2016年12月7日 更新

鏡を見てビックリしたくない!パンダ目になりにくいメイク方法

鏡を見てビックリしたくない!パンダ目になりにくいメイク方法

いつも通り過ごしていたのに、鏡を見るとパンダ目に…!どんなにアイメイクが上手に出来上がっても、パンダ目になってしまうと台無しですよね。そこで、パンダ目になりにくいメイク方法をご紹介します。

どうしてパンダ目になってしまうの?

そもそも、パンダ目の原因とは何なのでしょうか。
目の際には皮脂腺が多く集まっています。つまり、皮脂が出やすいのでアイラインやマスカラが溶けてしまい、気付いたら目の周りが真っ黒…ということにもなりかねないのです。また、目からは涙も出るので水分によってアイメイクが崩れることもあります。

これらを考慮して、皮脂に強いと謳われた商品やウォータープルーフのものも多く発売されています。そういったものを使っているのにパンダ目になってしまうという方は、アイメイクにとても悩んでいるのではないでしょうか。商品が皮脂に強かったり、ウォータープルーフのものであったりするのであれば、メイク方法を少し変えてみると良いかもしれません。

パンダ目を気にしなくて良いと、とても快適に過ごせます。ぜひ、下記のメイク方法を参考にしてみてください。

ファンデーションとマスカラを接触させないのが大切です

顔にはファンデーション、まつ毛にはマスカラを塗るかと思いますが、この二つが触れたらマスカラが落ちやすくなることがあります。マスカラの成分はファンデーションの油分に弱く、擦れると落ちてしまうということが多々あるからです。マスカラをファンデーションに触れさせないためには、最初にビューラーでまつ毛をしっかりと上げることが大切です。下まぶたに塗っているファンデーションにまつ毛がつくのを防ぎます。さらに、マスカラはカール力とカールキープ力が強いものを選ぶと良いでしょう。カールキープ力が低いと、夕方になってまつ毛が下がってきて、アイメイクが崩れる原因になります。

目の下のファンデーションは薄く塗りましょう

マスカラがファンデーションの油分に弱いことは前述しました。それを考慮すると、下まぶたのファンデーションを薄く塗ることも大切になってきます。下まぶたにファンデーションを厚塗りしてしまうと、ファンデーション自体も崩れやすくなります。目元は瞬きによる動きが常にあるので、崩れやすい部分なのです。
おすすめなのは、ファンデーションを塗った後でルースパウダーを軽く叩く方法。ルースパウダーは肌をサラサラにしてくれるものが多いため、目周りのメイクの崩れを抑えてくれるでしょう。目の下をしっとりした状態にしていると崩れやすくなるので、ひと手間かけてみてはいかがでしょうか?

アイラインはアイシャドウで「サンドイッチ」に

アイラインを引く前に、アイシャドウの締め色を細く引きます。チップで塗るとライン状に引きやすいです。その後、リキッドアイラインを引いてから、さらにアイシャドウを重ねます。アイシャドウの粉がルースパウダーのような役割をしてくれ、目元がサラサラの状態になります。そうすると、アイラインも落ちにくくなります。また、この「サンドイッチ」のメイク法は、アイラインをボカす効果もあります。リキッドアイライナーでラインを引くとキツくなりがちですが、アイシャドウを重ねることで境目がぼやけて自然な仕上がりになりやすいのです。

パンダ目を防ぎながらナチュラルメイクを叶えるこの方法は、ぜひ試してみたいですよね。

パンダ目にならない化粧直しの方法は?

朝のメイクでパンダ目にならないメイク法を実践しても、化粧直しのやり方が悪いとそれもパンダ目の原因になります。どのような化粧直しが良いのでしょか?
まず、目の下の油分をオフします。綿棒にリップクリームをつけて、崩れかけているアイメイクを取ったら、ルースパウダーをしっかりと叩いてください。油分を取ったら、上記の「サンドイッチ」の方法でアイラインを引きます。そして、ホットビューラーを使ってしっかりとまつ毛を上げた後で、マスカラを塗り直しましょう。ビューラーを使うと朝塗ったマスカラがビューラーについてしまい、まつ毛同士がくっついてしまったりまつ毛が抜けたりする原因になってしまいます。仕上がりが美しくなく、自まつ毛を傷めてしまう可能性があるのであれば、ビューラーよりもホットビューラーを使うのがおすすめです。しっかりとカールアップできるので、下まぶたのメイクと擦れる心配も少ないです。

これからはパンダ目にならない!朝のキレイな状態をキープ

このように、メイクに少し工夫をするだけで、パンダ目になるのを防げるかもしれません。崩れにくいアイメイク用品を使っているのにパンダ目になっていた方にぜひおすすめしたいメイク方法です。
朝のキレイなアイメイクをキープできたら、アフターファイブも楽しめそう。パンダ目に悩まされる生活は終わりにしてみませんか?

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
鏡を見てビックリしたくない!パンダ目になりにくいメイク方法
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

西田 彩花さんの新着コラム

by西田 彩花

自分に合ったものってどれ!?化粧下地を上手に選ぶコツ

化粧下地を選ぶとき、あなたはどのような基準で選んでいますか?上手に選ぶコツをつかみ、より素肌美人になりましょう!

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

目指すは美しい上向きまつ毛!ビューラーの上手な使い方

バッチリ上向きまつ毛に憧れる方も多いでしょう。しかし、バッチリまつ毛が上がっていても90度になっていたり毛先が折れていたりすると美しくありませんよね。キレイな上向きまつ毛を作るコツをご紹介します。

by西田 彩花

低い鼻・団子鼻…鼻のコンプレックスをメイクで解決しませんか?

鼻にコンプレックスを持っている方もいるかと思います。鼻は整形しない限り変えられないから…と諦めないでください。メイクは女性の魔法。実際の形は変えることができなくても、鼻を理想の印象に近づけることが可能かもしれないのです。お悩みをメイクで解決してみてはいかがでしょうか。

by西田 彩花

この秋注目のアイシャドウカラーはカーキ!キレイに取り入れられるメイク術

アイシャドウの色味にも流行があります。この秋注目だとされているのはカーキのアイシャドウです。キツい印象になりそう、難しそう、と敬遠してきた方も、ぜひこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す