2016年9月6日 更新

キレイな人は皆知っている♡自分に合う化粧品を選ぶ方法

キレイな人は皆知っている♡自分に合う化粧品を選ぶ方法

良いと思って買った化粧品が肌に合わなかった!という経験ありませんか?たくさんの情報や口コミが溢れる中で、正しい情報を選びとるのは至難の業。自分にとって最適な正しい化粧品を選ぶための知識を身につける美資格「日本化粧品検定」の生みの親、日本化粧品検定協会代表理事・コスメコンシェルジュの小西さやかが、化粧品選びで気をつけたいポイントについて解説します!

知っている人は少ない?オーガニック化粧品の意外な真実

「オーガニック化粧品」にどのようなイメージを持っていますか?

多くの方が「肌に優しい」「小さい子供や敏感肌の人にも使える」「天然成分だけで作られている」というイメージを想像すると思いますが、実は意外な真実があるのです。

オーガニックは直訳すると「有機の」という意味です。このことから、日本では有機栽培で作られた植物をひとつでも使った製品を「オーガニック」と呼ぶことができます。食品に関しては農林水産省の有機JAS認定がありますが、化粧品に関してはありません。つまり日本製のオーガニック化粧品は、いくつかの認定機関はありますが、義務となる統一の基準がないということなのです。

つまり、オーガニック化粧品だからといって全てが安心安全で肌に優しいといえるわけではないのです。

オーガニック化粧品のプラス面とマイナス面

オーガニック化粧品のプラス面は農薬や化学品が使われていないこと。農薬などを使用していない厳しい環境で育った数少ない植物から抽出しているので、植物本来の持つ効果が期待できます。

一方マイナス面は、季節や気候の変化などにより植物を採取する条件を一定にできない場合があり、また化粧品そのものの成分以前に、使われている植物自体を構成している成分全てにおいて原料分析ができているわけではないので、お肌がデリケートな方は肌トラブルが出る可能性があります。

敏感肌の方に選ばれやすいオーガニック化粧品ですが、実はお肌が比較的刺激を受けにくい方や、合成香料よりもナチュラルな天然植物の精油の香りがお好み方などにオススメです。

敏感肌の方にオススメなのは……

敏感肌の方には、化粧品よりも医薬部外品をおすすめします。化粧品の方が医薬部外品より効果が高いものも場合によってはあるのに、なぜ医薬部外品がオススメなのか?と思われる方もいるはず。

日本では、医薬品訴訟などがあるように、国が認めたもので肌トラブルが起きて訴えられないよう医薬部外品には安全性がしっかり確認されている、決められた成分しか入れることができません。効果を得やすい成分というのは裏を返せばそれだけ肌に影響を与えるため、刺激を感じる場合もあります。医薬部外品は効果が緩和ですが、肌トラブルが少なく安心です。

ヒントはフランス人にあり!自分に合う化粧品を見つける裏技

もちろん専門家に相談するのが一番ですが、「お金も手間もかけたくない!」「敏感肌なので、たくさん試すことが難しい!」という方にこんな裏技をお教えします。

フランス流の見つけ方なのですが、その方法は「母親の肌、母親の化粧品をチェックすること」!

フランスでは「あなたの母親の肌は将来のあなたの肌をうつしだす」と考えられています。そのため、母親の化粧品を使ってみたり、母親の肌にシミが多かったら今から美白ケアをすることが重要なのだそうです。

一度自身の母親の肌や化粧品をチェックしてみると、美肌づくりに関する新しい発見があるかもしれませんね。

正しい知識を身につけ最適な化粧品を選ぶことが大切!

自分のイメージや興味だけで化粧品を選ぶと、間違った情報や知識により自分の肌に合わないものを選んでしまうこともあります。そのような勘違いをなくし、自分に最適な正しい化粧品を選択してほしいという想いから「日本化粧品検定」が生まれました。

SNSが発達し、根拠のない情報が溢れている中でどれが正しい情報なのかを自分で選び取るのは至難の業ですよね。そこで筆者である小西さやかが、化粧品の開発者や美容の専門家の方々と正しい美容知識を分かりやすくまとめ、検定にしたのがこの「日本化粧品検定」なのです。

今一番取りたい美資格No.1!「日本化粧品検定」第5回受験受付中

JCLA 日本化粧品検定 │ 一般社団法人 日本化粧品検定協会

日本化粧品検定は3級から1級まで、さらに1級合格対象者にはコスメコンシェルジュという認定資格まであります。3級は無料でWEB受験も可能!

すぐ使える自分のための美容知識から、化粧品の成分や原料、薬事法までの専門的な知識まで学べるこの資格。もちろん資格をとるだけではなく、コスメのプロフェッショナルとして活躍できる場も広がっています。受験者数も2万人を突破し、美容誌「MAQUIA(集英社)」では「今一番取りたい人気の美資格」第一位にも選ばれるほど、今大注目の資格となりました。

ワンランク上の化粧品知識を身につけたいという方はもちろん、美容に関するお仕事をしてみたい、すでに美容業界でお仕事をしているという方にも役立つ知識が身につけられるはず。この秋ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

次回の日本化粧品検定試験日は2015年11月22日(日)で、申し込み期間は10月9日(金)まで。
この秋、美容の正しい知識を学んでワンランク上のキレイを目指しませんか?

日々の美ネタ満載!小西さやかの公式アカウントも要チェック♪

筆者である小西さやかは、今まで10万種以上の化粧品を評価してきた経験から雑誌やメディアで新作コスメの評価をしたり、ブログで最新の美容情報をお伝えしています。
 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
JCLA一般社団法人日本化粧品検定協会 代表理事 コスメコンシェルジュ 化学修士(サイエンティスト)としての科学的視点から美容、コスメを評価できるスペシャリスト。その知見から意味のない無駄なお手入れを省いた最短最適な美容法「なまけ美容」を推奨。過去、週200種以上(累計10万種を越える)の化粧品を評価。その鋭い評価が好評で、各種雑誌やメディアで新作コスメの評価などを行う。 <活...
キレイな人は皆知っている♡自分に合う化粧品を選ぶ方法
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

小西 さやかさんの新着コラム

Skin Care

by小西 さやか

やっかいな春の乾燥肌!解決策をコスメコンシェルジュが伝授!

春になり過ごしやすい季節となった一方で、なんとなく肌の調子が優れないという方も多いのではないでしょうか。 気候や環境の変化により、肌状態も不安定になりがちです。せっかく寒さや空気の乾燥も和らいできたにも関わらず、保湿しても保湿しても肌がかさつく……というこの時期特有のお悩みの解決法を、コスメコンシェルジュの筆者、小西さやかが伝授します!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by花田 真理

これを知らなきゃ美容の意味がない!スキンケアで大切なこととは?

色んな美容法を試しているけれど、綺麗になっている気がしない、老化が進んでいる、肌荒れが治らない……そんなことありませんか? さまざまな美容法を試すことはとてもいいことですが、スキンケアで一番大切なことを正しい方法で行っていますか? 今回は綺麗になるために欠かせない「スキンケアで大切なこと」...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す