2016年12月7日 更新

美容や健康に嬉しい効果が得られる!「玄米」のススメ

美容や健康に嬉しい効果が得られる!「玄米」のススメ

皆さんは玄米と聞くとどのようなイメージが浮かびますか?食感がボソボソしている、ぬかの匂いが気になる、おいしくないのかも…というような、ネガティブな印象を抱いている方もいるのではないでしょうか?玄米をいただくようになり4年になる筆者は、その間に健康と美容の面で変化がありました。今回はその玄米について実体験を交えてお伝えしたいと思います。

玄米の豊富な栄養素

稲からもみ殻を取っただけの玄米は、人間が健康を保つために必要な栄養素をほとんど摂取できるため「完全栄養食」とも呼ばれています。
だから昔の人は「一汁一菜」の食生活で健康を維持できていました。玄米にはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれているため健康食品といっても過言ではないでしょう。

白米を包んでいるぬか層には、タンパク質や脂質、食物繊維。胚芽の部分にはビタミン、ミネラルが含まれていますので、一物全体という言葉のとおり「一つのものをできるだけ丸ごと食べる」ことでバランスがとれるのです。

米ぬかがもつエイジングケアの力

玄米には食物繊維が豊富ですので、玄米食が習慣になると自然にお通じもよくなります。
腸内環境を整えることが美肌にも繋がるということは、既にご存知かとは思いますが、実際に筆者も玄米を食べるとお腹の調子が良くなり、玄米食を始めてからは肌のトラブルに見舞われたことがありません。

ただひとつだけ気をつけたいことは、玄米は消化が悪いので胃腸に負担をかけないためにしっかり噛むことです。「玄米は好きだけど胃腸が弱くて…」という方は、これからご紹介する方法を試してみてはいかがでしょうか。

玄米がダメなら精米してみる

精米器のあるご家庭はなかなかないとは思うのですが、玄米を始めようと思われたら、ぜひ一緒に精米器を用意することをおすすめします。というのはもし万が一、玄米が体に合わない場合やあるいは味が苦手という場合は、自宅で「分づき米」という玄米と白米の中間のお米(あるいは白米)に精米することができ、かつ、精米後に取れる米ぬかを食事にはもちろん、美容にも役立てることができるからです。(余談ですが精米したてのご飯は本当においしいものです)

とれた米ぬかをフライパンで香ばしい香りが出るまで炒ると「炒り米ぬか」ができるので、これに天然塩やごまを好きな割合で混ぜると、即席のふりかけができます。炊きたてのご飯にかけて食べれば玄米ご飯と同じ栄養素がとれます。

ぬか袋を作ってみよう

さらし布(木綿の布)で巾着袋を作り、その中に炒り米ぬかを入れるか、あるいは木綿生地のハンカチの中央に炒り米ぬかを大さじ3~4杯置き、中身がこぼれないように四隅をゴムなどでまとめて、ぬか袋を作ります。
このぬか袋を十分にぬるま湯に浸し、洗顔後のお顔に優しく当てるだけで米ぬかの成分が肌を潤し、しっとりします。

おわりに

マクロビオティックやベジタリアンという言葉を以前より耳にするようになった今では、外食で玄米が食べられるようなお店や、白米以外に雑穀米を選べるようなお店が増えて、選択肢の幅が広くなったように思います。
ご自分に合う続けられる方法でぜひ始めてみてください。そして、これからも体の中から美と健康を維持できるように、日頃の食生活などを心掛けていきたいですね。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ビューティーリフレクソロジスト 日本リフレクソロジー協会認定プロフェッショナルリフレクソロジスト 公益社団法人日本アロマ環境協会アロマテラピーアドバイザー 一般社団法人中医学耳つぼ美容協会認定ストーンセラピスト® 一般社団法人中医学耳つぼ美容協会認定耳つぼダイエットアドバイザー® 自宅サロン「リフレクソロジー&アロマ シリウス」にて、アロマを活用した英国式リフレクソロジー、耳つぼ...
美容や健康に嬉しい効果が得られる!「玄米」のススメ
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

齊藤 みゆきさんの新着コラム

Body Care

by齊藤 みゆき

一時的に増えてしまった体重にも!デトックス効果抜群のダイエットスープ

ついつい食べ過ぎてしまい増えてしまった体重が、なかなか元に戻らないという方も多いのではないでしょうか。ダイエットは摂取と消費のバランスが大事とはいえ、摂取と消費のバランスが大事とはいえ、なかなか思うように運動ができない方もいらっしゃると思います。そこで、食事で調整することができるダイエットスープのご紹介いたします。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

by齊藤 みゆき

白砂糖はカラダを冷やす?!キレイになれる上手な甘味の選び方

「疲れた時には甘いもの!」を、ついつい口にしてしまう方は多いと思います。甘いものは気分転換にもなるからという理由で、デスクやかばんの中にチョコなどを常備しているという方も多いのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください!その「甘いもの」の摂り過ぎが、あなたを困らせている症状の原因だとした...

Skin Care

by軽部 幸菜

誰でもおうちで簡単にできる!手作りグリーンパックで始めるホリスティックビューティ

NPO法人日本ホリスティックビューティ協会による「Green Beauty Project」が始動!その第1回目は当協会認定インストラクターであり、Faura公式コラムニストのErikoさんによる「ハーブを知って、美顔グリーンパックを作ろう」セミナーが行われました。誰でも気軽にホリスティックビ...

Skin Care

by斎藤明子

やっぱり効く!オメガ3系脂肪酸アマニ油が内側からの乾燥ケアにいい理由とは 

本格的な冬が到来!空気の乾燥が気になるこの季節、本質的にお肌の乾燥に備えたいと思うのなら、食事や栄養摂取といった内側からのケアも大切です。特にいいとされている栄養素はオメガ3系脂肪酸だということをご存知ですか?オメガ3系脂肪酸がお肌の乾燥対策に有効であるという理由を探ってみました。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す