2016年12月8日 更新

人気No.1とウワサの”ココナッツオイル”を気軽に美味しくいただく方法

人気No.1とウワサの”ココナッツオイル”を気軽に美味しくいただく方法

ココナッツオイルの大ブームが継続中です。ココナッツオイルには、美容や健康にたしかな手ごたえをもたらしてくれる効能が満載なんです。ここでは、ココナッツオイルの正しい選び方や保存方法、そして食品として毎日無理なく美味しくいただくアイデアをご紹介します。

そもそもココナッツオイルってなんで流行しているの?

ココナッツオイルの人気が急速に広まったのは2013年、ミランダ・カーが美容と健康のために愛用していると絶賛し始めてからだというのはご存知の方も多いでしょう。同じくビューティーアイコンとして女性に大人気のローラも、テレビ番組やインスタグラムなどでココナッツオイルを使った料理を紹介しています。ココナッツオイルなくして美容や健康は語れないというほど、人気が広まりました。

ココナッツオイルが身体にいいのはなぜ?

ココナッツオイルが身体にいいといわれるポイントは以下のとおりです。

1.ダイエットにいい
ココナッツオイルの60%以上は中鎖脂肪酸です。中鎖脂肪酸は、体内に脂肪として蓄積されないだけでなく、体にある余分な脂肪をからめ取り、一緒に燃焼させてくれる効果があります。ダイエットにいいといわれるのはそのためです。

2.エイジングケアできる
ココナッツオイルは、体内をサビつかせる活性酸素の発生を抑制してくれるため、エイジングケアも可能です。

3.食物繊維が豊富で便秘解消に期待できる
ココナッツオイルは食物繊維が豊富なことでも知られ、継続的な摂取で便秘予防の効果を期待できます。

4.免疫力を高める
ココナッツオイルには、母乳に多く含まれるラウリン酸が多く含まれていて、ウイルスへの抗酸化作用により免疫力を高めてくれます。

5.脳の働きを高める
ココナッツオイルには、一緒に食べたものをケトン体に変換させてくれる働きがあります。ケトン体はブドウ糖に替わって脳を働かせてくれるもの。ですので、認知症の予防や症状の改善にも効果があるといわれています。

6.皮膚や髪のケアができる
ココナッツオイルの中鎖脂肪酸には代謝促進効果があるため、傷んだ髪や肌に塗ってもケア効果があります。

まさに、全方位からエイジングケアをサポートしてくれる万能オイルとして、すでに生活の一部に取り入れている人が続出中なんです。

ココナッツオイルは固めて保存してもOK

さて、そんなココナッツオイル、ジャータイプの瓶に入って販売されていることがほとんどです。気温が低いとカチカチに固まり、暑い季節にはドロドロに溶けてしまうので、どうやって保存していいかよくわかならないという方に、まずは便利な方法をご紹介します。

ココナッツオイルの特長として、酸化しにくく熱に強いということが挙げられます。また、溶けやすく固まりやすいという性質から、液状化したオイルをキューブ型に入れて固めて保存するという方法が、のちのち使いやすくておすすめです。
良質なものを選べば、溶かしたり固めたりを繰り返しても品質は変わらないのでご安心を。ただし、型に入れる際、水が混じってしまうとオイルの劣化は避けられないので取扱いには注意してください。

簡単な保存方法はコチラです。ぜひご参考ください。

★ココナッツオイルのキューブ保存方法★

1.溶かして液状になったココナッツオイルを、製氷用のトレイにスプーンですくって入れる。

2.冷蔵庫で3時間程度固める。

3.冷蔵庫からキューブ型を取り出す。

4.固まったココナッツオイルをポンと取り出せば、キューブ型ココナッツオイルの出来上がり。

5.密閉容器に入れて保存する。

適量をすぐに取り出せるので便利です。夏場はすぐに溶けてしまうので、容器を室内に置きっぱなしにしないように注意してくださいね。冷蔵庫での保存がおすすめです。

液体で使うのに便利なオイルポットでの保存

ココナッツオイルには、溶けて液体になりやすいという特徴があります。気温の高い季節に室内で固まることはまずないので、オイルポットに入れて保存する方法もおすすめです。

ココナッツオイルの正しい選び方

ココナッツオイル美容法の成功のコツは、とにかく良質なエキストラバージンココナッツオイルをチョイスすること。これに尽きます。さらに有機(オーガニック)であること、中鎖脂肪酸が50~70%程度含まれていることが最低条件です。

ココナッツオイルの日常での使い方

身体にいいココナッツオイルでも、毎日のように摂取しなければその効果はあまり期待できません。
キューブ型にしたココナッツオイルは、適量をそのまま使うことができるのもおすすめポイントなんです。コーヒーに入れたり、バター代わりにトーストに塗ったり、いつものカレーにトッピングしたり、スムージーに入れるなど。
日常に取り入れるのが気長に続けるコツです。ちなみに、固まったココナッツオイルを液体で使用したいときは、湯せんで溶かしてくださいね。電子レンジは引火の危険があるのでNGです。

こちらは、簡単なおすすめ調理レシピです。

バナナとニンジンとココナッツオイルのスムージー

【材料】
バナナ:1本
ニンジン:1/3本
ココナッツオイル:大さじ1
水:140cc

【作り方】
材料をミキサーやバーミックスで2-3分撹拌させるだけ!!
朝食にぴったりのコクのあるスムージーです。

ココナッツオイル特有の香りが苦手な方はパンやクッキーに

ココナッツオイルの甘い香りが苦手だという方は、パンやクッキーに入れて焼く方法をおすすめします。ほんのり香るココナッツと砂糖の甘みは相性抜群!ただし、小麦粉はグルテンフリーダイエットの考え方に反するので、ストイックなダイエット中の方には、この方法は向きません。ご注意くださいね。

熱に強いから炒めもの調理にも相性抜群

ココナッツオイルの魅力は、炒めもの調理に適しているということです。たとえばナスなど、油分を多く吸い込みやすい性質のものを調理するときに、思いっきりその真価を発揮してくれます。出汁しょうゆの風味との組み合わせは、ココナッツオイルの香りが苦手な方も受け入れやすい、日本人向きの味つけに変身させてくれます。麺つゆなどを使えば、調理も簡単!忙しい毎日の食卓にぴったりです。

おすすめのレシピはコチラです。

★ココナッツの香り漂う♪ナスと厚揚げの南国煮♡★

【材料】
ナス:3本
厚揚げ:1枚
ホウレン草:3束
ココナッツオイル:大さじ3
二倍濃縮の麺つゆ:40cc

【作り方】
1.ナスは縦にカットして水に浸しておく。

2.厚揚げは、油抜きしてカットする。
厚揚げは、水に浸してかたく絞ったクッキングペーパーでくるんで、電子レンジ(500W推奨)で1分程度温めると、簡単に油抜きができます。油抜き後は、1.5cm角(食べやすい大きさ)にカットします。

3.ホウレン草をカットする。

4.ココナッツオイルをフライパンに入れる。

5.フライパンにナスを入れる。
ナスがしんなりするまで3~5分程度中火にかけ、様子を見ながら焦げないように炒めます。

6.水抜きしてカットした厚揚げをフライパンに入れる。

7.麺つゆを投入して煮るように炒める。

8.最後にホウレン草を入れる。
1~2分程度炒めて、ホウレン草がしんなりして全体に麺つゆの色味が行きわたったら出来上がりです。

万能さがココナッツオイルの魅力

いかがでしたか?今回は、主に食品として使用する方法をご紹介しましたが、そのほかにも、ヘアケアやスキンケア、口腔内ケアなど、さまざまな美容法・健康法に用いることができます。まさに、スーパーフードといえそうですね。
毎日の食生活やケアにもっと気軽にココナッツオイルを取り入れて、さらなる健康美を手に入れてくださいね♪

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
斎藤明子
美容ライター/ヘルスフードカウンセラー(ライター・編集者) 日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ。ヘルスフードカウンセラー協会会員。 大学卒業後、コピーライターとして広告代理店に勤務。大手企業の広告制作、PR誌編集の経験を積みフリーランスのライターに。外側と内側・両面からのアプローチによるエイジングケア&ビューティ情報を、雑誌・Webマガジン等にて多数発信中。
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

斎藤明子さんの新着コラム

Skin Care

by斎藤明子

やっぱり効く!オメガ3系脂肪酸アマニ油が内側からの乾燥ケアにいい理由とは 

本格的な冬が到来!空気の乾燥が気になるこの季節、本質的にお肌の乾燥に備えたいと思うのなら、食事や栄養摂取といった内側からのケアも大切です。特にいいとされている栄養素はオメガ3系脂肪酸だということをご存知ですか?オメガ3系脂肪酸がお肌の乾燥対策に有効であるという理由を探ってみました。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

byPapp Hideko

美と健康の秘訣は“水まわり”にあり!ナチュラル美人が実践する【水まわりのイ...

肌にハリやツヤのあって、健康的で美しい女性たち。日頃からスキンケアにこだわりがあるのはもちろんのこと、美容健康の意識が高い人ほど水回りをキレイに使用していることが多いそう。ハンガリーの人気デザイナーさんのお宅をご覧にいただき、健やかな美肌が生まれる【水回りのインテリア】を説明します。

Body Care

by髙橋 志保

皮下脂肪さようなら!マカダミアナッツオイルで脱メタボ予備軍!

アルガンオイル、ココナッツオイルなど海外セレブが愛用していることで広がってきたオイルケア。マカダミアナッツオイルもまた優れたパワーの持ち主です。冬の間にしっかりついてしまった皮下脂肪対策に、そしてインナービューティーにも大活躍します。

Body Care

byPapp Hideko

ハンガリーの名産品・パプリカのダイエット効果とは? 

ローカロリーでダイエット・フードとしても重宝される野菜のパプリカ。パプリカの生産量において、世界一広い生産面積と消費量を誇るのがハンガリーという国なのです。ハンガリーの代表的な名産品でもあるパプリカのダイエット効果について調べてみました。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す