2016年12月7日 更新

よく聞くけど「アロマ」って本当は何?アロマとアロマセラピーを解説!

よく聞くけど「アロマ」って本当は何?アロマとアロマセラピーを解説!

コスメ、シャンプー、トリートメント、マッサージ用クリームなどの美容グッズをはじめ、入浴剤、洗剤、柔軟剤やお掃除グッズにまで使われている言葉、「アロマ」。アロマとひとことで、「マッサージ」の意味にさえなっています。でも、そもそも「アロマ」、「アロマセラピー」っていったい何なのでしょうか?

「アロマ」と「アロマセラピー」の本来の意味

「アロマ」とはギリシャ語で「香り」という意味です。また、「セラピー」とは英語で「療法・治療」という意味です。この、アロマとセラピー、二つの単語を合わせて作られた言葉が「アロマセラピー」で、香りを用いた療法=芳香療法が、正しい「アロマセラピー」の意味となります。
そのため、アロマとひとことで表現している場合は、本来は香りと言っているだけで、マッサージやトリートメントは含まれないことになります。
また、「優しいアロマの香り」「アロマの香りで癒し」など、「アロマの香り」という表現も多くみられますが、「香りの香り」といっているだけなので、実は意味がないのです。

「アロマセラピー」と「アロマテラピー」

日本では、「アロマセラピー」と「アロマテラピー」の二つの表現が混在しています。
アロマセラピーは英語由来 "Aromatherapy"、アロマテラピーはフランス語由来の "Aromatherapié" で、どちらも意味は同じです。
アロマセラピーはイギリスが本場と思っている方も、多くいらっしゃるかもしれませんが、実はイギリス発祥ではなく、フランスが発祥の地です。ただ、フランスは医療サイドからのスタートでした。イギリスはフランスの「アロマテラピー」を、美容サイドから発展させた歴史がありますので、この観点から言えばイギリスが本場とも言えます。

日本には1980年代にイギリスからの流れで「アロマセラピー」が入ってきて、今に至ります。

「香りを使った療法」とは?

アロマセラピーでは、精油(=エッセンシャルオイル)と呼ばれる、天然の植物から抽出された香りの成分が持つパワーを上手に取り入れて、カラダやココロのメンテナンスを行います。
どんなものがあるか、ご紹介しましょう。

空間で

正式には芳香療法と言い、一番手軽に行えるアロマセラピーです。空間で好きな香りをかぐ事で、ココロを落ち着かせたり、気持ちを引き上げたりすることができます。
ディフューザーを使用して、お部屋で香りを楽しむことも、芳香療法です。ティッシュやハンカチに精油をたらして香りをかぐのも、手軽な方法です。

お風呂で

正式には沐浴法または、沐浴療法と言います。
洗面器にお湯を張り手をつける手浴、足湯にする足浴、そしてお風呂のバスタブに精油を使用する方法、これら全てが含まれます。薬局などで市販されている香りつきの入浴剤も、これにあたります。

マッサージで

ホホバオイルやアーモンドオイルなどのキャリアオイル(ベースオイル)に、精油をブレンドしてカラダに塗っていく方法です。いわゆる「マッサージ」のことですが、本来は「マッサージ」という言葉は、医療用語なので、エステなどでは「トリートメント」呼ばれています。
自分で行うマッサージ、またはプロのセラピストによるトリートメントで、香りの有効成分を体内に取り込みカラダのバランスを整えていくのと同時に、好きな香りを楽しみながらココロも整えていきます。

アロマセラピーを正しく安全に行うにはプロに相談するのが一番!

日本では精油を手軽に購入できます。一方で規制が緩いので、多くのニセモノや品質が保証されないような粗悪商品が出回っていることも事実です。
フランスでは、精油は薬として医師が処方しているものなのです。薬と同じように、中身を知らずに間違った使用方法をしたことで、炎症を起こしてしまったり、副作用が起きてしまったり、アレルギーになってしまうことも充分にあり得ます。アロマセラピーを行う際には、最初はセラピストとして訓練を受け知識のあるプロに相談しましょう。プロ資格としては、国際資格である英国IFA、英国IFPA、英国ITEC、米国NAHA、日本の協会AEAJ、AAA、NARDがあげられます。
アロマセラピーは、精油は正しく使用してこそ初めて香りを楽しめ、ココロとカラダに癒しを与えるものです。

次回は、精油の選び方や買い方、使い方などをご紹介します!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
英国IFA認定国際アロマセラピスト(同連盟日本支部代表)、ビューティセラピスト、スポーツセラピスト、リンパドレナージュセラピスト。 シンガポール在住中に自身が体調を崩したことをきっかけにホリスティックケアに目覚める。現地にて国際資格である英国IFAアロマセラピスト、英国ITECアロマセラピスト・リンパドレナージュセラピストの資格を取得。 2012年帰国後に東京でアロマセラピールームをスタ...
よく聞くけど「アロマ」って本当は何?アロマとアロマセラピーを解説!
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

髙橋 志保さんの新着コラム

by髙橋 志保

今年のクリスマスはいつもと違う「香りのデコレーション」を!

街はきれいなクリスマスデコレーションで華やかになってきました。今年はデコレーションだけではなく、香りでもクリスマスを演出してみませんか? アロマセラピストの筆者が、クリスマスにまつわる精油を3つご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

byPapp Hideko

ヨーロッパの温泉美容〜チェコの『カルロヴィ・ヴァリ』理想の温泉郷の魅力を解剖

木枯らしが吹く季節、旅と言えば温泉が人気の保養地に足を運びたくなりますよね。今回はヨーロッパ随一と言われる美容と健康の温泉リゾート、チェコにある“カルロヴィ・ヴァリ”をご紹介します。

Body Care

by山﨑 玲子

美女はいつでも冷え対策!キッチンでDIY可能なおいしい入浴剤の簡単レシピ

美しい肌もキレイなボディラインも、実は冷えを撲滅してこそ作られる!というのはご存知ですか?冷えて血液の流れが悪くなると内臓や筋肉などが栄養不足になり、肩こり、むくみ、太りやすい、乾燥肌などの要因になります。アロマをバスタイムに取り入れて、入浴剤にほんのひと手間♪ツヤツヤ美肌を目指しましょう!

by西田 彩花

香りには効能がある!?シーンによって香水を使い分けましょう♡

香水を使っている方もいらっしゃるかと思いますが、単純に自分好みのものを選んでいませんか?香りには効能があります。相手に与える印象も異なってくるので、洋服のように香水も、シーンによって使い分けてみてはいかがでしょうか?

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す