2016年9月6日 更新

保湿のクイーン「セラミド」をしっかり取り入れて乾燥知らずに!

保湿のクイーン「セラミド」をしっかり取り入れて乾燥知らずに!

「セラミド」という言葉は聞いたことがあるかと思いますが、それがなにか知っていますか?実はセラミドは、保湿にとってとても重要な成分です。セラミドの重要性を知って、乾燥肌から脱出しましょう。

「乾燥肌」の本当の意味はセラミドが足りない肌のことだった!?

乾燥肌で悩んでいる方は多いかと思います。
しかし、乾燥肌が一体なんなのか知っていますか?

乾燥肌とは、角質層の水分が少なくなること。
健康な角質層は、約20%の水分を含みます。
これより水分量が下回った状態を、乾燥肌といいます。

なぜお肌の水分が少なくなるかというと、お肌のセラミドが減少するからです。
セラミドは、細胞同士をつなぎ止め、水分を強力に抱えこむ働きを持っています。
セラミドを人のお肌から奪ってしまうと、お肌の約80%の水分が低下するといわれているほど重要な役割を果たしているのです。

セラミドが足りなくなってしまうのはなぜ?

セラミドは、ターンオーバーの過程で作られます。
表皮のターンオーバーとともに、4週間かけて細胞の中で熟成されるのです。
よって、加齢により、ターンオーバーの周期が遅くなるとセラミドが少なくなってしまいます。

また、クレンジングなどに含まれる界面活性剤には注意が必要です。
なぜなら、大切なセラミドを取り去ってしまう場合があるからです。

ただし、ある程度の界面活性剤がないとメイクは落ちませんから、界面活性剤の少ないクリームタイプを使ったり、クレンジングの時間を短くする、などの工夫が必要です。
なお、石鹸は余分な皮脂を落とすだけでセラミドを奪わないといわれているので、洗顔はしっかりと行った方がよいでしょう。

睡眠時間を大切にすることも重要です。
お肌の代謝は主に睡眠中に行われ、セラミドもその最中に作られます。
規則正しい睡眠を取ることが大切なのです。

セラミド化粧品の正しい選び方

保湿にはセラミドがとても重要だということがわかりました。
化粧品にも、セラミドが含まれているものを積極的に使うように心がけてみましょう。

擬似セラミドが入っている化粧品がよく出回っていますが、本物に比べると、やはり効果は劣ってしまいます。
擬似セラミドと本物を見分けるコツはなんなのでしょうか。

まず、成分表を見ることが大事です。
成分表に、「セラミド2」や、「セラミド3」など、セラミドの後に数字が書いてあるものを選ぶとよいでしょう。
「セラミドS」といった成分は、擬似セラミドです。

パッケージに、セラミドが入っているような謳い方をしているものもありますが、成分表を見ると実はセラミドが入っていないということもあります。
これらは、擬似セラミドを含んでいる化粧品だといえます。

また、セラミドは脂質なので、水にはほとんど溶けません。
そのため、化粧水のようなものには配合しにくいです。
ジェル状の美容液やクリームのものに配合されていることが多く、水に近いテクスチャーのものにはセラミドはほとんど入っていないことが多いといえるでしょう。

セラミド入り美容液の正しいつけ方

では、セラミド入り美容液の正しいつけ方を理解しましょう。
まず、美容液を手のひらにたっぷり出します。
500円玉くらいが目安です。

そして、手のひらで少し広げた後、頬を手のひらで包みこむようにして押さえます。
このとき、顔の内側から外側へ、手を動かしていきます。
まぶたを閉じて、薬指で優しく目元になじませ、唇にも同様に薬指でなじませます。

最後に、額や鼻に優しくなじませてください。
額は下から上へ、鼻は上から下へとなじませましょう。

セラミドの重要性を知ったらすぐに試してみましょう

セラミドは、とても重要な成分です。
保湿のクイーンといっても過言ではないでしょう。

実は、筆者自身、セラミド美容液を使うようになってから、乾燥に悩まされなくなりました。
お肌の悩みの救世主といえるかもしれません。

もともとお肌に存在する成分ですが、さまざまな要因で失われていきます。
セラミド配合の美容液を使って、充分に保湿してあげてください。
そして、乾燥知らずのプルプルのお肌を目指しましょう。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
保湿のクイーン「セラミド」をしっかり取り入れて乾燥知らずに!
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

香りには効能がある!?シーンによって香水を使い分けましょう♡

香水を使っている方もいらっしゃるかと思いますが、単純に自分好みのものを選んでいませんか?香りには効能があります。相手に与える印象も異なってくるので、洋服のように香水も、シーンによって使い分けてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by小林未来

イギリス発祥!海外セレブも実践中のスキンダイエット♡

ダイットといえばウエイトダウンをイメージする方が多いかもしれません。ですが、肌にもダイエットが必要なのです。ファンデーションの成分が毛穴へ蓄積されると吹き出物や思わぬトラブルの原因に。そうなる前に予防しておきたいものですよね!

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す