2016年9月6日 更新

どちらが愛を告白する日?ハンガリーのバレンタイン&チョコレート事情

どちらが愛を告白する日?ハンガリーのバレンタイン&チョコレート事情

2月のメインイベントといえばバレンタイン。筆者の暮らすハンガリーでは、どのくらい盛り上がる行事なのか、この国のバレンタイン事情をレポートします。また、バレンタインといえばチョコレート。最近はチョコレートに含まれる「カカオ」の美容効果がだいぶ知られてきましたが、ハンガリーの人たちはそんなチョコレートが大好き。チョコレートは彼らにとって、どんなスイーツなのか、街中やお宅で見かけたチョコレートのある風景とともにお伝えします。

もうすぐバレンタイン

いよいよ2月になりました。
バレンタイン・デーはもうすぐですね♪
筆者が暮らす中欧の国ハンガリーでも、バレンタインの風習はもちろんあります。

ハンガリーのバレンタインは男女どちらが告白する日?

バレンタインのとき、片想い中の人であれば気になるのが、「愛の告白」が成功するかどうかということでしょう。
日本ではバレンタインデーは、女性から男性へ愛の告白をする日。
女性たちは意中の男性へ愛の告白をすると同時に、チョコレートを渡しますよね。

ハンガリーのバレンタインは、というと、日本のように「女性から男性に愛を告白する日」ではなく、男性が好きな女性にプレゼントを贈るのが一般的。
また、恋人や夫婦であれば、男女両方がお互いを想ってプレゼントを贈り合うことが多いです。

美容にうれしいハチミツ入り!愛の告白とともに添えたいクッキー

©FinoMagazin
出典 :
©FinoMagazin

壁に飾られたハート型のクッキーたち。
よく見ると、クッキーの表面にさまざまなイラストや文字が書かれているものがありますよね。
これらは、「mézeskalács szív(メーザシュカラーチ・スィーブ)」という名前のクッキー。
ジンジャーブレッドクッキー、ハニークッキーとも呼ばれています。

以前、ハンガリーのハチミツについて、その美容にいいスーパーフードぶりをお伝えしましたが、このクッキーもハチミツを使ってほのかな甘さを出しているので、とってもヘルシー。
ハンガリーの人たちは、大切な相手へプレゼントするときに、このメーザシュカラーチ・スィーブを添えて贈ります。

このクッキーには、「私にとってあなたは特別な存在ですよ」という意味があり、クッキーの表面には、贈る相手の名を入れる人もいれば、ストレートに「愛してる」のメッセージを入れる人も…。

親愛なる気持ちを相手に強く伝えることができ、メッセンジャーの役目を果たしてくれる嬉しいお菓子。
バレンタインのときも同様に、チョコレートやその他のメインのギフトとともに、このクッキーを添えて贈るのがハンガリー流です。

ハンガリーでいかにハチミツが使われているか、また、その美容・健康への効果についてはこちらの記事をご覧ください。(前編)
(後編)

ハンガリー国民に親しまれているmerci(メルシー)チョコレート

©FinoMagazin
出典 :
©FinoMagazin

上の写真は「merci」という名前のミルクチョコレート。
merciは、ハンガリーの田舎町にある小さなお店でも見かけるほど、人々に親しまれているチョコレートです。

パッケージを開けると、8つの色違いの包装紙に包まれたスティック状のチョコレートが現れるという、8種類のフレーバーが楽しめるチョコレートなんです。
中身は、ミルクチョコレート、コーヒー、ナッツ、アーモンド、ヘーゼルナッツクリーム、マジパン、ダークチョコレート、ココアホイップクリーム。

8種類のチョコレートが楽しめて、なおかつ値段がとてもリーズナブルなmerciチョコレート。
ハンガリーの人々はバレンタインのときに、甘くておいしいトカイワインなどメインのギフトとともにこのmerciを添えて贈る人が多いようです。

クリスチャンが多いハンガリーの街中にはチョコレートがあふれている!?

©FinoMagazin
出典 :
©FinoMagazin

キリスト教徒が国民の約8割を占めるハンガリー。
ここでは、イースター祭やクリスマスをはじめ、キリスト教にまつわる行事が色々あります。
キリスト教圏独自の風習というと、みなさんはネームデーという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ハンガリーでは、人それぞれにネームデーというものがあり、例えばラスローさんという名前の男性は、6月27日がネームデーに当たります。
その日になると、周囲の人たちがお誕生日のときと同様にお祝いしてくれるのです。

そんなネームデーや誕生日、イースターなど、バレンタインはもちろん、年中行事には必ずといっていいほど、チョコレートをプレゼントとして贈る人がこの国にはたくさんいます。

写真は、初夏にブダペストの大きな公園内で開催されていたワイン・フェスティバルの1コマ。
真ん中の列に並んでいるのがチョコレートです。
このように、チョコレートが融けやすい季節であろうとお構いなし!
ハンガリーの人たちにとっては、いつも身近にあるスイーツ、それがチョコレートなのです。

チョコレート<カカオ>の驚くべき美肌効果

FinoMagazin | ハンガリーのバレンタイン事情&人気のチョコ・ブランド Valentine’s Day Chocolates

カラフルなチョコレートの山をたくさん見かけることも!

カラフルにコーティングされたチョコレートの山々!
こちらの写真は、昨年末ブダペスト市内で行われていたクリスマス・マーケットのスナップ。
祭事のときは必ずといっていいほど、チョコレートが種類豊富にたくさん並んでいるお店を見つけることができます。

とってもおいしくて、やみつきになってしまいそうなチョコレート。
ただ、人によっては、チョコレート=太るといったイメージを持つ人も多く、苦手な方も多いかもしれません。

もし、ご自身や、またパートナーが、チョコレートの甘さに少し抵抗がある場合、砂糖の量が少なく、カカオの多いダークチョコレートを選んでみるといいですよ。

チョコレートにはカカオポリフェノールが多く含まれ、板チョコ半分のサイズ(約100g)を食べることで、ワインの2倍、また、緑茶の5倍にあたる「抗酸化」効果が得られるといわれています!
また、ポリフェノールは殺菌作用も持つので、生活の乱れ(睡眠不足)やストレスがもたらす、ニキビや肌荒れにも効果があるそうです。

意外に思われるかもしれませんが、もともとチョコレートはその万能ぶりから古来、人々の間で薬のように処方されていた時代もあるのだとか。
最後に少し、チョコレートのカカオポリフェノールの美容と健康効果についてお伝えしました。

チョコレートの本場、ベルギーの人たちに負けないくらい、チョコレートが大好きな国民ばかりのハンガリーという国。
次回もバレンタインにちなんで、この国の人々から大人気のチョコレート・ブランドを特集したいと思いますので、どうぞお楽しみに♪

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ハンガリー在住コラムニスト ネイル・コスメブランド “Moyra” プレス。ハンガリー情報ウェブササイト“FinoMagazin”(フィノマガジン)編集長。Yahoo! Beauty &TRILLライター、住まいの大学インテリア講師、ワインアドバイザー(Wine & Spirits Education Trust認定ハイアー・サーティフケート)、コピーライター、ディレクター...
どちらが愛を告白する日?ハンガリーのバレンタイン&チョコレート事情
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

Papp Hidekoさんの新着コラム

Body Care

byPapp Hideko

エイジングケアも!?ラドン温泉発祥の地オーストリア「バドガシュタイン」

美肌と健康効果で知られるラドン温泉。その発祥の地と言われる場所がオーストリアにあります。今回はオーストリアの名湯「バドガシュタイン」という温泉地と、ラドン温泉の効能についてご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by猪又 一志

秋登山のすすめ

秋といえば「燃えるような紅葉」ではないでしょうか? 街路樹などでも十分紅葉は満喫できるのですが、せっかくなら見渡す限り秋色の世界へ出かけてみてはいかがでしょうか。登山は運動しながらキレイな景色を楽しむことができる、秋にピッタリのアクティビティですよ。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す