2017年1月16日 更新

まだまだ注目!涙袋メイクで大きく愛らしい目をメイクしよう

まだまだ注目!涙袋メイクで大きく愛らしい目をメイクしよう

涙袋メイクにはまだまだ注目です。ナチュラルに目の縦幅を出すことができ、瞳が澄んだ印象を与えることもできます。涙袋メイクをやったことがない方のために、その方法をまとめてみました。

やってみたいけど試したことがない…涙袋メイクの効果ってどんなもの?

涙袋メイクという単語ができてから、久しく経つようになりました。興味はあるけれど、やったことがない…。そういった方もいらっしゃるでしょう。そこで、まずは涙袋メイクの効果からお話します。

涙袋メイクとは、涙袋を強調したり、もともと涙袋がない方がそれがあるように見せたりするメイク方法です。涙袋は、昔から美人の象徴とも言われていますよね。これがあると、目が大きく見えるだけでなく、優しげな印象を与えることができるのです。

涙袋メイクをすると、前述した効果が期待できるのに加え、白目が澄んで見え、キレイな瞳に見えるという特徴もあります。また、クマやたるみをカバーして見せることもできるでしょう。

こんなに良いことづくしの涙袋メイク、やったことがないとすればもったいないと感じませんか?しかも、メイク方法はとても簡単。普段のアイメイクにプラスワンするだけで良いのです。ひと手間かけて、より可愛くなってみませんか?

コスメポーチにも入っている!涙袋メイクに必要なものは何?

まず、涙袋メイクに必要なものからご紹介します。それは、もしかしたら既にあなたのコスメポーチに入っているものかもしれません。

まず、アイシャドウのハイライトカラー。パール感があるものだと品良く、ラメ感があるものだと愛らしく仕上がりやすいです。色味はホワイトやシアーなピンクがおすすめです。

そして、ブラウンアイシャドウのダークカラーと細チップです。色味は赤みがかっていても黄みがかっていても構いません。自然な陰影が作れるカラーを用意してくださいね。

上記の二つは、アイシャドウパレットにセットされているものでも大丈夫。ブラウン系のアイシャドウパレットを一つ持っていればそろってしまうのです。

また、綿棒も用意してください。これも特別なものではなく、ドラッグストアで売っているようなもので良いですよ。

今では涙袋メイク用のアイテムも多く発売されています。下まぶたに塗りやすい、チップタイプのハイライトや、細い陰影を描きやすいライナーなどです。初心者さんはそういったものを使うとコツをつかみやすいでしょう。また、こうしたアイテムは時短メイクにも有効です。

以上のものが、涙袋メイクに必要なアイテムです。特別なものを用意する必要がないので、手軽に始められそうですよね。

意外と簡単♪涙袋メイクのやり方

それでは、涙袋メイクのやり方を覚えてみましょう。

まず、涙袋がある部分にハイライトカラーをたっぷりと乗せます。涙袋がない方は、下まぶたに5ミリ程度塗ってみてください。ここが涙袋の基準となります。
その基準の下部分に、ダークカラーで細くラインを引きます。目頭は2、3ミリ程度開けて、目尻の下の延長線上まで、少しずつ幅が広くなるようにして引いてください。涙袋がある方は、そのラインに沿わせると自然です。無理に涙袋の幅を大きくしてしまうと不自然になってしまう可能性があります。自分が笑ったときに一番ナチュラルに見える部分を目安にしてください。
最後に、綿棒でダークカラーをボカしていきます。ラインの上下を数ミリ上下に馴染ませる感覚でやってみましょう。

涙袋メイク専用のアイテムを使う場合も同様です。ふっくらとさせたい部分にチップタイプのハイライトを入れ、その影をライナーで作ります。ただし、ライナーはボカさなくても自然に仕上がるようにできています。ここで時短ができるのです。

涙袋メイクはこれでできあがり。難しそうと敬遠していた方も、これならできそうではないですか?少し練習すると、忙しい朝にも手早くメイクできるようになりますよ。

今日からは涙袋を強調してパッチリとした目に!モテメイクにもぴったりです

実際に施してみると分かるのですが、仕上がりはとても自然です。メイク感も薄く、ナチュラルにデカ目を目指せるでしょう。
自然なデカ目は異性にとっても好ましいと言えます。合コンなど、勝負の日にやってみても良いかもしれません。
ぜひ、これからは涙袋メイクにもチャレンジしてみて。より魅力的なあなたをアピールしてみましょう。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
まだまだ注目!涙袋メイクで大きく愛らしい目をメイクしよう
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

自分に合ったものってどれ!?化粧下地を上手に選ぶコツ

化粧下地を選ぶとき、あなたはどのような基準で選んでいますか?上手に選ぶコツをつかみ、より素肌美人になりましょう!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

まるでスポットライトを浴びたかのよう♡女優肌にチャレンジしてみましょう

テレビで見る女優さんは、キラキラと輝いていて憧れますよね。その肌の質感にも惚れ惚れすることでしょう。そういったメイク、自分でもできるのです。ベースメイクをちょっと工夫して、女優肌に仕上げてみませんか?

by軽部 幸菜

【新商品情報】CHICCA(キッカ)2016年春の新作発表会レポート

各化粧品ブランドから、続々と来年の新作コスメが発表されています。今回は、今最も注目すべき化粧品ブランドのひとつ「CHICCA(キッカ)」2016年春の新作発表会のレポートをお届けします!ブランドクリエイター・吉川康雄さん直伝のメイクアップのコツも含め、来シーズンのコスメ選びのご参考にチェックし...

by千葉 祐子

朝のひと手間☆リフトアップメイクのテクニックとは?

忙しい毎日の中ふとした時にお顔のハリの無さを感じたりしませんか?そんな時にちょっとひと手間かけるだけでピンと元気に見える、使えるテクをご紹介します♪

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す