2016年12月7日 更新

目指せ爪美人♡爪にいい栄養素って?その効果とは?

目指せ爪美人♡爪にいい栄養素って?その効果とは?

今オシャレをする上で欠かせないネイルアート、外見的なケアはもちろんですが内面からのケアも同時に行ってあげるとネイルの持ちもよくなりいいことがたくさん!是非トライしてみましょう。

爪の主成分はケラチン!まずはタンパク質を取り入れよう♡

爪は、ケラチンというタンパク質が変化したものです。これは髪の毛も同様で、爪にいい成分は髪にもよく、髪にいい成分は爪にもいいといえます。
動物性タンパク質の肉類や魚介類は爪に張りや弾力を与え、植物性タンパク質の大豆やジャガイモなどは爪を強く丈夫にする効果があるといわれています。

お肌にもとてもいい!ビタミン群

《ビタミンA》
ビタミンAには抗酸化作用が多く含まれており、こちらも薄い爪を丈夫にしてくれます。
ビタミンAを含む食べ物…レバー・ウナギ・卵黄・緑黄色野菜など

《ビオチン(ビタミンB7、ビタミンH)》
ビオチンには疲労回復効果があり、爪の細胞の成長を活発にしてくれるので弱っている爪に強度もつきます。
ビオチンを含む食べ物…イワシ・バナナ・豆類・タマネギなど

《ビタミンC》
ビタミンCは肌を整えてくれるため、ささくれにとても効果的です。熱に弱い栄養分なので調理をする際はお気をつけください。
ビタミンCを含む食べ物…ピーマン・トマト・果物類など

体全体にとてもいい効果が期待できるミネラル

《カルシウム》
健康的な爪や歯、骨を形成する上で必要不可欠なカルシウム。不足してしまうと骨粗相症などの病気の原因にもなりかねません。積極的に取り入れていきたい栄養素ですね。
カルシウムを含む食べ物…乳製品・豆腐・大豆・ブロッコリーなど

《マグネシウム》
筋肉や関節神経の機能を向上させてくれる働きがあり、爪が伸びていく際にも効果があります。
マグネシウムを含む食べ物…豆乳・にがり・海藻類など

《亜鉛》
爪や皮膚の新陳代謝を活性化してくれます。そのため、継続的に摂取することで爪が丈夫に生え変わっていくだけではなく肌のターンオーバーにも有効です。
亜鉛を含む食べ物…牡蠣・卵・カボチャなど

爪は健康のバロメーター

病院へ行ったときに爪をチェックされたことはありませんか?
実は、爪は体調や食生活がそのまま現れる部位でもあるのです。
縦すじ、横すじ、斑点などにはそれぞれ原因があり、体調が優れないと感じるときほど症状は出やすいものです。日ごろからチェックをしつつ、しっかりと栄養素を摂取してあげれば、美しい爪に生え変わるだけではなく、自身の健康にも繋がっていくので、是非意識してみてくださいね。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ネイリスト、サロン衛生管理士、ネイルインストラクター、サロンモデル 長年のネイリスト経験中、最初は手に関する質問が多い中、お客様への的確なアドバイスの為幅広く美容を研究。オーストラリアでの留学をきっかけに他国の情報にも興味を持ち、旬な美容情報や女性が輝く為のサポートとして記事を執筆。 Myinstagram☝︎http://instagram.com/miku.k0815
目指せ爪美人♡爪にいい栄養素って?その効果とは?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

小林未来さんの新着コラム

Nail

by小林未来

次のネイルデザインはもう決まった?要チェック♡秋冬ネイルカタログ

どんどん寒くなってきて、街を歩く人々も暖かい格好の方が増えてきましたね♪ネイルも秋デザインにしている方も多いでしょう。今年の秋冬はどんなデザインにしよう…と悩んでいる方へ、この秋冬にオススメのネイルデザインをご紹介します♪

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す