2016年12月7日 更新

選び方もつけ方も違う!?一重・奥二重の方のつけまつ毛術

選び方もつけ方も違う!?一重・奥二重の方のつけまつ毛術

つけまつ毛はナチュラルに目力をアップさせるアイテムです。でも、一重の方と奥二重と、二重の方ではそれぞれ選び方やつけ方が違うと知っていましたか?雑誌の真似をしても上手につけられなかった方も、このつけまつ毛術をマスターして、チャレンジしてみてください。

雑誌に載っているつけまつ毛のつけ方は主に二重の方向け

最近はナチュラル志向のアイメイク。
つけまつ毛も自然なつけ方が流行しています。

一重の方や奥二重の方も、つけまつ毛にチャレンジしてみたことがあるのではないでしょうか?
しかし、よく雑誌に掲載されているつけまつ毛のつけ方は、二重の方向けだと知っていましたか?
目の形が違うと、つけ方はもちろん、選び方も異なります。

雑誌を見てつけまつ毛をつけてみたけれど上手くいかなかったという方は、もしかしたらその選び方やつけ方が間違っているのかもしれません。

もちろん一重・奥二重の方も、つけまつ毛を楽しむことはできます。
ナチュラルに目力をアップさせてみましょう。

一重の方のつけまつ毛術

つけまつ毛の選び方

一重の方は、目が細く見えてしまうことがあります。
そのため、つけまつ毛は、黒目がちに見せてくれるタイプを選ぶとよいでしょう。

中央部分、すなわち黒目の上にくる部分が長くなっているタイプがおすすめです。
さらに、軸の部分がやや太めなものがベター。
アイライン効果が期待でき、目を大きく見せる効果が期待できるからです。

ただし、軸が太すぎると目が痛くなってしまうことがあるので、実際につけてみて負担が少ないものを常用しましょう。

一重の方が、目尻の長いつけまつ毛を使うと、つり目が強調されて見えてしまうことがあります。
目を丸く見せることを意識してみましょう。

つけまつ毛のつけ方

まず、ノリをつけていない状態で、つけまつ毛を目に当ててみましょう。
目の幅とつけまつ毛の長さが合うかどうかをチェックするのです。
このとき、ピンセットを使うとやりやすいですよ。

目に当ててみて、つけまつ毛の方が長かったら目尻側をカットします。
目にぴったり合うように切るのがポイントです。

長さを調整したら、つけまつ毛にノリを塗りましょう。筆タイプのノリが便利です。
目頭側は取れやすいので、重ねづけしてください。

全体に塗れたら、一旦少し乾かします。
優しく息を吹きかけて、ノリが透明になる程度になるまで乾かすとよいでしょう。

つけまつ毛をつけるときは、中央部分をピンセットで持ちます。
そのまま黒目の上に持ってきて、中央部分を固定しましょう。

中央に続いて目頭、目尻、の順に固定していきます。
この順番でつけると失敗しづらく、目にしっかりとフィットするのです。

目尻の角度はたれ目っぽくなるよう下がり気味につけます。
目の形に合わせるとキツく見えてしまうかもしれないので注意してください。

つけまつ毛を固定したら、リキッドアイライナーでノリ部分を埋めていきます。
最後に、ホットビューラーで自まつ毛とつけまつ毛のカールの角度を合わせたら完成です。

奥二重の方のつけまつ毛術

つけまつ毛をつける下準備

奥二重の方は、まぶたの目頭部分が重なっているため、そこがつけにくくとれやすい場所です。
目尻のみにつけると自然に仕上がりそうですよ。

目尻用のつけまつ毛も発売されていますが、普通のつけまつ毛をカットして使ってみると、自然な長さが出るのでおすすめです。

つけまつ毛を使うのは片目用のみ。
真ん中部分を5ミリ程度切って、両端をそれぞれ右目と左目に使います。
経済的でもあるので、ぜひ試してみてください。

つけまつ毛のつけ方

カットしたつけまつ毛の根元にノリをつけ、一重の方と同じように少し乾かしてください。
つけるときのポイントは、目尻から少しだけはみ出るくらいの位置にオンすることです。
そうすることで、目の幅が広がって見え、自然に目力が出せます。

つける角度はたれ目になるようにしてください。
一重の方と同様、つり目を強調しないようにするのがコツです。

つけまつ毛を固定したら、黒のリキッドアイライナーでノリ部分をカモフラージュしてください。
奥二重の方も、ホットビューラーで自まつ毛になじませるのを忘れずに。

自分の目の形を最大限に活かしてみましょう

一重・奥二重の方はアイメイクが難しいと思いがちですが、自分に合ったメイクをすれば、魅力を存分に引き出せます。

つけまつ毛も、二重の方向けのやり方を見ながらチャレンジするのではなく、自分の目の形に合ったやり方をマスターしてみましょう。
自然に目力がアップして、愛らしい目元になれるかもしれませんよ。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
選び方もつけ方も違う!?一重・奥二重の方のつけまつ毛術
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

自分に合ったものってどれ!?化粧下地を上手に選ぶコツ

化粧下地を選ぶとき、あなたはどのような基準で選んでいますか?上手に選ぶコツをつかみ、より素肌美人になりましょう!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

ハイライトは立体感を出すためだけのものじゃなかった!?上手に活用して美人顔に♡

あなたはハイライトを使っていますか?使っているという方。何のために使っていますか?立体感を出すためと仰る方も多いでしょう。しかし、ハイライトの効果はそれだけではありません。そこで、どこにハイライトを入れればどんな効果が出るのかをご紹介します。

by@みきてぃ

シーズン到来!ブライダルゲストの洗練ファッション&メイクビューティーマナー...

あっという間に2月も終わり、春の足音が聞こえてくるシーズンの到来ですね。それとともに増えるのが結婚式や披露宴の招待状だという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、ブライダル業界のプロでもある筆者が、一体どのような服装やメイクが他者とは一味違う洗練された美しさに見えるのかをお伝えします。

by濱田文恵

夏のデート前に♡彼に会うために学んでおきたいベースメイクテク

夏の暑い日差しの下では、どうしても汗をかいてしまいますよね。せっかく彼のために一生懸命したお化粧でも、大量の汗でファンデーションが原因でかえってドロドロ顔に……!そんな状態では、デート中にこっそり隣をのぞいた彼はガッカリすること間違いなしです。そんなことにならないために、ladyのたしなみとし...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す