2016年12月7日 更新

マスカラがダマになってしまう…!マスカラの上手な塗り方を公開

マスカラがダマになってしまう…!マスカラの上手な塗り方を公開

アイメイクにマスカラは必須!そういった方も多いでしょう。でも、ダマになったまつ毛は美しくないですよね。そこで、マスカラの上手な塗り方を紹介します。お手持ちのマスカラでも、仕上がりがグンと変わるかも!?

今さら聞けない…!マスカラを上手に塗るコツってあるの?

マスカラを塗るとき、あなたはキレイなセパレートまつ毛をメイクすることができますか?いつもダマになってしまうという悩みを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
マスカラの役割は、マスカラ液や繊維を塗ることでまつ毛を太く長くすること。それにともなって、デカ目にするという効果がありますよね。目力をアップさせるのは女性の永遠のテーマでしょうが、まつ毛がダマになっていると美しくないでしょう。
そこで、マスカラの塗り方をレクチャーします。お手持ちのマスカラでも、塗り方を変えれば仕上がりも変わってくるかもしれません。ぜひ上手な塗り方をマスターしてみてください。

まずは下準備から!この一工程でマスカラの仕上がりも変わります

目をパッチリと見せるためには、ビューラー使いも大切です。キレイな上向きまつ毛になっていると、マスカラも塗りやすくなるのです。
まず、ビューラーをまつ毛の根元ギリギリに当てます。そこで、3回程度強めに握りましょう。指でまぶたを上げながらビューラーを握ると上手に上がりやすいですよ。根元がしっかりと上がったら、手を緩めて毛先に向かって少し動かします。そして、まつ毛の中間地点でもう一度挟みましょう。手も一緒に持ち上げるのがポイントです。根元を挟んだときよりも、少し弱めの力ではさんでくださいね。
最後に、毛先を軽く上げます。ここではごくごく弱い力で挟むのがコツ。

根元はしっかりと上げ、毛先に向かってなだらかなカーブを描くのが理想です。この形を意識しながらビューラーを当ててみてください。さらに、マスカラ下地を使用します。マスカラ下地には、まつ毛のボリュームアップとカールの持ちを良くするという役目があります。マスカラ下地を使うのと使わないのとでは仕上がりが変わってくるので、ぜひ、取り入れてくださいね。

ぜひマスターして!ダマにならないマスカラの塗り方

まず、スクリューブラシでまつ毛をとかしましょう。まつ毛同士がくっついているとダマの原因になりやすいのです。マスカラを塗る前に、マスカラの液だまりをティッシュオフします。マスカラの容器で液だまりを落とすと、マスカラの液が乾いてしまう可能性があります。これが、ダマになる原因になるのです。きちんとティッシュオフしましょう。
マスカラは、上まつ毛の中央部分から塗っていきます。根元にブラシを押し入れるようにして当て、軽く左右に動かしながら毛先まで引き抜くようにして塗っていきます。次に、目頭、目尻の順に細かい部分に塗っていきましょう。ブラシを縦にして根元から外側に向かって引き抜くとやりやすいですよ。
最後に、根元のみに重ね付け。ブラシの先端で一本一本丁寧に塗りましょう。

下まつ毛の塗り方は、根元から放射状に塗るのがコツです。下まつ毛全体に塗ったらブラシを縦にして一本一本に塗っていきます。中央部分に重ね塗りするとボリュームが出やすいですよ。

丁寧に塗ったけどダマになってしまった!そんなときは

上記のやり方でマスカラを塗ったけれど、万が一ダマができてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。そんなときは、マスカラが乾く前にコームでとかしてみてください。マスカラのダマの原因は、マスカラ液の劣化と付ける量が多いこと。これに注意しながらマスカラを塗ってみてくださいね。

これで今日からまつ毛美人!?ダマのないまつ毛へ

このように、マスカラをダマにしないためにはいくつかのコツがあります。なんとなく塗るよりかは手間がかかると思ってしまうかもしれませんが、キレイなまつ毛にするためにはひと手間を惜しまないことが大切です。ダマができて困っていた方は、ぜひ上記の方法を参考にしてみてください。まつ毛美人になって、自然な目力アップを目指しましょう。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
マスカラがダマになってしまう…!マスカラの上手な塗り方を公開
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

自分に合ったものってどれ!?化粧下地を上手に選ぶコツ

化粧下地を選ぶとき、あなたはどのような基準で選んでいますか?上手に選ぶコツをつかみ、より素肌美人になりましょう!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by辻岡 奈保美

【2017春夏新作】先手必勝!時間を味方にする「KANEBO」のスキンケア...

2017年春、「KANEBO」が提案するスキンケアのメインテーマは「一月(ひとつき)のリズム」。適切なタイミングでケアをする「時間美容」を取り入れて、感動的な美肌を手に入れようというもの。また、メイクアップの考え方は「たおやかで凛とした普遍的な美しさ」。特に「肌」と「ライン」を重要要素としてつ...

by西田 彩花

冬といえばマットアイメイク!上手に仕上げる方法とは?

冬は、こっくりとした色合いのカラーでマットな質感をメイクしたくなりますよね。マットメイクは、カラー選びや塗り方を間違えると野暮ったい印象になってしまいがちです。失敗しにくいコツをお伝えします。

by二神 健一

新しい季節はメイクで好印象に!新社会人・転職…時短メイクでイメージアップが...

新生活!スーツにも私服にも似合うメイクをしたいですね。新たな人に会う機会が増える時期なので、オフィスでも浮かないメイクをしたい、でもキレイに見られたい、と思う女性は多いはず。今回は、メイク崩れしにくく印象を変えられるポイントを紹介いたします。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す