ その他多数 はじめまして。 企業セミナー...
ツヤツヤヘアーの作り方♪誰にでもできる基本のお手入れ方法
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

遠山 久美子さんの新着コラム

Body Care

by遠山 久美子

ご存知でしたか?女性は良くも悪くもホルモンの影響を大きく受けています

ホルモンは女性の生活にとても関わりが深くいもの。身体の調子や肌状態なども、このホルモンによって左右されてしまいます。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

byPapp Hideko

ヨーロッパの温泉美容〜チェコの『カルロヴィ・ヴァリ』理想の温泉郷の魅力を解剖

木枯らしが吹く季節、旅と言えば温泉が人気の保養地に足を運びたくなりますよね。今回はヨーロッパ随一と言われる美容と健康の温泉リゾート、チェコにある“カルロヴィ・ヴァリ”をご紹介します。

Body Care

by花田 真理

赤ちゃんにも影響が!近年増加している妊娠糖尿病の検査方法や症状とは?

前回の「妊婦さん必見!赤ちゃんにも影響が!近年増加している妊娠糖尿病とは?」では、妊娠糖尿病そのものについて紹介しました。妊婦さんや妊活中の人は、自分が妊娠糖尿病になりやすいかどうか、もしくは既に妊娠糖尿病になっていないか気になったかと思います。 今回は妊娠糖尿病に関するコラムの続きとして、...

Skin Care

by花田 真理

正しい化粧品を選ぶために♪知らないと損する化粧品についてのあれこれ

「化粧品とはどういうもの?」このように聞かれると答えられない方が意外と多くいます。けれど化粧品の本質を知らないと、化粧品選びをする時に困ることが出てきたり、間違った情報を鵜呑みにしてしまったり……。そこでこの記事では、化粧品とはどんなものなのか、覚えておくべきポイントなどを説明します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す