2016年12月7日 更新

あなたはNGメイクになっていない?奥二重のメイク方法を変えてみましょう

あなたはNGメイクになっていない?奥二重のメイク方法を変えてみましょう

日本人に最も多いといわれている奥二重。しかし、アイメイクがなかなかうなくいかないと悩んでいる方も多いようです。奥二重のアイメイク方法を間違えると、逆に目が小さく見えてしまうこともあります。今回は、そんなNGメイクとどうすればキレイなメイクに仕上がるのかをレクチャーします。

奥二重の方が二重の方と同じようにメイクをすると目が小さく見えることがある!?

雑誌を見てメイクを勉強する方も多いのではないでしょうか。でも、雑誌に出てくるモデルさんは大半がくっきり二重であることが多いですよね。二重まぶたの方のメイク方法を参考にしながら、奥二重の方がメイクをすると、逆に目が小さく見えてしまうことがあるのです。

今回は、どんなメイクが目を小さく見せてしまうのかを挙げ、どのように改善すればキレイに見えるかをお伝えします。奥二重の方で、自己流でメイクをしていた方は、ぜひチェックしてみてください。

アイラインを太くしてしまうとかえって目が小さく見える!?

とにかく目力をアップさせたいと考えている方は、アイラインに力を入れる方も多いのではないでしょうか?

しかし、奥二重の方は要注意です。アイラインを太く引くと、目のフレームが強調されて目力がアップしそうですが、実は逆効果かもしれません。奥二重の方は、二重の幅が細く存在します。アイラインを太く引いてしまうとその幅を狭めてしまい、目が小さく見えてしまう可能性があるのです。

奥二重の方は、目頭側を少し空けてアイラインをスタートさせると良いかもしれません。目の中央より少し目頭側から、まつ毛の隙間を埋めるようにしてアイラインを引いてみてください。まぶたを軽く持ち上げてから点を置くようにして引くと、上手に引きやすいですよ。

そうすると、二重の幅をつぶさずに、自然に目のフレームを強調することができるでしょう。奥二重の方は、極細ラインを入れた方が目力アップの効果が期待できるのです。

強調したいのは目尻!目尻のアイラインを短くしすぎていませんか?

奥二重の方は、切れ長の目の形をしている場合が多いです。目尻側に向かって二重の幅が広くなるので、目尻を強調した方がキュートなメイクを実現できるのです。

目尻のアイラインは、実際の目尻にプラス5ミリ程度描き足すのがおすすめです。そうすることで目の横幅を長く見せることができます。

目尻のアイラインで遊べるのは、奥二重の方ならでは。タレ目風にして優しげな印象にしても良いですし、キュッと跳ね上げてキャットアイを楽しんでも良いでしょう。

二重の方がオーバーにアイラインを引くと、派手な印象が強くなりがち。奥二重の方はそのような心配がいらず、目尻のアイラインの入れ方をその日の気分によって変えたり、イメージチェンジを楽しんでみるのも良いかもしれません。目尻のアイラインの引き方を変えるだけで目の形が変わったかのように見えるので、表情の印象を変えるのにも効果的です。

目を大きく見せるにはアイシャドウは正しい場所に!

アイシャドウパレットに入っている中間色は、二重の幅に入れるよう説明されることが多いです。しかし、奥二重の方が二重の幅に中間色を入れてしまうと、アイラインの理由と同様に、二重の幅がつぶれてしまい目が小さく見えることがあります。特に、濃いめのブラウンアイシャドウを使っているときは要注意。二重部分に濃いカラーを乗せると、引き締め効果のせいで目が小さく見えるかもしれないのです。

中間色は、二重の幅よりも2、3ミリ程度狭めに入れ、アイホールに入れるカラーと締め色を丁寧にグラデーションにしましょう。そうすることで、中間色の引き締め効果が半減し、目が大きく見えやすくなるのです。丁寧にグラデーションを作るのもポイントです。グラデーションがしっかり作れていると、二重の幅と目の際が強調されやすくなります。アイシャドウを丁寧にぼかせるよう、ブラシを使うと良いでしょう。

マスカラはボリュームタイプよりもロングタイプがおすすめ

目力アップのためにボリュームタイプのマスカラを使っている方もいるのではないでしょうか?しかし、ボリュームタイプのマスカラは、上まぶたをしっかりメイクするもの。こちらもアイラインと同様に、二重の幅を隠してしまう可能性があるのです。

そこでおすすめなのが、ロングタイプのマスカラ。キレイにセパレートする、繊維の入っていないタイプが良いでしょう。扇状の繊細なまつ毛を長くメイクすると、目の横幅も縦幅も出せるかもしれません。奥二重の方は、まぶたが重なっている部分があるのでマスカラが落ちやすいという特徴があります。繊維が入っているマスカラは、化粧崩れの原因になりやすいのです。

キレイなメイクを長く保つため、上記のようなマスカラを使ってみてはいかがでしょうか?

NGメイクを見直して!これからは自然に目力アップを

いくつかのNGポイントを挙げてみましたが、もしNGメイクをしていたならばメイク方法を少し変えてみましょう。

ナチュラルで大きい、魅力的な目を手に入れましょう♡

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
あなたはNGメイクになっていない?奥二重のメイク方法を変えてみましょう
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

アイライン・マスカラで印象は変わる!今日はどんな顔を目指したい?

アイシャドウのカラーを変えると顔の印象は随分変わりますが、アイラインやマスカラの塗り方を変えるだけでもイメージを変えることは可能。その日の気分によって、メイク方法を変えてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

囲み目メイクが流行の兆し!目力アップで今年の秋冬は攻めましょう

数年前に囲み目メイクが流行し、それからしばらくナチュラルアイメイクが主流になりました。しかし、また囲み目が流行の予感!そこで、今年らしい囲み目メイクをレクチャーします。

by小林 真奈

CHICCAと京漆器の老舗「象彦」の新ブランドから「CHICCA ファンデ...

メイクアップアーティスト吉川康雄(ヨシカワヤスオ)がブランドクリエイターを務める「CHICCA(キッカ)」と現代の視点で「和」をプロデュースする新ブランド「一六六一 KYOTO」とのコラボレーションが実現。 日本の“伝統美“と最先端のトレンドを発信する吉川氏の”モダンな感性“が融合したオリジ...

by西田 彩花

コンプレックスも長所に!?一重まぶたをパッチリ目に見せるアイメイク術

一重まぶたがコンプレックスだという方はいるのではないでしょうか。しかし、一重まぶたを活かしてパッチリとした愛らしい目元にすることも可能ですよ。今回は、そのメイク術を紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す