2016年12月7日 更新

一重や奥二重でもぱっちりとした目に!二重ノリの上手な使い方

一重や奥二重でもぱっちりとした目に!二重ノリの上手な使い方

ぱっちりとした二重まぶたに憧れている、一重まぶたの方や奥二重の方。二重ノリにチャレンジしたことはありますか?不器用だから…と使ったことのない方も、実は簡単に二重まぶたになることができるのです。

二重ノリは実は簡単!ぱっちりとした目を目指しましょう

一重まぶたや奥二重の方は、日本人には多いですが、雑誌を見てもテレビを見てもぱっちりとした二重まぶたのモデルさんや女優さんがたくさん出ていて、なんだか憧れますよね。

一重まぶたの方や奥二重の方が簡単に二重まぶたになれるのが「二重ノリ」です。
不器用だから使ったことがないという方も安心してください。
簡単にぱっちり二重になれる方法をレクチャーします。

二重ノリ簡単ステップ

メイク前にやっておくこと

まず、二重ノリを使う前に下準備することがあります。
それは、まぶたの油分を落とすことです。
二重ノリは油分に弱く、これが目に残っていると剥がれやすくなってしまいます。
湿らせたタオルで目元を優しく拭き取ってみてください。

また、ファンデーションやアイシャドウなどにも油分がたくさん含まれています。
よって、二重ノリはメイク前にするのがよいでしょう。
メイクが仕上がってから使うと、メイクも剥がれて汚くなってしまうかもしれません。

二重になりやすい幅を見極めましょう

まず、なにもつけていない状態で二重になりやすい部分を探します。
これは、人それぞれ違うので、じっくりと見極めましょう。
二重ノリに付属しているスティックやヘアピン、爪楊枝などで薄く二重のラインを作ります。
二重の線が戻りにくい部分が、二重になりやすい部分です。

使うのが初めてという方は、夜に試してみるとよいかもしれません。
二重のラインを間違えると、二重まぶたの持久力が短くなってしまいます。
じっくりと探してみましょう。

二重の幅を広くしすぎたり、平行にするとなかなか上手くいかないかもしれません。
自分が思っているよりも狭い幅で、末広がりになるようにラインを引くのがコツです。

まぶたに二重ノリをつけます

目のキワから二重にする部分を、オーバーラインになるようにして二重ノリを塗ってみてください。

一重まぶたの方は実際に二重にするラインに線状に引いても構いません。
奥二重の方は、元々の二重のラインを消さなければならないので、奥二重のラインにもかぶさるようにして塗りましょう。

線状に引く場合は3ミリ程度を目安に塗ります。
全体に塗るときは2、3ミリはみ出るように塗ってみてください。

二重の形を作ります

二重ノリを塗ったら、透明になるまで乾かしてください。
半乾きの状態の方が、キレイにラインを定着させることができるのです。

時間がないときはドライヤーの弱風を当てるのもよいでしょう。
半透明になったら、指先でトントンと触って、ノリ独特の艶を消します。
この工程が、二重ノリを目立たせなくするものなので、実は大切な作業なのです。

その後、スティックやヘアピンなどを使って二重のラインを作ります。
一重まぶたの方は、まず目尻の方にグイっと食い込ませるようにして押さえ上げ、二重の輪郭の下部をすくい上げるようにするのがコツです。
そうしながら、まぶた中央のラインも食い込ませるようにしてみてください。

奥二重の方は、目頭のラインをしっかりと作るのがポイントです。
奥二重は目頭から細い二重のラインがあるので、それをノリでなくしてしまうのです。
スティックで元々あるラインを押さえつけて平らにしながら、新しいラインを作っていきます。
そこから目尻に向かってゆっくりとラインを作りましょう。

二重ノリを重ねづけしてより強力にしましょう

一度二重ノリをつけただけだと、持久力が少し弱いかもしれません。
きちんとラインができたら、もう一度二重ノリを塗りましょう。

一度めのノリがよく乾いたことを確認して、二重のラインを3ミリ程度はみ出すくらいに薄く塗ります。
二重ノリを専用の筆に取ると、多くの量がついてきてしまいます。
筆をよくしごいて、薄く薄く塗るようにしてみてください。

そして、もう一度同じラインをなぞると剥がれにくくなりますよ。
塗りすぎてしまうとノリが白くなってしまったり、ダマができてしまって汚く見えてしまいがちなので、何度か薄く重ねて塗るのがおすすめです。
最近では肌色の二重ノリも出ているので、自分に合ったものを探してみてください。

ぱっちり二重が手に入ればメイクがもっと楽しくなるかもしれません

雑誌のメイクページを見ても、二重まぶた向けのアイメイクがたくさん載っていますよね。
二重ノリで二重まぶたを作れたら、メイクの幅が広がってメイクがもっと楽しくなるかもしれません。
一重まぶたや奥二重で悩んでいる方は、二重ノリをぜひ試してみてください。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
一重や奥二重でもぱっちりとした目に!二重ノリの上手な使い方
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

もっと目を大きく見せたい!錯覚を利用して目の縦幅・横幅を大きくみせるメイク術

目力アップは永遠のテーマではないでしょうか。目をより大きく見せたいと思って、アイメイクに力を入れている方も少なくないでしょう。そこで、目の縦幅と横幅を大きくみせるメイク術をそれぞれご紹介します。理想的な目に近づいてみませんか?

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by稲毛 登志子

旬の冬メイクで寒い毎日もHAPPYに過ごしましょう♡

寒さもいよいよ本番となりましたが、秋まで取り入れていたたメイクをそのままにしていませんか?旬な色やテクニックをひとつ取り入れるだけで今っぽい表情がつくれます。気になるメイク方法を見つけたらさっそく試してみてくださいね。

by西田 彩花

かわいくピンクアイシャドウを施したい!まぶたが腫れぼったくならないコツとは?

ピンクのアイシャドウでかわいらしいメイクをしたい気分の日もありますよね。でも、ピンクのアイシャドウは目が腫れぼったく見えてしまいがち。そこで、上手なピンクアイメイクの方法を紹介します。

by西田 彩花

憧れのレディメイクには「レッドルージュ」が必須!?失敗しない塗り方をレクチャー!

レッドルージュは、大人の女性らしくてとても魅力的ですよね。でも、一歩間違えると派手に見えそうで躊躇してしまう…。そんな方のために、レッドルージュの失敗しない塗り方をご紹介します。憧れの、モードで大人っぽい女性に近づいてみてはいかがでしょうか?

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す