2016年9月6日 更新

キュッと引き締まったヒップになりたい♡おススメのヒップアップストレッチ 

キュッと引き締まったヒップになりたい♡おススメのヒップアップストレッチ 

ジーンズが似合うキュッと引き締まったヒップは、女性の憧れ。歳だから、太っているから…と諦めていませんか?自宅でできるヒップアップストレッチをやることで、ヒップアップは可能なのです。 自慢のヒップになれるストレッチを、早速今日からスタート!

貴方のヒップはどんなヒップ?

お風呂の鏡や玄関の鏡などで自分の姿を見る女性は多いと思いますが、意外と自分の後ろ姿を見る機会は少ないのではないでしょうか?後ろ姿って、自分では見なくても人は良く見ているもの。

一度は自分のヒップを鏡に映して確認してみましょう。
自分のヒップなんかきっと垂れてるし見たくないという方がいるならば、そういう方にこそみてほしいのです。どんな形のヒップかによっておススメのストレッチも変わりますし、ヒップが垂れていたならばストレッチやってみよう!という気持ちにもきっとなるはず。

まずは、自分の目で確かめることからスタート。
貴方のヒップはどんなヒップですか?

主に、ヒップは垂れ尻、四角尻、扁平尻、出っ尻の4つに分けられますが、日本人に圧倒的に多いのは扁平尻でしょう。そして、加齢や太り気味の方に多いのが垂れ尻。重力に逆らえず、ヒップが垂れてきてしまいがち。そうすると太ももとの境目が定かでなくなってしまいます。そうならないように、ヒップアップストレッチをするのです。

女性の理想のヒップは、キュッとあがっていてほどよく丸みとボリュームがあるヒップです。痩せ型の人は、小さめのヒップを生かして美しいヒップに、ぽっちゃりしている方はストレッチ次第でほどよいボリュームと形のいいヒップにと自分の体型を生かしたヒップを目指したらいいのです。
たとえ水着を着たりやショートパンツをはくことはないにしても、やっぱりヒップが上がっているとスカートもパンツもカッコよく着こなせるからオシャレも楽しくなりますよ。では自分のヒップを確認したところで、早速ヒップアップストレッチを紹介していきますね♪

おススメのヒップアップストレッチ

ヒップのカタチも悩みも、人それぞれ。
自分のヒップに必要だと思ったストレッチから始めてみてください。まずは1種類、慣れてきたら少しずつ増やしてみましょう。どれも2分ちょっとできるので、すきま時間に簡単にできるものばかりです。

まず、ヒップの下の部分をアップするストレッチから紹介しますね。
1、うつ伏せになったら上半身をしっかり起こして、顔はまっすぐ正面に向けます
2、手は肩幅くらいに開き、肘から肩に向けての角度が直角になるようにします
3、片足の膝を曲げたら、そのまま足を持ち上げて10秒キープ
これは、かなりヒップの下にききますよ。もっとできるという方は、セット数を増やしたり自分のできる範囲内で頑張ってみてください。

ヒップにハリを持たせたいときは…
1、仰向けになったらつま先を揃えて、足の裏をしっかり地面につけます
2、太ももの内側の筋肉を意識しながら、左右のくるぶしと膝の間に隙間がないよう
ぴったりとつけます
3、その状態のまま腰から持ち上げていきます 
肩と手で体を支えたままヒップを高く持ち上げてください
このとき、腰が曲がっていると腰を痛めてしまうので気を付けてくださいね。
膝から肩が一直線になることを意識してやりましょう。
慣れないうちは大変ですが、ファイト!

ヒップと太ももの境目をはっきりさせたいときは…椅子を使ったストレッチがおススメ
1、まっすぐ立ったら片方の足の膝から下を横に曲げて、椅子にのせます
2、椅子にのせた足に重心を移します 
このストレッチをやると、太ももからヒップまでの筋肉がプルプルしてきますが、効果テキメン。これを続けることでヒップアップしてきます。

ヒップをほどよく引き締めたいときは…
1、四つんばいの姿勢になったら両手両足を肩幅と同じくらいの幅にします
2、片方の足を伸ばしながら腰の位置まで持ち上げます
足を上げたときに足の裏が上を向いているかチェック!
このとき勢いで足を持ち上げるのではなく、ゆっくりと息を吐きながら行ってください
また体が床と水平になっているかも大事なポイントです。
3、息を吸いながらゆっくりと元に戻します
4、5回ずつのセットを3セットやります
3セットするだけでも十分ですが、もっと効果を高めたい!とやる気に溢れている方は、足を上げたときにすぐに下ろすのでなく、3秒そのままでキープしましょう。

歩くときもヒップアップを意識して♪

いつも何気なく歩いているかと思いますが、ヒップアップを意識して歩いてみませんか?
颯爽と歩くことでヒップアップだけでなくスタイルもよくみえるし、好感度もアップ!

ヒップアップできる歩き方
1、背筋を伸ばしてお腹に力を入れます
腰がそらないように気を付けること。
2、膝を曲げないで歩き、かかとから着地します
そのとき後ろ足はキレイに伸びたままで
街中で道行く女性を見ていると、膝を曲げて歩いていたり背筋を伸ばしていなかったりと歩き方が残念な人がいかに多いことか!
正しい歩き方をしないがためにヒップのカタチが崩れてしまったら、こんなにもったいないことはありません。だって、ちょっと意識するだけで歩き方を変えることはできるのですから。
頭のてっぺんをピアノ線でつられている感覚をイメージしてみてください。
自然と背筋が伸びておなかが引き締まり、颯爽と歩けるはず。

小尻な人がヒップのボリュームアップをしたり、反対に大きなお尻の人が小尻になることはムリだけど、カタチのいいヒップになることはできるのです。ほかの人と比べる必要はありません。自分のヒップならではの魅力をより高めることができるよう、チャーミングなヒップを目指してヒップアップストレッチにレッツトライ!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
キュッと引き締まったヒップになりたい♡おススメのヒップアップストレッチ 
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

阿部 裕子さんの新着コラム

Body Care

by阿部 裕子

二の腕をなんとかしたい!自宅で簡単にできるエクササイズでほっそり二の腕♪

薄着の季節になると、気になってくるのが二の腕のたるみ。なんとかしたいけど、ダイエットをしてもなかなかスッキリしない箇所でもあります。そんなときは、自宅で簡単にできる二の腕エクササイズをしてみませんか?

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す