2016年9月1日 更新

まだ間に合う!春のゆらぎ肌対策

まだ間に合う!春のゆらぎ肌対策

4月だというのに雪が降ったり、気候の変化が例年以上に激しい今年。身体のだるさや、何となくやる気が出ない……などちょっとした不調を感じている方も少なくないはず。それと同時に、「内臓と心の鏡」と呼ばれているお肌も、例年以上に不安定な状態になりやすいと考えられます。

肌の揺らぎの原因とは?

揺らぎの外的要因として、

・急激な気温の変化
・紫外線量の増加
・花粉や黄砂の接触

などが考えられます。冒頭に述べたように、今年は特に気温差が激しく、寒さでついつい紫外線の存在を忘れがち。また、2015年の花粉量は昨年の2倍以上と言われており、例年以上に外的要因による肌ストレスが多く、揺らぎやすい環境と言えるでしょう。また、それらの外的要因による心身のストレスも肌の免疫力を低下させている原因になっていると考えられます。

対策1:とにかく保湿!

本来肌は、水分と油分をバランスよく保つことで肌表面に膜をつくって外的刺激から肌を守るバリア機能が備わっています。その機能の低下こそが、いわゆる“敏感肌”と呼ばれる状態を導いてしまいます。十分に保湿ケアをすることでまずは肌を守ってあげましょう!

対策2:肌をやさしく扱う

肌トラブルを感じると、「どうにかしなきゃ!」とあの手この手とスペシャルケアに走りがち。しかし、それはまるで胃腸の弱っている時にカツ丼大盛りを食べるようなものです!まずは肌を鎮静させながらやさしくやさしくいたわってあげましょう。

・クレンジングは肌の摩擦が少なく必要以上肌の水分油分を奪いすぎない「ミルクタイプ」で。
・ぬるま湯をパシャパシャとかけて泡を落とすように洗い流す。
・摩擦をさけるため、コットンはなるべく使わず手のひらで包み込むように化粧水をなじませる。
・肌の炎症を鎮静させてあげるため、あまり肌を温めないように注意。

対策3:肌を守る

ゆらぎ肌状態の時には、刺激から守るために肌が必要以上にガード体制に。よって、肌がごわつきやすくなり、スキンケア成分がなかなか肌に浸透しづらかったり、新しい健康な皮膚の生まれ変わりを妨げる要因にも。オイル美容液や油分の多めなクリームを手のひらで温めてから肌を包み込むようになじませてあげることで、肌のこわばりをじっくりとほぐし、しなやかな状態へと導きながら、水分の蒸発を防いで肌を守ってあげましょう。

また、まだ寒い日もあるからとついうっかりしがちな紫外線対策として、刺激を感じにくい低めな数値のUVケア効果のある下地を使うことも忘れずに。

いかがでしたか?弱っているときこそシンプルなケアを見直し、しなやかで健康的なお肌を取り戻しましょう!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
美容ライター・エディター 都内大手百貨店にて国内大手化粧品会社の美容部員として国内外多くのお客様のスキンケア、メイクアップのアドバイスを行い、多くのリピーターを集めた。その経験を活かし、直接出会える人以外にも美を伝えたいという思いから美容ライター、ブロガーへ転身。 ジュニアオーガニックセラピスト、フードアナリスト、コスメコンシェルジュ、アロマ検定1級、エステティックなどの知識から、女性が...
まだ間に合う!春のゆらぎ肌対策
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

軽部 幸菜さんの新着コラム

by軽部 幸菜

「Cosme Kitchen」発のオーガニックレストランがアトレ恵比寿西館に新オープン!

2016年4月15日(金)にオープンする「アトレ恵比寿西館」2階に、現代女性のライフスタイルに基づいた「MASH Wellness Floor(マッシュウェルネスフロア)」が展開されます。衣・食・美容、そしてホームケア用品など、安心・安全・健康を意識したプロダクツが並びます。中でも注目なのが、ナチュラルコスメのセレクトショップ「Cosme Kitchen(コスメキッチン)」による国内初出店のオーガニックレストラン「Cosme Kitchen Adaptation(コスメキッチン アダプテーション)」。オーガニックサラダバー&デリ他、話題のスーパーフードを使ったスイーツや人気シェフとのコラボメニューなど、コスメキッチンファンはもちろん、美と健康を意識する女性が喜ぶメニューや商品が多く揃っています。オープン前日に行われたプレス内覧会のレポートとともに、フロアの様子についてご紹介します!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す