2016年9月6日 更新

お肌を守るバリア機能!!バリア機能をつくる3つの大事な物質とそれぞれの特徴とは

お肌を守るバリア機能!!バリア機能をつくる3つの大事な物質とそれぞれの特徴とは

バリア機能はお肌を守る上でとても大切な役割を果たしています。 このバリア機能が働かないと乾燥状態になったり、ニキビを引き起こしたり、シミやしわができてしまいます。 今回はこのバリア機能をつくる3つの物質とそれぞれの特徴についてご紹介します。

バリア機能とは?

健康な肌状態では、「皮脂膜」、「細胞間脂質」、「NMF(天然保湿因子)」という3つの物質がバリアを作り、アレルゲンや紫外線などの外部刺激から肌を守ったり、角質層内の水分が逃げていかないようになっています。
また、この「バリア機能」によって肌の「もっちり感」や「柔らかさ」が作り出されています。

バリア機能をつくる3つの物質の特徴

バリア機能は、「皮脂膜」、「細胞間脂質」、「NMF(天然保湿因子)」という3つの物質で作られています。
では、それぞれの特徴を見ていきましょう。

皮脂膜

皮脂腺から分泌された皮脂と、汗腺から分泌された汗などが混ざり、乳化してできたものを「皮脂膜」といいます。

肌表面の膜となり、角質層の水分蒸散を防いだり、肌に潤いを与えるなど、肌をなめらかにする働きをもっています。
皮脂膜がないと、肌は無防備な状態となり、角質層の水分が失われやすくなります。
皮脂膜に含まれる脂肪酸によって角質層の表面を弱酸性に保ち、細菌の繁殖を抑制する役割ももっています。

NMF(天然保湿因子)

NMFとは、Natural Moisturizing Factor(ナチュラル・モイスチャライジング・ファクター)の略です。
エヌエムエフと読み、「天然保湿因子」ともいいます。

なお、NMFとは一つの成分のことではなく、皮膚にもともと備わっている、水となじみやすく水分を保持する力を持った物質のことをいいます。

このNMFは角質細胞内に存在し、角質層の水分を保持する力をもっています。
アミノ酸類、ピロリドンカルボン酸(PCA)、乳酸、尿素、有機酸、ミネラル塩類などから構成されており、アミノ酸(およびその誘導体)が大半を占めています。

細胞間脂質

角質層を構成する「細胞と細胞のすきま」を埋めている脂質のことをいいます。
細胞間脂質はセラミド、遊離脂肪酸、コレステロールなどから構成されており、なかでもセラミドが約半数を占めています。

「細胞と細胞のすきま」を埋めることで、外部からの刺激の侵入を防いだり、角質細胞内で水分を保持しているNMFが細胞内から溶け出さないようにしています。
また、細胞間脂質自体もラメラ構造(層状構造)を形成しており、水分を挟み込むことで肌の潤いを保っています。

最後に

これらの3つの物質は、角質層に保持されている水分を保つ役割をもっており、とても大切なものです。
皮脂膜が2%程度、NMF(天然保湿因子)が18%程度、細胞間脂質(セラミドなど)が80%程度の割合で角質層に保持されている水分を保つ役割を担っています。

バリア機能を働かせることで肌トラブルを減らすことができます。
この3つの物質は覚えておくといいですよ。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
薬剤師・化粧品開発・抗糖化美容研究家・美容ライター 大学卒業後、薬剤師として調剤薬局に勤務、その後化粧品会社の薬事・商品開発に携わる。結婚を機に独立し医師薬剤師共同開発ブランドを立ち上げる。 自身のブランドとして「MarryMemory」、「Doctor&Pharma」がある。 化粧品会社の総括販売責任者・医薬品関連会社の管理薬剤師経験を持つ。 美容健康の知識は専門的...
お肌を守るバリア機能!!バリア機能をつくる3つの大事な物質とそれぞれの特徴とは
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

花田 真理さんの新着コラム

Skin Care

by花田 真理

パラベンフリーの化粧品とは一体どんなもの?注意すべき3つのポイントとは?

パラベンフリーという化粧品にどんなイメージを持ちますか?「防腐剤が入っていない」もしくは「パラベンは肌に悪いものだから安心できる化粧品」と思う人がいるでしょう。果してこのような考えは正しいのでしょうか…。今回はパラベンフリー化粧品における注意すべき3つのポイントについてご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by西田 彩花

クレンジングはオイル派?ジェル派?なにが自分に合っているの?タイプ別クレン...

お家に帰って毎日行うクレンジング。何気なく選んでいるかもしれませんが、そのクレンジング剤には種類があります。そして、それぞれに異なる特徴が存在します。自分の目的に合ったクレンジング剤に出合えるお手伝いをします。

by西田 彩花

目指したいのは「赤ちゃん肌」♪みずみずしい肌の作り方

みずみずしさのある赤ちゃん肌は、女性の憧れでしょう。その肌をメイクで作ってみませんか?ベースメイクのやり方を少し変えるだけで、ふんわりとした赤ちゃん肌に近づけるのです。みずみずしさのある肌は、男性ウケも良いといえます。あなたもうるうるなモテ肌になってみませんか?

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す