2016年12月7日 更新

シミもクマもなかったことに!?コンシーラーの上手な使い方

シミもクマもなかったことに!?コンシーラーの上手な使い方

鏡を見て気になるのがシミやクマ…。メイクで隠したくても隠しきれない!そんなお悩みを持った方は、実は、コンシーラーの使い方が良くないのかもしれません。上手にコンシーラーを使うと、シミやクマはキレイに隠せるのです。その方法を、レクチャーします。

コンシーラーにも種類がある!自分に合った選び方が大切です

シミやクマは、お肌の悩みの中でも特に大きく占めるのではないでしょうか。
でも、コンシーラーを上手に使うとそれをうまく隠せるかもしれません。

コンシーラーには種類があるのを知っていましたか?
自分に合わないコンシーラーを使っていると、キレイにシミやクマを隠すのが難しいです。
それでは、まずはその種類とそれぞれの特徴を理解しましょう。

筆ペンタイプ

塗る部分が筆ペンの形状になったものです。
カチッと回すと、色のついた粘液が出てくるものが多いです。

このタイプは、広範囲に塗るときに適しています。
色は薄く、艶のあるテクスチャーが特徴です。
柔らかいテクスチャーが、よく動く目元や口元に適しています。

アプリケータータイプ

筆ペンタイプよりも濃い色がつきます。
こちらはクマやまぶたのくすみなど、目まわりに適しています。
柔らかいテクスチャーで、つけたいところにしっかりつけられるのが魅力です。

クリームタイプ

クリーム状のテクスチャーが容器に詰められていて、筆などで取ってお顔にのせるものです。
小さいブラシで塗るので、ピンポイントにアラを隠せます。

密着力が高く、色のバリエーションが多いのも特徴です。
2色以上がセットされた商品もあるので、自分のお肌の色に合った色を作れます。
特に、点在するシミに塗るのに適しています。

スティックタイプ

固さはブランドによってさまざまです。
色は比較的濃くなります。
直接塗れて、ある程度広い面積もカバーできるのが特徴なので、大きいシミも隠せます。

ペンシルタイプ

繰り出し式のものが多いです。
この中では一番色が濃く、密着力に優れています。

濃いシミやほくろもピンポイントに隠せるのが特徴です。
ただし、保湿効果が弱いので、乾燥しやすい目元・口元以外に使用するのがよいでしょう。

コンシーラーで上手にシミを隠す方法

シミの位置や濃さ、大きさによって、コンシーラーのタイプを選びましょう。
隠したいシミに合わせてコンシーラーを選ばないと、うまく隠すことはできません。
色味は地のお肌の色に近いものがベストです。

まず、隠したいシミより二回り大きくコンシーラーで塗りつぶします。
そして大きくのせたコンシーラーの外側とお肌の境目を、指先で軽く叩きましょう。
そうすることによって、コンシーラーがお肌になじみます。
このとき、シミの部分には触れないように注意しましょう。

コンシーラーがお肌になじんだら、スポンジにパウダーを少量取って、コンシーラーを塗った部分にのせます。
軽く押さえるようにしてなじませるのがコツです。

シミの色が気になるからと、コンシーラーの色を何色も重ねないようにしてください。
重ねすぎると黒っぽくなり、余計に目立ってしまいます。

コンシーラーで上手にクマを隠す方法

クマを隠すのには、筆ペンタイプかアプリケータータイプがベストです。
色味はクマと地のお肌の色の中間くらいを選ぶとよいでしょう。
また、細かいパールが入ったものを使うと、より効果的です。

まずは、クマ全体にかぶせるようにしてコンシーラーを塗っていきます。
塗り方は、目の下に何本か斜線を引く感覚です。

そして、力の入りにくい薬指でコンシーラーを伸ばします。
クマのある部分を、横にカバーしていくようにライン状に伸ばすのがポイントです。

コンシーラーを伸ばしたラインを、薬指の腹で優しく叩いてなじませます。
その後、スポンジで丁寧にムラをなくすとできあがりです。
スポンジを使うと余分な油分をオフできるので、ヨレにくくなります。

コンシーラーを上手に選び上手に使ってお悩みを隠しましょう

コンシーラーは、ただ塗るだけではうまくアラをカバーできません。
隠したいものや、それがある場所によって、使うべきコンシーラーのタイプも変わってくるのです。

また、シミ・クマのどちらにも共通していえますが、ファンデーションのタイプによっても使い方が異なります。
パウダリータイプだとファンデーションの前に、リキッドやエマルジョンタイプだとファンデーションの後に塗るのがよいでしょう。

上手にアラを隠す方法をマスターすれば、いつでも素肌美人のように見せられるので、前向きになれそうですよね。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
シミもクマもなかったことに!?コンシーラーの上手な使い方
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

もっと目を大きく見せたい!錯覚を利用して目の縦幅・横幅を大きくみせるメイク術

目力アップは永遠のテーマではないでしょうか。目をより大きく見せたいと思って、アイメイクに力を入れている方も少なくないでしょう。そこで、目の縦幅と横幅を大きくみせるメイク術をそれぞれご紹介します。理想的な目に近づいてみませんか?

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

リップメイクでほうれい線が目立たなくなる!?顔の重心を上げるメイク方法

年齢を重ねると、気になってくるのがほうれい線。どんなにファンデーションを塗っても、逆に目立ってしまうばかり…。そのようなお悩みを抱えていないでしょうか?実は、リップメイクでほうれい線を目立たなくすることが可能なのです。ぜひこのメイク方法をマスターしましょう。

Body Care

by小林未来

歯が美しいと数倍美人に見える♡ホワイトニング効果

最近ホームホワイトニングやオフィスホワイトニングなど、ホワイトニングが身近になってきていますね。「あ、あの子美人!」と思った女性が笑ったときに歯が黄色かったら…。歯が白く清潔なだけで、同じ顔、同じメイクでも格段に好印象を与えられるのです!

by西田 彩花

デートメイクにもぴったり!超ナチュラルメイクで男性ウケも♡

一般的に男性はナチュラルメイクが好きだといわれています。そこで、超ナチュラルメイクをマスターしてみませんか?すっぴんを思わせるようなメイクは、デートメイクにもぴったり!もう一度彼を虜にしてしまいましょう。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す