2016年12月7日 更新

あれっ!目の周辺が真っ黒になっている…そんなときにおすすめしたい化粧直し方法とは?

あれっ!目の周辺が真っ黒になっている…そんなときにおすすめしたい化粧直し方法とは?

朝しっかり化粧をしたのに午後にはアイメイクが崩れて目の周辺が真っ黒…… 。そんな経験はありませんか? 化粧は汗や皮脂、乾燥によって崩れます。 化粧が崩れると見た目が汚く感じられるため、あまりいい印象を与えません。 今回は「アイメイクが崩れて目の周辺が真っ黒になっている」ときに役立つ、化粧直し方法を紹介します。

化粧直しが必要な場合の事例

①顔がテカテカ・ベタベタしている
②ファンデーションがよれてムラになっている(顔全体の化粧が崩れている)
③マスカラやアイライナーが滲んでいる(目の周辺が真っ黒になっている)
④顔がくすんでいる
⑤口紅がムラになっている

上記のような場合、化粧直しが必要になると思います。
では、次の項目から「アイメイクが崩れて目の周辺が真っ黒になっている」際の化粧直し方法を見ていきましょう。

アイメイクが崩れて目の周辺が真っ黒になっている場合の化粧直し方法とは?

STEP① アイメイクを落とす

アイライナーやマスカラ、アイシャドウなどアイメイクが滲むこともありますよね。
多少滲んでいる程度であればその部分を取ってしまえばよいのですが、崩れが広がっている場合は一度落としてから塗り直すと綺麗に仕上がります。
アイメイクの化粧直しで必要なもの、それは「乳液+綿棒」です。

黒く滲む原因のほとんどはマスカラやアイライナーによるもの。
マスカラやアイライナーには油分が含まれていますが、乳液にも油が含まれているので、乳液を使用することで黒く滲んでしまった箇所を綺麗に落とすことができるのです。
アイメイクの場合は範囲が小さいので、綿棒を使用することで目の下など細かい部分にも対応できます。

もう少し広い部分をリセットさせたい場合は、スポンジorコットンと綿棒を組み合わせるとよいでしょう。

STEP② ファンデーション&フェイスパウダーをつける

乳液でアイメイクを取った後は、パウダリーファンデーションかフェイスパウダーをつけるようにしましょう。
お肌には乳液の油分が残っているため、パウダリーファンデーションやフェイスパウダーで油分を押さえずにお化粧直しをすると、乳液の油とマスカラやアイライナーなどのアイメイクが反応して滲んでしまうからです。

滲みが少ない場合はこれでおしまいです。
一度アイメイク全体を落としてから塗り直す場合は、この後にアイシャドウやアイライナーなど必要なアイメイクをしましょう。
目の下の滲んだ部分をリセットしたり、アイシャドウをリセットするだけでも、印象は大分変わりますよ。

STEP③ アイシャドウでワンポイント

涙袋の部分にパールが配合された少し光沢のあるベージュ系や薄いピンク系のアイシャドウをつけると、涙袋がふっくらした印象になります。
もちろんなくても問題はありませんが、より明るく若々しい目元に見せたいときにおすすめです。

最後に

アイメイクの化粧崩れは「パンダ目」といわれるくらい印象に残るものです。
身なりを綺麗にしていても、目元がパンダ目になっていたら台無しです。
化粧直しの際は必ず目元もチェックをし、崩れていなくても目の下にアイシャドウやパウダーをつけ直すなど、皮脂と反応しないように前もって対応しておくとより崩れにくくなりますよ。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
薬剤師・化粧品開発・抗糖化美容研究家・美容ライター 大学卒業後、薬剤師として調剤薬局に勤務、その後化粧品会社の薬事・商品開発に携わる。結婚を機に独立し医師薬剤師共同開発ブランドを立ち上げる。 自身のブランドとして「MarryMemory」、「Doctor&Pharma」がある。 化粧品会社の総括販売責任者・医薬品関連会社の管理薬剤師経験を持つ。 美容健康の知識は専門的...
あれっ!目の周辺が真っ黒になっている…そんなときにおすすめしたい化粧直し方法とは?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

花田 真理さんの新着コラム

Skin Care

by花田 真理

冬でも注意が必要!茶くすみが出来る原因と対策

くすみにはいくつか種類がありますが、その中の茶くすみをご存知でしょうか?茶くすみは誰にでも起こりやすいくすみだからこそ注意が必要なのです。今回は茶くすみの原因と対策についてご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

意外と難しい!?メガネのカラー別・似合うメイク方法♡

普段メガネをかけている方や、たまにかけている方…。そういった方はメイクに悩んだことがありませんか?メガネをしていると、意外とメイクが難しいものです。そこで、どんなカラーのメガネにどんなメイクが似合うかをご紹介します。

by西田 彩花

目力アップに欠かせない!?イマドキ風の囲み目メイクってどんなもの?

囲み目メイクは少し前に流行しましたが、今はナチュラルメイク志向。でも、囲み目メイクが目力アップの元だったという方も少なくないのではないでしょうか?古いメイクはしたくないけれど、目力はアップさせたい…。そんな方のためにイマドキ風の囲み目メイク方法をご紹介します。

by西田 彩花

口角や形など様々な唇の悩みをメイクで解決しましょう♪

リップメイクをするときに、自分の唇がコンプレックスになっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。唇が薄かったり、血色が悪かったり、口角が下がっていたり…。悩みは人それぞれでしょう。そんな悩みを、メイクで解決してみませんか?悩み別のメイク方法をご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す