2016年9月6日 更新

一ヶ月の始まりには「小豆ごはん」で京美人のような粋な美人になりましょう

一ヶ月の始まりには「小豆ごはん」で京美人のような粋な美人になりましょう

部屋の窓を閉めていてもセミの鳴き声が聞こえてくる季節が到来。日本の夏はジメジメまとわりつくような暑さですが、どんなときも健やかな体調で過ごすことは、美容上の基本中の基本です。季節にあった食材で体を整えながら、それにまつわる風情ある習慣も知り、京美人のような粋な女性を目指しましょう。

食の風情とは

大阪や京都を中心とした関西の土地には古くより商家が多く、生活や食に商人ならではの縁起担ぎを込めた文化が今でも受け継がれています。
その文化には、無駄なお金をかけずとも体調を整え、粋な食卓を飾る生活の知恵が盛りだくさんで、現代を生きる私たちも参考にできるところは是非とも真似をしたいものです。今日はそんな様々な文化の中から京都の商家に受け継がれている食文化をご紹介しつつ、夏の体調を整えるきっかけをお伝えしたいと思います。

月末には「おから」を食べましょう

おからとはご存知のとおり、豆腐を作る際の搾りカスのことで、コンニャクやニンジンなどの具材を足してダシで炊いたお惣菜が一般的ですね。こちらは京都では別名「きらず」といって、お客様をはじめとする大切な人とのご縁が切れないようにと願いをこめて、毎月月末にいただく伝統があります。

おからには、女性ホルモンを整えるのに一役も二役もかってくれる大豆イソフラボンやタンパク質、食物繊維などを豊富に含んでいます。これらは女性らしい体や肌作り、食べすぎや便秘予防にも効果があり、日々の食卓に取り入れない手はありません!

また、この伝統的な習慣には、月末のなにかと物入りなタイミングに、お財布にも優しいおからで家計を助けるという意味もあったのかもしれません。いずれにしても月末や月初、何かと入り用なのは現代の私たちも同じですから、是非定期的に食べていきたいですね。

そして月初めの1日には「あずきご飯」を食べましょう♪

そして月初めの1日には、「家中がまめに働き、まめに暮らせますように」という願いをこめて、小豆ごはんを炊いて食べる習慣があります。
赤色の小豆には魔よけや厄払いの意味もあり、お彼岸のおはぎや豆まきにも使われますが、なにより、白米と小豆のアミノ酸が相互に補足しあい、アミノ酸スコアが上昇するというメリットがあり、家業を行う者や、家族の健康を願う際に、小豆ごはんを食べることは理にかなっていたのでしょう。

また、実は小豆は東洋医学の面では、体の湿気を取り除き、熱を冷ます効能のある食材なのです!ですから特に湿気と暑さでうだるような夏を迎える京都にはうってつけですし、ここ数年、熱帯地方かと思うような湿度と温度になる日本の夏では、地域問わず、健康美を保つためにも積極的に食べていきたい食材ですね!

この時期、熱中症注意報が出ている日など、我慢せずクーラーをかけて過ごすべきですが、クーラー温度を低く設定しすぎると、体が冷えきって代謝が落ちたり、外の気温との体温調節がうまくいかず、自律神経のバランスが乱れ、肌のターンオーバー周期にまで影響を及ぼしかねません。ですから余分な湿気を体から追い出しながら、体の余分な熱も冷ましてくれる小豆パワーを活かしてクーラー温度は外気温よりマイナス3度程度に控え、体の内側から夏のキレイを保ちたいものです。

小豆ならどう食べてもいいのでは?小豆の効果的な食べ方とは

街中を見渡せば、小豆を使ったスイーツもたくさんありますが、糖分の摂りすぎは、ダイエットの面からも、肌の糖化予防の面からも、また、体に湿気をためる傾向があるという面からも、せっかくの小豆効果を半減しかねませんから、できれば日常の食事でしっかりと摂りたいものですよね。
そういった点から、やはり小豆ごはんはオススメの食べ方です♪

小豆ごはんの作り方は、1カップの小豆を水洗いしたあと、沸騰した水に差し水をしながら指でつぶせる程度に柔らかく煮て、その煮汁ごと、白米と一緒に通常どおりの水加減で炊き上げるだけ。面倒なら小豆の缶詰を使っても、もちろんOKです。もち米を使うお赤飯よりあっさりと風味豊かに炊き上がりますし、食卓の彩りも美しく、粋な食事ができ上がります。
ですが、調理する時間がないならスーパーで売られているお赤飯でも大丈夫です。効果はほぼ同じですから、どうぞお試しくださいね。

日本の夏は湿度も気温もますます容赦なく上がってきますが、京都の商家に伝わる食の智恵を借りて、食べながらイキイキと美しく過ごしましょう♪

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
@みきてぃ
ビューティーエイジングコラムニスト 企業セミナー講師 ブライダル司会 コーチングプロコーチ 【保有資格】 ▪︎一般社団法人日本化粧品検定協会 認定コスメコンシェルジュ ▪︎日本コンタクトセンター教育検定協会 認定ラーニングファシリテーター ▪︎公益社団法人日本電信電話ユーザ協会講師 ▪︎ASTRO-L認定プロコーチ その他多数 はじめまして。 企業セミナー...
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

@みきてぃさんの新着コラム

by@みきてぃ

シーズン到来!ブライダルゲストの洗練ファッション&メイクビューティーマナーの三か条とは?

あっという間に2月も終わり、春の足音が聞こえてくるシーズンの到来ですね。それとともに増えるのが結婚式や披露宴の招待状だという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、ブライダル業界のプロでもある筆者が、一体どのような服装やメイクが他者とは一味違う洗練された美しさに見えるのかをお伝えします。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す