2016年12月7日 更新

ベタつく夏こそ!「本命」オールインワンスキンケアを探そう♡

ベタつく夏こそ!「本命」オールインワンスキンケアを探そう♡

まるで亜熱帯地方になったのような日本の夏。ちょっと外を歩けば汗がダラダラ……とにかく暑いですよね。暑くて湿気でベタつく時期には、あれもこれもスキンケアを塗り重ねるより、ひとつのアイテムでスキンケアをしてしまうのが楽だと思いませんか?そこで今回は、たった1本で化粧水からクリームまでの何役もこなしてしまう、「オールインワンスキンケア」の魅力を5つに分けてご紹介します。

その1:カバンにポン!で「携帯に便利」

おでかけが多い夏に最も魅力的なのは、やはり持ち運びに便利だということ。今や全国のコンビニでスキンケアセットが手に入る便利な時代ですが、まっさらな素肌につけるスキンケアにはこだわりたいという女性は多いはず。何より肌が弱い女性は、「合わない成分で肌荒れちゃったらどうしよう……」と、新しい化粧品を試すのはとっても勇気がいりますよね。

そこで、お気に入りのオールインワンスキンケアをカバンにひとついれておけば、海、プール、ジムやYOGAのほか、急な出張やお泊りにも焦らずに対応できて心強いですよね!

その2:忙しい現代女性の味方!「時間短縮」

現代の女性はとにかく忙しいですよね。仕事バリバリ&趣味もたくさんのアクティブWOMANも、毎日子育てに奔走している育児ママも、日々の中で「時間がない!!!!!」と叫びたいときもあるはず。

そんな毎日の朝と晩、1日2回も訪れるスキンケアの時間がたった数分短縮されるだけでも、少しだけ心のゆとりが生まれますよね。下でも述べますが、スキンケアにかける時間と素肌のキレイさは比例していないのも事実。なので、オールインワンアイテムで時間短縮して、心の余裕を生みだしましょう!

その3:1回にまとめるから「肌ストレス減少」

1日2回、1週間で14回、1か月で60回、1年で720回、10年だと7,200回!

なんとこれ、通常の生活でスキンケアを行う回数なのです。実は摩擦が最大のダメージとなる肌にとって、なでつけたりこすったりするスキンケアの時間は、一種の「ストレス」となってしまいます。

1回のスキンケアで何種類のスキンケアを使っていますか?つまり、何回顔に触れていますか?もし4種類の基礎化粧品を使っていたとしたら、1か月で240回、1年で2,880回も最低でも肌に触れていることになります。オールインワンスキンケアなら、その4分の1で済みますから、すぐにスキンケアアイテムを見直しましょう!

その4:シンプルイズベスト!「肌の本来の底力をアップ」

私たちの体には、病気から体を守ってくれる「免疫力」というものがあります。同様に肌にも生まれつき「外敵から肌を守ってくれる力」「自ら綺麗になろうとする力」が備わっています。

「免疫力」というのは空腹時に活性化され、満腹すぎると逆に低下するというデータがありますが、これは素肌も同じ。

大切なのは日々ありあまる成分を与え続けて肌を甘やかすことではなく、きちんと水分や栄養分を与えつつも、自ら輝く力をつけるように肌を導くことではないでしょうか?甘やかしすぎると、肌本来の底力はあぐらをかいて怠けてしまうものです。

その5:コストは1点集中!「お財布に優しい」

今まで何種類も使っていたスキンケアをひとつにまとめることは、時間短縮だけでなくコストも節約できてお財布にもうれしいですね。一口にオールインワンコスメといっても、安ければ1000円台のものからありますが、スキンケアをまとめて浮いた分のお金があれば、成分などにこだわった少し上質なオールインコスメを使うのもオススメです。

1本しか使用しない分、肌の反応もダイレクトに分かりやすいので、サンプル等を試しながらご自身にピッタリの本命オールインワンスキンケアを探してみて下さいね。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
旅するコスメプロデューサー 世界中を旅しながら女性の美やライフスタイルを研究中。テーマは“シンプル&ナチュラル”。“頑張りすぎる”日本女性に、少し肩の力を抜いた美しさを提案していきます。趣味は旅フォト。特技は英語・中国語・韓国語・ロシア語・関西弁。 20才の時にNYで国際メイクアップアーティストとして活動していた経験をもとに、自然派コスメブランド<OMNIST-オムニスト->を立...
ベタつく夏こそ!「本命」オールインワンスキンケアを探そう♡
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

木元仁玉さんの新着コラム

by木元仁玉

多くの女性が勘違い!?男性が惹かれるのは○○肌の人だった…バレンタインまでにメイク方法を変えてみて!

いくつになっても美しい肌は「美女の条件」、「女性の永遠の憧れ」ですよね。でもちょっと待って!あなたのがんばりは無駄になるどころか、逆効果になってしまっているかもしれません!男性と女性が考える「魅力的な肌」には、実は大きな隔たりがあることをバレンタイン前の今こそ、ぜひココで知っておきましょう。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

byPapp Hideko

ハンガリーの名産品ハチミツは美肌・美髪をつくる万能薬【前編】

ビタミンB2、B6、ビタミンC、酵素やアミノ酸、ポリフェノールなど、美しい皮膚づくりに欠かせない栄養素が多く含まれ、古代から美と長寿の秘訣といわれる美味しいハチミツ。数々の健康食品やコスメに使用されていることから、ハチミツの美容と健康への効果は知られていますが、実はハンガリーの名産品の一つでも...

by稲毛 登志子

【限定】ゲランから冬の肌を美しく華やかにする「ファンデーション コフレ&イ...

ゲランがホリデイシーズンに向けて美しさをより一層引き立てる「ファンデーション コフレ」と「イヤー エンド コフレ」を12月1日から発売しています。どちらも充実の内容のコフレになっています。数量限定なのでお早めにチェックを!

Skin Care

by花田 真理

青春のシンボル!?大人も悩む「ニキビ」の正しい知識とは

ニキビと聞くと、青春のシンボルといわれることもあるくらいですですから、思春期にできるものというイメージがありますよね。 しかしニキビは大人でも悩む人が多いのが実態です。 今回は、ニキビとは一体どんなものなのかご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す