2016年9月6日 更新

美肌を目指すなら知っておきたい!正しい洗顔方法

美肌を目指すなら知っておきたい!正しい洗顔方法

毎日行っている洗顔ですが、意外と正しい方法を実践している人は少ないかもしれません。 美肌を目指すならきっちりと押さえておきたい洗顔方法。早速今日から実践してみてください。

「洗顔」の役割

毎日朝晩行っている洗顔ですが、どんな役割があるか知っていますか?
洗顔の役割は「汚れを落とすこと」です。

タバコの煙やホコリ、排気ガスなど空気中の汚れを避けて、生活することはできません。さらにこれらの汚れに、汗や皮脂、メイクや古い角質などの汚れも混ざります。
そのため、その日の汚れはできるだけ早めに取り去って、お肌を休ませてあげたいですね。

メイクを落とさないで寝てしまったら、汚れをためこんだまま翌日に持ち越すことになり、肌のダメージは相当大きいことが容易に想像できるでしょう。

メイクをしたときはクレンジングをすると思いますが、クレンジングで落とすのはファンデーションをはじめとする油性の汚れ。
水性の汚れまで落とすことはできないので、毎日洗顔は必要なのです。

洗顔はスキンケアの基本。つい自己流になりがちですが、守るべきことはきちんと守りたいですね。
まずは、間違った洗顔法をご紹介するので、思い当たる方は早速直しましょう♪

間違った洗顔していませんか?

せっかく洗顔をしても、間違った方法をしていたら効果がないどころか、肌トラブルを引き起こしかねません。
たとえば、こんな洗顔、していませんか?

・かなり時間をかけている
2分以上洗顔に時間をかけていませんか?汚れを落とそうと時間をかけすぎることで、かえって肌をいためてしまうかもしれません。時間をかければいいわけではないのです。

・1日に3回以上洗顔している
特にニキビがあるときは何回も洗顔したくなりますが、これは逆効果。肌に必要な脂分までとりさってしまうと肌は乾燥してしまい、その乾燥を防ごうと脂を過剰に分泌するので、さらにオイリーになってしまうのです。

・泡がしっかりと泡だっていない
空気と水を含ませてしっかりと泡立てていないと、洗顔料の濃度が高すぎてしまい、肌への刺激になります。

・ゴシゴシとこすっている
こすって洗うことで、角質層を傷つけてしまうことに。洗顔に、摩擦は厳禁です。目元や口元などは皮膚が特に薄いので、そっと優しく洗ってあげること。

・すすぎ残しがある
顎の下や髪の生え際などすすぎ残しがあると、ニキビの原因にもなります。

・冷水・お湯で洗顔している
冷水で洗うとさっぱりして肌が引き締まる感じがしますが、これで毛穴がふさがるわけではありません。冷水で肌を急激に冷やすと赤ら顔や乾燥などのトラブルを引き起こすこともあります。また、お湯で洗うと肌に必要な皮脂まで落としてしまって乾燥してしまうこともあります。

・タオルでこすりながら拭いている
洗顔のときはこすらないようにしていたのに、拭くときにこすってしまったら、摩擦が生じて乾燥してしまいます。また、ケバケバしたタオルを使うのも避けましょう。

間違った洗顔は、どれも刺激や摩擦が強く、肌細胞の寿命を縮めることになりかねません。
そして、間違った洗顔を続けていると、シミができたり、乾燥肌・敏感肌になったり、と深刻な肌トラブルにつながります。

美肌になる洗顔方法

美肌になる洗顔方法のポイントは、「こすりすぎない」こと。

①手を洗い、手についている雑菌を落とす。
まずは手を清潔な状態にすることで、洗顔料がしっかりと泡立ちますよ。
手のひらだけでなく、手の甲や指の間もしっかりと洗いましょう。
手の甲をしっかり洗う習慣をつけておくと、将来手のシミで悩むこともなくなるかもしれません。

そして、ぬるま湯で素洗いします。なぜぬるま湯かというと、毛穴を開かせるためです。
ぬるま湯というのは、「水より少しあったかい」くらいを目安にしてください。
お風呂に入ったとき、体を洗うときの温度で顔を洗っていませんか?その温度だと熱すぎるので、やめましょう。

②よく洗顔料を泡立てる。
手のひらにとった洗顔料に水と空気を混ぜながら、泡立てます。泡立ちネットを使ってもOKです!
理想的な泡は、「キメが細かくフワフワとして固くて角が立つ泡」です。
卵一個分の泡を作りましょう。

③皮脂の多いTゾーンから。
額や鼻などの皮脂分泌の多いところから洗います。くるくると円を描くように、汚れをなじませていってください。手と皮脂の間に泡のクッションを作るイメージで。
そして「内側から外側へ」を意識してください。

④次にUゾーンを。
頬や顎などのUゾーンを洗います。
泡を転がすように、がポイント。そっと汚れとなじませます。

⑤最後に、目元や口元を。
目元や口元の皮膚が薄くデリケートな部分にも泡をのせて、なじませます。
皮膚に指が触れないくらいのやさしさがポイントです。
乾燥しやすい部分なので、泡を置くだけでも十分に汚れは取れますよ。

⑥ぬるま湯で洗い流す。
「顎から上に向かって、中心から外側へ」洗い流します。
肌のたるみを防ぐためにも、下から上に、が鉄則。人肌くらいのぬるま湯で、しっかりと洗い流します。
生え際などすすぎ残しがないか、忘れずにチェックしてくださいね。

⑦水分を吸収させるようにそっとタオルで拭く。
ゴシゴシこすらず、タオルをそっと顔におしあてるような感覚で拭きます。
このとき、清潔で柔らかいタオルを選びましょう。
そして、すぐに化粧水をつけてください♪

美肌な人は、「洗顔をきちんとやっている人」。
洗い方やすすぎ方も、とても丁寧。力を入れすぎずに、優しく洗顔しています。
正しい洗顔方法で洗顔して、エイジングケアしましょう!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
美肌を目指すなら知っておきたい!正しい洗顔方法
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

阿部 裕子さんの新着コラム

Body Care

by阿部 裕子

二の腕をなんとかしたい!自宅で簡単にできるエクササイズでほっそり二の腕♪

薄着の季節になると、気になってくるのが二の腕のたるみ。なんとかしたいけど、ダイエットをしてもなかなかスッキリしない箇所でもあります。そんなときは、自宅で簡単にできる二の腕エクササイズをしてみませんか?

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by遠山 久美子

原因は◯◯だった?!汗をかく人必見!化粧崩れの原因と対策

まだまだ暑さが厳しいこの季節!化粧崩れが気になります。額や鼻のテカリや崩れに上手に対処するために、暑い季節の化粧崩れの原因から対処方法まで解明します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す