2016年9月1日 更新

意外な落とし穴?! 一日のスタートを妨げる朝のNGドリンク4選

意外な落とし穴?! 一日のスタートを妨げる朝のNGドリンク4選

私たちは寝ている間にも300〜500mLもの水分を失っており、体内の血液濃度が濃くなった状態で朝を迎えています。朝一番に摂る水分は、そんな身体を中和するためにもとても大切な一杯。今回は朝には好ましくないNGなドリンク4つをご紹介。ついつい飲んでしまう“あの”飲み物も入っているので今一度確認しましょう!

シミの生成が促進?柑橘系ドリンクは夕方以降がベター

オレンジジュースやグレープフレーツジュース、そしてレモンティー。爽やかな味わいでとてもヘルシーなイメージの柑橘系ドリンクは朝の定番ともいえます。けれども肌の観点からいえばなるべく避けたい飲み物です。それは柑橘系果実に含まれる『ソラレン』によるもの。この成分はわずかな紫外線にも反応し、シミを作りやすくしてしまうのです。
ソラレンは数時間経てば外に排出されるので、柑橘系ドリンクは陽が和らぐ16時以降に飲むのがベターです。

体重増加を引き起こす?! コーヒーは出社直前かお昼に

https://jp.pinterest.com/

濃いめのコーヒーで目を覚ます、朝食はコーヒーのみという方もきっと少なくはないでしょう。けれども、カフェインを吸収率の高い起き抜けに飲むと、血糖値が上がり体重増加やむくみの原因となってしまうので絶対にやめましょう。因みに、起きてから1時間後なら問題はないので、出社直前にカフェに立ち寄るなどが良いでしょう。
また、コーヒーは単体で摂取すると口臭が発生してしまうことも。朝食を併せて摂ることで唾液がコーヒーの臭い成分を抑えてくれるので、必ず食事と一緒に飲みましょう。

カフェインたっぷりの栄養ドリンクは注意が必要!

体内への吸収を意識するあまり、栄養ドリンクやサプリメントを朝一番に飲んでいる場合、今すぐその習慣を見直しましょう。
栄養ドリンクは前述したコーヒー同様、カフェインが多く含まれています。また、糖分もたっぷりと配合されているので体重増加はもちろんのこと、体内の糖化によって一層疲れやすくなってしまうことも。ここぞ!という時に味方にする以外、常飲はおすすめできません。

冷たいミネラルウォーターは胃腸の機能を弱める?!

http://irorio.jp/
出典 :

目覚めに冷蔵庫からよく冷えたミネラルウォーターを取り出してグイッと飲むのが習慣、という方も多いのではないでしょうか。
意外なことに私たちの胃腸は夜寝ているとき、新陳代謝や血液循環が低下することにより体内温度がさがります。つまり、冷たい飲み物は起き抜けの胃腸により負担を掛けてしまうことになります。
従って起き抜けの水分は、しっかり体を目覚めさせてくれる常温のミネラルウォーター、もしくは胃腸を温めてくれる白湯がおすすめです。

いかがでしたか?早速明日の朝から活用して素敵な一日のスタートを切りましょう!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
日仏ハーフの海外美容家。 小学館、集英社の美容誌を経て独立。日本や海外の美容誌やウェブサイトをメインに、取材の現場で得たビューティメソッドや、フランスの最新美容情報などを中心に執筆中。また、日常に美しいものや心地良いものを取り入れる『Bien-Être (心身美容)』を提唱しており、美容セミナーや化粧品コンサルティングをはじめ、ラジオ出演などのメディア活動も積極的に行っている。
意外な落とし穴?! 一日のスタートを妨げる朝のNGドリンク4選
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

小西 俐舞 ナタリーさんの新着コラム

by小西 俐舞 ナタリー

働く女性ほどブラウンマスカラを!陰影豊かなやさしげアイの作り方♡

マスカラは断然ブラック派!という方、きっと多いかもしれません。けれども目を大きく見せたいがゆえに、塗りすぎて逆に目を小粒に見せてしまっているとしたら…?そこで投入したいのが「ブラウンマスカラ」。優しいまなざしのみならず目まわりを美しくしてくれるので、使わない手はありません!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

by橋本はづき

ダイエット成功者の習慣を取り入れて脳から改革!

食べたいけど痩せたい。女性の気持ちは矛盾がいっぱい。そこで「食べているのに太りにくい」という体質にしてしまう脳改革ができたらうれしいですよね。一度コツを知ってしまえば「なんだ、ダイエットって簡単なのね」というお声続出です。「ダイエットするぞー!」と意気込みすぎている方にこそチェックしていただき...

Body Care

by野本 佳代子

それってイライラ太り?ココロからすっきり年始太り対策

新しい年が明けて、仕事もプライベートも忙しく過ごされている方も多いこの時期。生活習慣、食生活、ストレス過多など、中医学では肥満はいろいろな要因から説明されています。今回のコラムでは、感情バランスの崩れによる「イライラ太り」と、その対策についてご紹介させていただきます。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す