2016年9月6日 更新

白髪染めに有効?ヘアカラーのヘナって?

白髪染めに有効?ヘアカラーのヘナって?

白髪が気になり始めた人には、ヘアカラーにとても今日にがわいていると思います。最近ヘナという占領も出てきました。もともと刺青で使用されていましたが、髪に使っても大丈夫なのでしょうか?今日はヘナを使うメリットとデメリットについて紹介します。

   

天然成分

ヘアカラーは髪へのダメージが大きいのが悩みの種です。ヘナという髪へのダメージが少ないヘアカラーもあります。ヘナは天然成分由来のヘアカラーなので髪や頭皮へのダメージが少ないのがメリットです。ただし、100%天然成分のヘナばかりではなく化学成分も配合された商品も出回っています。また、独特の臭いがあるので染めた後、数日間は髪に臭いが残ります。

コンディショニング効果

ヘナというとヘアカラーとして使用する人が多く、その毛染めの効果は既に広く知れ渡っていることですが、実はそれ以外にもコンディショニング効果も期待できる優れものだって知っていましたか。インドをはじめ海外ではコンディショニングとして使うことがわりとポピュラーな国も多くあります。ヘナは自然派のヘアコスメの中でもピカイチの効果を発揮してくれるハーブです。みなさんもぜひお試しください。

毛穴から老廃物をとる

髪を傷めないヘナカラーは原料は葉っぱから作られています。普段ならヘアカラーは痛むものですがヘナを髪にも頭皮にも塗ることによって毛穴の汚れを出し血行を促進する効果まであります。トリートメントをしなくてもヘナカラーの後は髪がつやつやでトリートメント効果まであります。ヘアダメージを修復しハーブ効果で頭皮に塗るとひんやりとしとても気持ちいいです。

体内の毒が減る

シャンプーやヘアカラーなどの成分で化学物質が多く含まれる物は経皮から吸収し、残念ながら体外へは出ません。蓄積される場所は女性ですと、子宮、男性は前立腺と影響を及ぼすことがあります。子宮筋腫などの発症率もあげてしまうので注意が必要です。経皮毒による体内への毒を減らす為にも自然由来のヘナを選んであげると体への負担が少しでも減らすことができます。

コシのある健康的な髪質になる

ヘアカラーに興味があるなら、ヘナがおすすめです。その理由は、安心して使用することができる上に、コシのある健康的な髪質になるからです。まずは、ヘナのヘアカラーを取り扱っているホームページをチェックしましょう。通信販売ならば、自宅まで届けてもらえますからとても便利です。さらに、さまざまなカラーがそろっていますので、ホームページを眺めながら選べます。

フケが出にくくなる

ヘナのヘアカラーにはフケが出にくくなるというメリットがあります。ヘナはミソハギ科に属する常緑低木で、北アフリカから西南アジアにかけて自生しており古くから染料として用いられてきました。普通のヘアカラーには脱色作用を持つジアミン系の染料が使われており、アレルギーの原因となります。また、アルカリ剤も頭髪を傷める原因になります。しかし、ヘナにはアルカリ剤が含まれておらず脱色作用も無いため頭皮にも髪にも優しいのです。

紫外線のダメージをカバー

カラーリングがしたいけれど、髪が痛むのは避けたいという人は、自然成分から作られているヘナのヘアカラーを使うのがおすすめです。髪に優しく、紫外線のダメージをカバーする作用もあるので、美しく健やかな髪を保てるのがメリットです。しかし、ケミカルの配合されたヘアカラーよりも染まりにくいため、しっかりと色を入れるのに時間がかかるというデメリットもあります。

ハーブの香りでリラックス効果

繰り返しヘアカラーをすることで毛髪、頭皮へのダメージ、薬剤によるアレルギーがある、カラーをしたいけど、できないで悩んでいる方は、ハーブのヘナがおすすめです。ヘナは、古代からボディタトゥー、染料として使われていました。ハーブなのでアロマ効果で染めている間も香りでリラックスができます。トリートメント効果もあり、天然のヘナの色は乾かすと色味はオレンジ系で、髪の毛にはり、ツヤがでます。繰り返しすることで、色味も深くなっていき、しっかりとした髪質になっていきます。

髪がきしむ時がある

ヘナはトリートメント効果もあるほど髪によく、傷みにくいと言われていますが、初めてヘナカラーをした場合、髪がきしむ時があります。キューティクルを引き締める効果があるのでパーマやヘアカラーで髪が傷んでいると、その場所がギシギシきしむ事があります。ヘナは回数を重ねることにより髪に栄養を与えるので定期的なヘアカラーを行えば髪のきしみもなくなってきます。

体温を下げる作用がある

ヘナによるヘアカラーには体温を下げる作用があります。これは夏の暑い日などであれば快適にヘアカラーを行えますが、冬や気温の低い時期だと部屋を暖めて行う必要があります。また、ブリーチなどで脱色した髪や白髪の場合のヘナのヘアカラーは温度が高い方が染まりやすく低いと染まりにくいという特性があります。そのためなるべく夏場や暖かい部屋で行うとしっかり染まりやすいです。

黒髪を明るく出来ない

出典 :

自然の植物が原料のヘアカラーであるヘナは、髪の毛を痛めることなく、また肌が弱い人でも安心して使えるものです。自然由来のものなので、色合いもこっくりとした馴染みのよい仕上がりになり、人気があります。ただ、黒髪を明るくできないことと、白髪交じりの髪に使用すると白髪だけにはっきりと色が入るという特徴も併せ持ちます。ヘアカラーも髪質や髪色に合わせて選ぶことが大切です。

シャンプーをすると色落ちしやすい

髪を染める方法はいくつかあります。ヘアカラーは一度でしっかり染める事が出来ますが、洗浄力が強いシャンプーで洗うと色落ちしやすい傾向があります。特に青みのある色合いは落ちやすいので、退色防止成分入りヘアカラー専用シャンプーの使用がおすすめです。ヘナは自然派の方におすすめで、地肌にも優しいのが特徴です。しかし、傷んだ部分に色が入りやすく、均等な仕上がりになるかは個人差があります。しかしヘナ入りのシャンプーは、使用する度じょじょに自然に髪を染める事が出来ます。

色味が濃くなるまで何度か染める必要がある

ヘナは髪を染める時に使う物で、天然成分によって髪を健康にしながらヘアカラー出来るという事で注目されています。しかし、一度目のカラーリングは色落ちしやすいので、色味が濃くなるまでには何度か染める必要が出てきます。すぐにしっかりと染めたい場合には普通のヘアカラーが良いですが、髪には優しい成分なので、髪をなるべく傷めずに染めたいという人にはおすすめです。

染められる色の種類に限りがある

天然の植物染料であるヘナは染める際に髪や頭皮を傷めず、ヘアカラーなどと違ってかぶれません。カラーリング剤よりも安価で安全に行えますが、染髪に時間がかかり、染めた後2,3日は強い臭いが残ります。色のバリエーションも多くなく、ヘナだけだと白髪がオレンジ色や赤っぽい色に染まります。ブラックやブラウンにしたいという人は他の染料が入っているタイプを選ぶ必要があります。また、仕上がりは元の髪色とヘナの色味を合わせた感じになるということも考慮しましょう。

くせ毛が軽減する

出典 :

ヘアカラーアイテムの中で、ヘナは自然派で知られています。地肌や髪質を痛めないヘアカラーで、優しい成分で染め上げるので美しい艶が蘇ります。また、くせ毛で悩む方にとって髪の毛を滑らかにする効果があるので最適です。髪質がごわつかず、くし通りがよい髪質へ導かれます。キューティクルが整えられ、くせ毛が改善されるヘナのヘアカラーは、髪本来の美しさを手にすることができる優れたアイテムです。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
白髪染めに有効?ヘアカラーのヘナって?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

bybeauty news

海外セレブの間で流行ってる!洗練された印象のかわいいヘアアレンジ

海外セレブの間で流行ってる洗練された印象に仕上がる可愛さがあるヘアアレンジ。トレンドを表現することができるのでお洒落上級者になることができる。そこで、海外セレブで流行ってるヘアアレンジを案内するのでご覧ください。

bybeauty news

今年は「決めすぎない」ヘルシーヘアで決まり!

今大人女子から大注目の、ヘルシーな印象を取り入れたヘルシーヘア。今季はナチュラルなスタイルがトレンドになっているので、決めすぎない無造作なヘルシーヘアが色気があって大人かわいいと人気です!オシャレでこなれ感も出せるので、まわりの友達と差をつけることができますよ!

bybeauty news

男心をくすぐるヘアスタイルの王道!黒髪美女まとめ

男心をくすぐるヘアスタイルの王道は、何と言っても黒髪です。つやつやの綺麗な黒髪を手に入れれば、女子力がグッと上がります。黒髪美女を参考にして、モテモテになれるヘアスタイルにイメージチェンジしましょう。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す