2016年12月7日 更新

その日の味であなたの体調が分かる!?美容によい「五味子茶」とは

その日の味であなたの体調が分かる!?美容によい「五味子茶」とは

「韓方」と聞くと、薬のイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。韓国には韓方の生薬を健康茶として楽しむ伝統茶の文化もあります。その中でも、女性におすすめのお茶が「五味子茶(オミジャ茶)」。代表的な韓国伝統茶の一つであり、美容効果が高いだけでなく、その日の体調によって味が変わる五味子茶とは一体どのようなお茶なのでしょうか。

五味子茶とは?

五味子とは、モクレン科のチョウセンゴミシ(朝鮮五味子)で、「酸・苦・甘・辛・鹸」の五つの味を持っていることからその名がついたとされています。
生の五味子が市場に出回る時期はとても短く、主に韓方生薬としては乾燥させた実を利用しています。

五味子茶は、その乾燥したチョウセンゴミシの実を一晩ほど水に浸した後、甘味を加えて作る韓国伝統茶の一つで、咳止め効果や滋養強壮にいいといわれています。

五つの味は体調のバロメーター

五味子茶は、飲んだ人により「酸・苦・甘・辛・鹸」の中で最も感じやすい味が異なります。それは、その日の体調を反映しているともいわれています。

酸味…肝に作用。ストレスを感じている。
苦味…心に作用。心臓の機能が低下しており、貧血気味。
甘味…脾に作用。体に老廃物が溜まっている状態。
辛味…肺に作用。気管支が弱っており、気(エネルギー)が不足している。
鹸(塩)味…腎に作用。下半身が冷えていたり、生殖機能が弱まっているなど、老化現象が現れている。

美肌の味方ビタミンCはレモンの8倍

五味子茶が韓国の女性の間で愛されている理由の一つに、美容にも効果があることがあげられます。
中でもビタミンCの含有率はレモンの約8倍。

ビタミンCは、メラニンの生成を抑えてシミやソバカスを防ぐだけでなく、できてしまったシミに関しても薄くする効果があるといわれています。

また、体の抗酸化作用によるエイジングケアの効果が見られたり、ストレスに抵抗するホルモン、「副腎皮質ホルモン」の合成を促してくれます。

最後に

韓国では、スーパーなどで水に溶かして飲む”粉末”や”希釈”の五味子茶が沢山販売されています。その飲みやすい味は、初めて韓方を試す方にもおすすめ。

五味子茶を飲むと、自分でも知らなかった意外な体の疲れが見えてくるかもしれません。
日本のスーパーなどでは残念ながらまだあまり見かけませんが、インターネットなどで簡単に購入することができるので、毎日の健康管理にぜひ五味子茶を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
韓方美容ブロガー 元エステティシャン。 栄養士・調理師免許を持つ母の元で幼少期から『医食同源』の考えを教わり、生活の中で簡単に取り入れられる漢方や薬膳をお客様に提唱してきた。 韓国美容や東洋医学・美容医療に関心を持ち、9月からは韓国美容を深く学ぶため留学予定。
その日の味であなたの体調が分かる!?美容によい「五味子茶」とは
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

岡添 渚さんの新着コラム

Body Care

by岡添 渚

みかんに一手間加えるだけ!簡単なのに健康面だけでなく美肌やダイエットにも効果的な方法とは?

冬の果物の中でも代表的といえる「みかん」。そんなみかんに一手間かけるだけで栄養価がアップして美容や健康維持にも効果的ということをご存知でしたか?

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by遠山 久美子

「だるい」もしかして夏バテ?その原因は「夏冷え」では…?

暑い夏の間も冷えを感じる人は年々増えているようです。夏の体調不良の原因、「夏冷え」に要注意!今すぐできる対策と解消法で冷えから身体を守りましょう!

by鳥塚 ルミ子

【後編】女性なら知っておきたい!自身や大切な人を守る「オーガニックセラピー...

今や聞いたことのない人はいないくらい巷で広まりつつある「オーガニック」。しかし、根本的なオーガニックの知識や生活への取り入れ方について理解している方はそう多くはないのではないでしょうか。社団法人国際オーガニックセラピー協会代表理事として活躍する鳥塚ルミ子が、病気にならない心と身体を育む予防医学...

Body Care

byMISAO

ビーツの驚くべき美容効果をご存知ですか?究極の野菜「ビーツ」とは…

近ごろ目にするようになってきたビーツ。イギリスをはじめ海外では、以前から健康にいいと人気がありましたが、日本でもだいぶ手に入りやすくなりましたね。ビーツは、「食べる輸血」といわれているほど高い栄養価があるようです。それでは、具体的にどのような美容効果があるのかご紹介しましょう♪

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す