2016年9月6日 更新

美女はいい油を摂っている!油を替えて美女になる方法

美女はいい油を摂っている!油を替えて美女になる方法

「油」と聞くとどんなイメージを持ちますか? なんとなく、肌や身体に悪そうなイメージを持つ方もいるのではないでしょうか? しかしながら本来「油」は私たちの細胞に不可欠なもの。おブスのもととなる「悪い油」と美女のもととなる「いい油」を知り、「油のとり方」を変えていくことで、驚くべき美容効果を得ることができます。

おブスになるかも!美容に悪い油とは

世の中にはたしかに、私たちの健康を損ねる「悪い油」というものも存在します。それらを摂りすぎると、細胞にダメージを与えたり、老化を促進させたり生活習慣病の原因になる可能性があります。おブスになるばかりか、健康面でも悪影響があるんですね。

ではその代表的なものを紹介します。

●トランス脂肪酸
欧米諸国では、すでに使用禁止、あるいは規制されているトランス脂肪酸。日本には未だ何も規制はありません。加工食品などに多く含まれるので、意識して極力避けるようにしましょう。
トランス脂肪酸が含まれるものの代表的な例は
マーガリン、スナック菓子、揚げ物、ファーストフード、コーヒーフレッシュなどが挙げられます。
セルライトの原因になるともいわれていますので、注意しましょう。

●動物性脂肪
牛肉や豚肉、乳脂肪に含まれる動物性脂肪も、摂りすぎることで動脈硬化などの生活習慣病の原因になります。
調理する際は脂身などは極力切り落としましょう。

積極的に摂りたい!美人になるいい油とは

また、世の中には、美容と健康に「いい油」というものもたしかに存在します。
最近では「ココナッツオイル」がブームになりましたね。
それ以外にも、積極的に摂取することで肌がつややかになり、細胞の代謝を促進するなど、摂ると美人になる「いい油」を紹介いたします。

●美人の油「オメガ3」
全身から脳まで老化防止が期待できるこの油。意識しないとどうしても不足しがちですが、私たちの体内では作りだすことのできない油なので、積極的に食事で摂取しましょう。
多く含まれるものとして、青魚や鮭、大豆製品などがあります。

●身近な美人の味方「オメガ9」
こちらも美容にいい油として有名ですね。善玉菌を増やしたり、代謝を促進する効果が期待できます。
多く含まれるものとしては、オリーブオイルやアボカド、アーモンドなどが挙げられます。

たとえば、サーモンとアボカドのオリーブオイルのカルパッチョ…といったメニューはまさに、美人のためのレシピ!日常的に摂取したいですね。
悪い油をやめていい油を摂取するだけで、素晴らしい美容効果が期待できます。
ぜひみなさんも試してみてくださいね。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Aromaura(アロマーラ)
エステティシャン アロマ・カラーセラピスト 日本エステティック業協会 認定講師 日本アロマコーディネーター協会 インストラクター TCカラーセラピスト ブライダルビューティアドバイザー 大手エステ会社にてサロン責任者として、数多くのお客様の美の願望を叶えることに従事。その後はインストラクターとして、現在までに1000人近いエステティシャンの育成を行う。 美しさは内面から...
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

Aromaura(アロマーラ)さんの新着コラム

Skin Care

byAromaura(アロマーラ)

あらゆる老化肌トラブルを制す!今こそピーリング美容を取り入れよう!

女性ならだれもが抱えるお肌のトラブル。とくに、年齢を重ねれば重ねるほど、美肌への願望は高まるものですよね。シワ・たるみ・シミ・くすみ・毛穴など、気になることはたくさん。じつは、そのすべてに効果を発揮するのが、「ピーリング美容」なんです!今回は、美人なら知っておきたい、「ピーリング美容」についてお伝えします。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

by濱田文恵

速報!一足先に知っておけばもう安心!夏太りしないために知っておきたい3大原因

夏に向けて一生懸命ダイエットを頑張った方にも、引き続き夏のイベントに向けてダイエットをしている方にも朗報です。もしあなたが「夏は汗もかくし食欲も落ちるし、何もしなくても冬よりは痩せるでしょ...」なんて思っている方なら必見です!夏は冬より痩せやすいはず!といって油断をしてはいませんか?実は夏に...

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す