2016年9月6日 更新

オシャレ度大幅アップ!夏はカラーペンシルを使いこなそう!

オシャレ度大幅アップ!夏はカラーペンシルを使いこなそう!

ヌーディなエフォートレスメイクのトレンドは現在も続行中。けれども夏はやはりカラーメイクを楽しみたいですよね。今回はたった数センチでオシャレ度がぐっとアップする「カラーペンシル」の活用術を肌やシーン別にご紹介。夏のアクセントとしてぜひ取り入れてみて。

魅惑的なバイオレット

https://jp.pinterest.com/

「カラーペンシル初心者だから、難易度高めのカラーはハードルが高いかも……!」そんな方はぜひバイオレットにトライしてみてください。

ポイントとしては濃いパープルではなく、少し明るめのバイオレット(すみれ)色をチョイスするということ。ぼかすことなく、あえてペンシルの線を目立たせるように引くと、夏の夜にふさわしいゴージャスな印象を作ることができます。

ネイルやお洋服、アクセサリーなどとコーディネートすると浮き立つこともなく、自然になじみますよ。

夏にぴったり!涼しげブルー

https://jp.pinterest.com/

フランスでのバカンスメイクの定番といえば、ブルーのカラーペンシル。ブルーといっても様々な色がありますが今年風のカラーは、水色に近いパステル系。こなれた雰囲気を印象することができます。

街中で試すには「ちょっぴり勇気がいる……」という方は水着とのコーディネートがぴったり。パステル調のブルーが夏風に似合うフェイス作りに一役買ってくれます。

すっきり爽やか!ハーブグリーン

https://jp.pinterest.com/

ありきたりな色じゃつまらない!と感じるファッショニスタは、スモーキーなハーブグリーンはいかが? ポイントは明るめのグリーンではなく、やや黄味がかったカラーをセレクトするということ。

このカラーは焼けた肌にはリッチな印象を、白い肌には透明感をもたらせてくれる不思議なカラー。夏のウイッシュリストにぜひ入れてみてください。

カラーペンシルを主役にしょう!

https://jp.pinterest.com/

カラーペンシルは濃淡などを自由に操ることができ、発色が豊かなのが大きな魅力。カラーペンシルの色味を主役に、ぜひファッションと組み合わせてコーディネートを楽しんでみてくださいね。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
日仏ハーフの海外美容家。 小学館、集英社の美容誌を経て独立。日本や海外の美容誌やウェブサイトをメインに、取材の現場で得たビューティメソッドや、フランスの最新美容情報などを中心に執筆中。また、日常に美しいものや心地良いものを取り入れる『Bien-Être (心身美容)』を提唱しており、美容セミナーや化粧品コンサルティングをはじめ、ラジオ出演などのメディア活動も積極的に行っている。
オシャレ度大幅アップ!夏はカラーペンシルを使いこなそう!
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

小西 俐舞 ナタリーさんの新着コラム

by小西 俐舞 ナタリー

働く女性ほどブラウンマスカラを!陰影豊かなやさしげアイの作り方♡

マスカラは断然ブラック派!という方、きっと多いかもしれません。けれども目を大きく見せたいがゆえに、塗りすぎて逆に目を小粒に見せてしまっているとしたら…?そこで投入したいのが「ブラウンマスカラ」。優しいまなざしのみならず目まわりを美しくしてくれるので、使わない手はありません!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

目力アップに欠かせない!?イマドキ風の囲み目メイクってどんなもの?

囲み目メイクは少し前に流行しましたが、今はナチュラルメイク志向。でも、囲み目メイクが目力アップの元だったという方も少なくないのではないでしょうか?古いメイクはしたくないけれど、目力はアップさせたい…。そんな方のためにイマドキ風の囲み目メイク方法をご紹介します。

by西田 彩花

奥二重さんは二重メイクグッズを使うのが難しい!?上手に使う方法とは

二重ノリやアイテープなど、二重メイクグッズは多く発売されています。パッチリとした二重まぶたに憧れている一重まぶたの方や奥二重の方も多いのではないでしょうか。しかし、奥二重の方は一重まぶたの方よりも二重メイクグッズを使うのが難しいのです。それはなぜ?そして、どのようにすればキレイに二重まぶたを作...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す