2016年12月7日 更新

知りたい!デイタイム&ナイトタイムアロマの活用法

知りたい!デイタイム&ナイトタイムアロマの活用法

いまやすっかり私たちの生活にも浸透したアロマテラピー。日本では、精油は雑貨としか扱われていなかったのですが、ここ最近はメディカルアロマという言葉が普及するようになり、病気の治癒のためや不眠症、認知症対策など、医療の現場でも使用されるようになりました。精油を普段から活用することで、脳を刺激し活性化させたり、リラックスさせられることがわかりつつあります。ところで、アロマには昼・夜それぞれに有効な香りがあるということをご存知でしょうか。シーンごとに使い分け活用して、暮らしにメリハリをつけましょう!

ワーキングタイムにおすすめ!デイタイムアロマ

仕事や勉強など、集中したいときに使うとよいアロマです。
これらの香りには、交感神経を刺激し脳を活性化させる効果が期待できるといえます。

1.ローズマリー

集中力の向上、記憶力の向上に活用されるほか、肝臓への強壮作用、胆汁分泌促進作用があります。
胆汁には脂肪の分解を促進する働きがあるのですが、この香りはその胆汁の分泌を促すので、ダイエットにも活かせるともいえます。
キャリアオイルに薄めて、セルライトが気になるところをセルフトリートメントするとよいでしょう。

2.レモン

気分をリフレッシュさせる作用のあるおなじみのこの香りは、集中力や記憶力の向上のためにも活用されています。
また、脂っこい食事をした後の消化を助けたり、肝臓の機能を強化してくれる働きもあります。

レモンはもちろん、ほかの柑橘系の精油にも、毛細血管を広げて血流をよくする作用がありますので、冷え症の方のフットバスなどにもおすすめです。
爽やかな香りは昼間のリフレッシュにぴったりの精油です。

くつろぎタイムにおすすめ!ナイトアロマ

副交感神経を刺激し、リラックスしてぐっすり眠れるように導いてくれます。
お風呂でリラックスした後、就寝までの時間、就寝時に枕元などで香らせるとよいでしょう。

1.ラベンダー

鎮静効果が高いリナロールという成分が多く含まれているため、リラックス効果が抜群の精油です。
自律神経がアンバランスになっているときや、不眠、慢性疲労や免疫低下など、心や精神的な部分のバランスを整えてくれます。

また、痛みを和らげる作用や抗菌・抗真菌作用など肌への有用性もあり、心、体、感情、精神すべてのバランスを整える、という意味で、持っていると助かる精油です。

2.オレンジ

明るく元気なイメージを持つオレンジの香りは、集中力を向上させる効果があるといわれています。
その反対に、リラックス効果にも期待ができますので、安眠したいときにも活用できますし、消化不良、食欲不振、胃痛や便秘などの胃腸のトラブルにも活用できる、入手しやすく使いやすい精油です。
レモンと同じ柑橘系の精油ですので、冷え症やむくみ対策にも使えるアロマです。

芳香浴で手軽に楽しむ

ティッシュを四つ折りにして精油をそこに数滴垂らす、あるいは市販のディフューザーなどを利用するといった方法で香りを楽しむのがおすすめです。
ティッシュだと家や職場のデスクにそのまま置いたり、外出時にはハンカチに挟んで持ち歩きも可能です。就寝時に枕元に置くこともできます。

精油は、植物の芳香成分を凝縮した天然のエッセンスです。香りが強すぎると頭痛を引き起こす可能性がありますので、利用滴数は控えめになさってください。

また、海外で売られている精油には飲用できるものもありますが、日本では精油を肌に直接塗ったり、飲むことは禁止されています。
もし万が一、取扱い中に誤って手や口などについてしまったら、流水でよく洗ってください。

妊娠中の方、妊娠の可能性がある方はアロマテラピー専門店で使い方のアドバイスをしていただくか、あるいは使用を避けた方がよいでしょう。

また、柑橘系の精油には光毒性という性質があり、肌に塗って日光に当たるとシミになりますので、肌に塗る場合は夜にするなど、ご注意ください。

最後に

自然のものだからこそ、注意し、守らなければいけないルールがありますが、うまく活用すると、体や心など私たちに寄り添い、やさしく働きかけてくれます。
香りは嗅覚を介して直接脳に届き、作用します。だからこそ日々の暮らしに上手に生かしたいですよね。

香りというと、どうしてもリラックスしたいときに使うものだというイメージがありますが、それだけでなく、昼間の能率を上げるため、夜はくつろぐため、など、場面によって使い分けて楽しんでみてはいかがでしょうか。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
ビューティーリフレクソロジスト 日本リフレクソロジー協会認定プロフェッショナルリフレクソロジスト 公益社団法人日本アロマ環境協会アロマテラピーアドバイザー 一般社団法人中医学耳つぼ美容協会認定ストーンセラピスト® 一般社団法人中医学耳つぼ美容協会認定耳つぼダイエットアドバイザー® 自宅サロン「リフレクソロジー&アロマ シリウス」にて、アロマを活用した英国式リフレクソロジー、耳つぼ...
知りたい!デイタイム&ナイトタイムアロマの活用法
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

齊藤 みゆきさんの新着コラム

Body Care

by齊藤 みゆき

一時的に増えてしまった体重にも!デトックス効果抜群のダイエットスープ

ついつい食べ過ぎてしまい増えてしまった体重が、なかなか元に戻らないという方も多いのではないでしょうか。ダイエットは摂取と消費のバランスが大事とはいえ、摂取と消費のバランスが大事とはいえ、なかなか思うように運動ができない方もいらっしゃると思います。そこで、食事で調整することができるダイエットスープのご紹介いたします。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

byみやたけ たつんど

免疫力アップでほうれい線が薄くなる!?胸腺を活性化してほうれい線対策を

ほうれい線は特定の筋肉と深い関係があり、体の不調が顔に反映された結果、口元にシワが刻まれてしまいます。しかし、弱った筋肉と内臓を鍛えることで、体の内側からほうれい線にアプローチすることができるのです!そこで今回は、胸腺を活性化して、内側からほうれい線対策をする方法をご紹介します。

Body Care

by猪又 一志

冬こそ高燃費ボディに♡代謝を理解して冬太り防止!

よく、「冬には代謝が上がりやせやすくなる」や「運動すると代謝が良くなる」といった事を耳にしますが、そもそも代謝とは何かを整理したいと思います。

Body Care

by花田 真理

老けない見た目でいるには抗糖化が大切!糖化を予防する食事のポイントとは?

「抗糖化」は医療業界も注目しているエイジングケアのキーワード。 女性ならだれしも「老けたくない」と思うかもしれませんが、それなら抗糖化の知識を持っておく必要がありますよ! 今回は糖化を予防する食事のポイントについてご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す