2016年12月8日 更新

いつものバスタイムをちょっと変えるだけ? 綺麗なツヤ髪になれる5つの方法

いつものバスタイムをちょっと変えるだけ? 綺麗なツヤ髪になれる5つの方法

特別なことをしない。特別なものを使わない。アーユルヴェーダやヨガの世界では、ヘアケアにおいてもそのような考えをもっています。当たり前のことのように思えて、実は改めて振り返るとできていないことが多い、そんなことないですか?そんな、「当たり前」のように思えて、でも実はとっても大切なことや、普段忙しくて時間が取れなくても、ちょっと意識を向けるだけで簡単に取り入れられる5つのティップスをご紹介します。

1.バスタイムの前の念入りなブラッシング

洗髪する前には、念入りにブラッシングをすることが大切です。実は美容業界では、トリートメントよりもシャンプーが大切といわれているほど、シャンプーは美髪にとっても大切。
埃がついたままでは泡立つものも泡立たないし、洗う前から絡んでしまっていると、水を含ませることで乾いた髪以上に髪同士の摩擦を助長させ傷む原因を生んでしまいます。
正しい洗髪には、丁寧なブラッシングがポイント。ストレートの人は目の粗いクシを、ネコっ毛やカールがある人、傷みがちな人はクッション性のあるブラシを使うのがおすすめ。
大切なのは、濡らす前に髪の絡みをほどいておくことなので、目の細かいブラシなどでむやみに髪を摩擦させないように気をつけてください!

2.洗髪前に髪をしっかり濡らし念入りに予洗いを!

洗髪前に髪をしっかりお湯で洗い流すことで、よほどワックスなどのヘア剤をたっぷりとつけていなければ80%の汚れはお湯で洗い流せるといわれています。
十分な水分がない状態ではシャンプー剤をつけても泡立たず、かえって髪の摩擦を増やす原因にもなりかねません。
洗髪の前には、しっかり濡らすことが大切。そして、できれば髪を洗う前にしっかり入浴して汗をかいたり、お風呂に入る前に蒸気を立ち込めておいたり、また、暑めのお湯でタオルを濡らし、シャンプー前のほんの数分の間だけでも頭に巻いてスチームバスを行うことをおすすめします。
私たちの多くは、デスクワークやストレスなどで知らず知らずのうちに頭皮がかたくなりがちです。頭皮がかたいと、顔がむくんだり、ほうれい線が出たり、フェイスラインがたるんでしまうなど女子にはドキリとすることが起こってしまいがち。だからこそ、シャンプー前にしっかり濡らしたり、頭皮を柔らかくすることで髪だけでなく頭皮の汚れまでもしっかり洗うことができるのです。

3.シャンプーは最高のエステタイム♡

シャンプーは最高のエステタイムだといえます。
十分に濡らした髪に適量のシャンプー剤をつけたら、手の指の腹を使ってしっかり揉み出すように頭皮マッサージをしてみてください。頭皮は顔よりも皮脂が多く、汚れがたまりやすいので、ここでしっかりとマッサージを入れながら汚れを浮かせることが大切です。
そのとき、事前に髪が十分に濡れていなかったり、シャンプー剤を必要分よりも少なくしてしまうと、傷む原因になってしまうので、ここはしっかりと泡立てるのがポイント。
ちなみに、顔は頭皮の延長。最近顔色がよくないな、くすみが気になるな、ほうれい線が気になるなという人はぜひ、おでこから生え際、頭頂部までをゆっくり指でなぞるようにマッサージしたり、首筋をマッサージしてみるとよいでしょう。
また、シャンプーは頭だけでなく、顔や首筋や背中までしっかり流しましょう。(背中ニキビのある人はシャンプーの洗い残しが原因という説もあります!)
週に1回程度、市販の炭酸水を使ってシャンプーを洗い流すと、さらに頑固な汚れもしっかり落とせ、その後のコンディショナーやトリートメントが浸透しやすくなり効果が高まるのでおすすめです。

4.ツヤ髪のためにコンディショナー・トリートメントには細心の注意を!

コンディショナーやトリートメントは、油分が多い分、頭皮につけてしまうと、せっかく汚れを落とした頭皮にまたオイルで蓋をしてしまうことになりかねません。さらに、頭頂部など根本につけることで、トップのボリュームが落ちてしまい、見た目の上でも残念な結果になってしまう可能性も。
セミロングやロングヘアの方は毛先を中心に、耳から下の毛のみにしっかりとなじませた後、手についた残りをトップにつけるという方法がおすすめです。さらに時間があれば、タオルを巻いてお湯に浸かることで、スチームバス効果もあり、浸透促進効果も期待できます。

なお、コンディショナーやトリートメントのタイミングでスカルプマッサージを行うことはオイルで毛穴をふさいでしまう可能性があるため、避けた方がいいです。

5.タオルドライでドライヤーの熱ダメージを最小限に!

タオルドライをすることで、ドライヤーの時間を短縮でき、熱ダメージを最小限にすることができます。ヘアケア上いいだけではなく電気代・電気使用量の節約にもなるのでお得ですね。
最近では、マイクロファイバーでできた吸水性の高いタオルも売られているので、毛束を少しとってタオルで包んで、ギュッと水気を吸い取るようにすると、髪同士の摩擦も少なくダメージを極限まで避けることができます。
また、ドライヤーをかけるときは、頭皮に一番近い毛の根元から乾かすようにするといいです。毛先はもっとも外気に当たりやすいところで乾きやすいので、先に毛先を乾かしてしまうと毛先が傷みやすくなってしまいます。80%程度乾いたら、最後に冷風を上から下に当てると、キューティクルが締まってツヤが生まれます。
アウトバストリートメントを使用する場合は、ドライヤーをかける前に毛先を中心に塗布するとさらにツヤツヤに仕上がります。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Ayurveda and Yoga sAra主宰 アーユルヴェーダカウンセラー/ヨガインストラクター/ヒーリングセラピスト Myra Lewinに師事、ラージャヨガとアーユルヴェーダを学ぶ 全米ヨガアライアンスRYT200保持 the National Ayurvedic Medical Association (NAMA)正会員 大学卒業後、大手広告代理店にてマーケティング...
いつものバスタイムをちょっと変えるだけ? 綺麗なツヤ髪になれる5つの方法
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

sAraさんの新着コラム

Body Care

bysAra

冬こそケアしたい!アーユルヴェーダが教える腸活のススメ

最近、耳にする機会が多くなってきた「アーユルヴェーダ」。「興味はあるけど、美容にとことんこだわる人やヘルシー志向の人向けで、私にはちょっぴり難しそう」と思っている人も多いはず。アーユルヴェーダは6000年前に、インドで始まったと言われる世界最古の伝承医療で、実はとてもシンプル!今日はちょっと気になる「アーユルヴェーダ」をデトックスと腸にまつわる切り口で紐解いてみたいと思います。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

byChez チェズ

今注目のシースルーバング♡髪の長さによって様々な雰囲気を演出できます!

韓国発信の前髪スタイルで、お顔の骨格補正ができたり、前髪を作ると幼くなるという悩みが解消できるシースルーバング。ヘアスタイルにおける重要なポイントとなる前髪に新しいトレンドとして、今話題です。今回は、シースルーバングを髪の長さに組み合わせ、イメージがどのように変わるのかご紹介いたします。

Body Care

by癒野 のばら

美容大国タイで癒しと美しさを堪能する♡タイ古式マッサージレポート

近ごろ日本でも女性に人気のあるタイ古式マッサージ。本場タイでは、高級ホテルのスパでもお手ごろな価格で、優雅に一味違ったトリートメントが受けられます。今回はその、タイならではのマッサージのレポートをお送りします。

by塚本 昌史

365日美容室帰りの艶髪になれるドライヤーテクニック

美容室帰りの艶髪はドライヤーに秘密があった!知っているようで知らなかったマル秘テクニックを公開します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す