2016年9月6日 更新

夏のむくみ&冷えに!自律神経を整えてプチ不調対策

夏のむくみ&冷えに!自律神経を整えてプチ不調対策

なんだかだるい、疲れがとれない、やる気が出ない、食欲がわかない……夏になるとこれらの症状をより強く実感するという方、原因は自律神経の乱れかもしれません。夏本番を迎える今から少しずつ対策はじめてみませんか?

自律神経の乱れはなぜ起こるの?

自律神経とは、心臓を動かしたり呼吸をしたりなど、自分の意思とは一切関係なく無意識のうちに働いている神経のことで、「交感神経」と「副交感神経」で構成されています。

簡単にいうと、昼間に脳や体が活発に活動している状況のような、スイッチがオンになっている時には交感神経が優位になります。反対に、休息している時などオフの時に副交感神経がよく働くようになっています。

現代は、さまざまな仕事や昼夜逆転など不規則な生活スタイルが存在するために、これらの切り替えがうまくいかない状況も多いのが現実です。自律神経の調整バランスがうまくいかないと、体温の調節や代謝がスムーズにできなくなってしまいます。つまり、長期間不規則な状況が続くと体調不良へ直結してしまうのです。

体を冷やさない生活を心がける

暑い夏にどうして夏に冷え症?と思われがちなのですが、氷入りのドリンクやアイスクリームを食べたり、冷房の効いた室内で過ごしたり、というのが当たり前になっている現代、体の冷えからは避けて通れません。冷たいものの摂りすぎは体の内側、つまり内臓を冷やします。内臓を冷やしてしまうと血の巡りが悪くなってしまい、その結果、体調不良に繋がります。

長時間冷房にあたると体の芯から冷えてしまうので、職場などどうしても避けられない環境にいる場合は、ひざ掛けやトップスを一枚多く羽織るなどしてみてください。この季節だからこその腹巻きもおすすめです。

口にするものは、冷えていない常温の水分や、飲み物を注文するときは氷なし(近頃は対応してくださるお店も増えたようです)、スープや根菜など体を温めてくれる食材を積極的に摂りましょう。冬に旬を迎えるような食材もおすすめです。

夏のむくみは冷えの原因にも!

体内に余分な水分を溜め込むためにおこる「むくみ」の症状。これが体を冷やす直接の原因となります。夏は汗をかくのと熱中症対策のために、水分や塩分を意識して摂るように心がけますよね。体内にため込み体外に出せない余分な水分が、体を冷やす直接の原因になるのです。

これには、とうもろこしやもやし、きゅうりなど、夏に摂るとよいとされている食材を、積極的に摂るように意識しましょう。

もやし(緑豆もやし)

体の熱と水分を取り除くので、夏バテやむくみなどの解消に役に立ちます。解毒作用もあるので、口内炎や口の渇きにも適しています。

きゅうり

夏にウリ科の水分がたっぷりの野菜が最適です。体にこもった熱を取り除いたり、体内に滞っている水分を排出させる作用があります。

とうもろこし

体の熱を冷まし余分な水分を排出させるほか、暑い夏の栄養補給に優れています。たんぱく質、脂質、糖質が玄米並みに多く、食物繊維も豊富です。

もやしは一年を通して安価で入手することができますし、皮つきのとうもろこしなど見かける機会が増えてきました。旬のおいしい野菜がその季節のプチ不調を和らげるサポートをしてくれるので、購入したり、外食の時にはそれを選んだり、食生活で体調を整えるようにしてみてくださいね。

ぬるめのお湯にゆっくりつかる

「暑がりだから」「温活しているから」私は冷えとは一切無縁です!という方もいらっしゃるかと思います。しかし、リフレクソロジストである筆者が実際にお客様の足や脚に触れると、冷えている場合があります。その時にお伝えしてるのが「お腹や太ももの裏側やお尻に触れる」ということ。

触ってみて冷たいと感じた方は冷えています。下半身の冷えは自分で気が付く方もいらっしゃれば、自覚症状がない場合もあるのです。暑い夏こそ、冷え切った体を芯から温める入浴を意識しましょう。

体温プラス2℃位のぬるめのお湯で入浴することで、血の巡りも良くなり、副交感神経が優位になり、リラックスすることができます。アロマやお気に入りの入浴剤を使って、本や雑誌を持ち込み、ゆっくりバスタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

自律神経のアンバランスと疲れ、繋がっていないようで実は深い部分で関係があったのです。今からできることを少しずつ生活に取り入れ、夏本番を迎える前に自律神経のバランスを整えて、今年の夏は快適に過ごせますように。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ビューティーリフレクソロジスト 日本リフレクソロジー協会認定プロフェッショナルリフレクソロジスト 公益社団法人日本アロマ環境協会アロマテラピーアドバイザー 一般社団法人中医学耳つぼ美容協会認定ストーンセラピスト® 一般社団法人中医学耳つぼ美容協会認定耳つぼダイエットアドバイザー® 自宅サロン「リフレクソロジー&アロマ シリウス」にて、アロマを活用した英国式リフレクソロジー、耳つぼ...
夏のむくみ&冷えに!自律神経を整えてプチ不調対策
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

齊藤 みゆきさんの新着コラム

Body Care

by齊藤 みゆき

肌トラブルと胃腸の関係って?カラダを守るための内側からのケア

乾燥が深まる冬。冷たく乾いた空気が肌に触れると、乾燥などの肌トラブルなどの声が多く聞こえてくるようになります。基礎化粧品やコスメなど外側から荒れた肌をケアする前に、内側からのケアでもしっかり対策できるのです。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

by@みきてぃ

シミ・髪の細りバイバイ!忙しくってもコンビニのあのお惣菜で夏を乗り切ろう!

日々暑さが増しバテ気味になりがちな時期、バランスのいい食事をした方がいいのはわかっているけれど、忙しいとついつい自分のケアをおろそかにしてしまうこともありますよね。また、ビールのおいしい季節になり、お酒を飲む機会も増えてくると思います。そんな季節に是非摂ってほしいL-システインと、それを多く含...

bysAra

アーユルヴェーダ式・自宅でできるケアオイルの作り方

最近、美容誌やネットなどでも話題のアーユルヴェーダ。試してみたいけど、難しそう・面倒くさそう・お金がかかりそう…と思っている人も多いかもしれません。今日は、美容に、健康にと注目されているアーユルヴェーダの本格オイル療法に使われるハーバルオイルを、自宅で簡単に作る方法をご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す