2016年12月7日 更新

赤ちゃんにも影響が!近年増加している妊娠糖尿病の検査方法や症状とは?

赤ちゃんにも影響が!近年増加している妊娠糖尿病の検査方法や症状とは?

前回の「妊婦さん必見!赤ちゃんにも影響が!近年増加している妊娠糖尿病とは?」では、妊娠糖尿病そのものについて紹介しました。妊婦さんや妊活中の人は、自分が妊娠糖尿病になりやすいかどうか、もしくは既に妊娠糖尿病になっていないか気になったかと思います。 今回は妊娠糖尿病に関するコラムの続きとして、血糖値の正常値や症状、検査方法について紹介します。

糖尿病の症状

妊娠糖尿病に関わらず、糖尿病患者さんは無症状であることが多いです。
血糖値が正常の4~5倍程度になって初めて、口渇・多尿・多飲・体重減少などの症状が出現するため、糖尿病は症状がないからといって決して油断してはいけない病気です。
知らない間に母体や赤ちゃんに悪影響を与えているかもしれません。

血糖値の正常値

健康な方の血糖値は空腹時で70-100mg/dl、食後(2時間後に測定するのが一般的です)は140mg/dl未満におさまるとされています。
一般的に糖尿病を発症するパターンとして、食後血糖に影響が出ることが多いとされており、空腹時には正常範囲内であったとしても、食後の血糖値が高い方は糖尿病に近い状態といっても過言ではないと思われます。

糖尿病って肥満の人が発症するの?

広く知られているとおり、太っている方や暴飲暴食をする方、家族に糖尿病患者さんがいる方が糖尿病になりやすいのはたしかなのですが、これらに当てはまらない方にも糖尿病を発症するリスクはあります。
日本人は欧米人と比較して体が小さく、また臓器も小さいため、インスリンの分泌が元々少なめであり、比較的糖尿病を発症しやすい民族とされています。
そのため痩せている方でも妊娠糖尿病を発症する可能性は十分にあり、注意する必要があります。

妊娠糖尿病の検査方法

一般的に妊婦さんは初診時と、妊娠24~28週の間に糖尿病の検査をすることが多いです。
妊娠24~28週は妊娠糖尿病が悪化しやすいとされている期間です。

初診時には問診、血糖値測定、尿検査を行うことが多いです。
問診では身長・体重から肥満の程度、糖尿病家族歴、妊娠糖尿病や巨大児(母体の血糖値が高いと巨大児が産まれる傾向があるため)の既往を確認します。
これらに該当する妊婦さんや、血糖値が100mg/dl以上の方、尿検査で尿糖陽性(通常血糖値160-180mg/dl以上で陽性となることが多い)であった方には追加検査を行います。

糖尿病追加検査「ブドウ糖負荷試験」について

妊娠糖尿病のリスクが高いと判断された妊婦さんには、ブドウ糖負荷試験という検査をします。
糖分入りの飲み物を飲んで、負荷前・30分後・60分後・120分後の血糖値と、必要時インスリンを測定し妊娠糖尿病の診断を行います。
空腹時血糖値が92mg/dl以上、あるいは負荷1時間後180mg/dl以上、または2時間後153mg/dl以上という3ポイントのうち、1ポイント以上あてはまる場合、妊娠糖尿病の診断となります。

初診時に基準に合致しない場合でも、妊娠糖尿病が悪化しやすい妊娠中期以降に同様の検査を行う場合もあります。

なぜ妊娠糖尿病の治療をしないといけないの?

糖尿病妊婦さんの場合、母子に様々な合併症を生じハイリスク妊娠となります。
各々のリスクに関してはまた別に紹介しますが、一般的にどの程度コントロールすれば予防可能であるという安全域は現時点で明らかではないため、可能な限り良好な血糖コントロールを目標とするしかありません。

最後に

今回は妊娠糖尿病の検査方法などを紹介しました。
妊娠糖尿病はハイリスク妊娠ともいわれるため、きちんと対応していかなければなりません。
また次回、妊娠糖尿病の影響や治療方法について紹介するので、よろしければそちらも参考にしてくださいね。

妊娠糖尿病についてくわしくお知りになりたい方は、前回記事をご覧ください。
 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
薬剤師・化粧品開発・抗糖化美容研究家・美容ライター 大学卒業後、薬剤師として調剤薬局に勤務、その後化粧品会社の薬事・商品開発に携わる。結婚を機に独立し医師薬剤師共同開発ブランドを立ち上げる。 自身のブランドとして「MarryMemory」、「Doctor&Pharma」がある。 化粧品会社の総括販売責任者・医薬品関連会社の管理薬剤師経験を持つ。 美容健康の知識は専門的...
赤ちゃんにも影響が!近年増加している妊娠糖尿病の検査方法や症状とは?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

花田 真理さんの新着コラム

Skin Care

by花田 真理

冬でも注意が必要!茶くすみが出来る原因と対策

くすみにはいくつか種類がありますが、その中の茶くすみをご存知でしょうか?茶くすみは誰にでも起こりやすいくすみだからこそ注意が必要なのです。今回は茶くすみの原因と対策についてご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

目指すはツヤツヤヘアー!サロンで仕上げたかのようなブローテクニック

サロンに行ってブローをしてもらうとツヤツヤに。でも、お家で実践しようとしても、なかなかうまくいかないということはありませんか?自宅でも簡単にできるサロン流のブローテクニックをご紹介します。

by遠山 久美子

美容効果抜群!甘酒でキレイ度アップしませんか?

日本の発酵食品や麹が再注目されています。その中でも栄養価が高く、美容や健康に良いと女性が注目している甘酒の美容効果とキレイになる飲み方をお伝えします。

byChez チェズ

韓国流 抜け毛対策方法!まずは食生活を見直しましょう

徐々に進行している抜け毛を予防するためには食生活を見直すことが必須です。髪の毛一本抜けるごとにショックを受けてしまいがちですが、まずは食事やシャンプーの選び方など、きちんと抜け毛対策法を知り、前もって普段から行うようにしましょう。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す