2016年12月7日 更新

体重とサイズどちらが重要ですか?理想のボディラインを目指すにはシェイプアップ!

体重とサイズどちらが重要ですか?理想のボディラインを目指すにはシェイプアップ!

ダイエットに取り組んでいる大多数の方が行っているのは、「減量」です。「シェイプアップ」ではありません!つまり、体重に対して非常に神経質で、ボディラインに対する意識は不十分であることが多いという事です。

急激に体重を減らすことのデメリット

体重に意識が向きやすい方は、運動よりも食事制限を重点的に行う傾向にあります。無理な食事制限は、リバウンドしやすいです。
自分の誕生日やお正月に食事制限を続けることが出来ますか?きっとストレスになると思います。運動でダイエットをしている方は、ストレス発散になっているという方も多いのですが、食事制限をメインとしている方は、ストレス発散に運動していることは少ないのではないでしょうか。
食事は、量を減らすのではなく、内容・バランスを意識することが大切です。シェイプアップしたい方はしっかり食べていますよ。

リバウンドだけでなく、急激に体重が減少するとホルモンバランスが乱れてしまいます。これは特に女性で問題となりやすいです。ホルモンは睡眠や代謝など、命ある限りずっと続く身体の機能に必須なので、そのホルモンが乱れるという事は、身体は必ず不調を生じます。

体重は隠せても身体のラインは隠しきれません!

「女性に体重を聞いてはいけない!」これはもはや常識と言っても過言ではありませんよね?
体重は確かに測ってみなければ分かりませんし、身長が高ければ当然体重は増えます。ですが、ボディラインはどうでしょうか?スカートから見える脚、Tシャツを着たときのウェスト周りなど、服装で多少隠したりごまかすことができても、限界があります。そもそもボディラインを隠すために服を選ぶのではファッションが楽しくありません。体重は言わなければ比較などされる心配はありませんが、ボディラインは赤の他人からですら比較される可能性があります。 

体重ではなくボディラインに効果が出ている女性の実例をお話しします。
30代後半の女性で、月に2回の筋トレがメインのグループエクササイズに参加し、それに加えて週に2回くらいセルフエクササイズ(筋トレ)を行っています。約1年経過し、体重は1kg減少でしたが、ウエストが6cm細くなるという結果がでました。
食事は特に制限していませんし、月に2回のグループエクササイズの日以外は基本的に毎日約2本の缶ビール(350ml×2=700ml)飲んでいます。

もちろんこの方の例が全てではありませんし、1年で6cmウェストダウンは某プライベートジムの結果に比べたら大したことはないかもしれませんが、6cm減らせずに困っている方はどれだけたくさんいるでしょうか?

減量ではなくシェイプアップ!

引き締めるということは、筋肉をつけ体を高燃費にしていき、脂肪を減らすことです。筋肉をつけるので、体重は劇的な変化はありませんが、見た目が大きく変化し、パンツのサイズなども変化していきます。

有酸素運動後に体が引き締まって見えるのは、汗として水分が抜けているからです。体重も減っています。実際、アスリートは夏季のトレーニング前に体重を図り、トレーニング中に体重を図ることで脱水状態をチェックします。有酸素運動後に即座に脂肪が燃えて消えているわけではありません。
有酸素運動も、もちろんシェイプアップには効果的ですが、毎日のように十分に行うのは、簡単ではなりませんよね。筋トレであれば、少しの時間で行うこともでき、増えた筋肉量により普段の生活で消費するエネルギーを増やすことができるので、脂肪を減らしやすい体を目指すことができます。

「体重を減らしてはいけない」というわけではありません。シェイプアップに伴い、体重も減少はしますが、「ダイエット=減量」ではなく、「ダイエット=シェイプアップ」で健康的できれいなボディラインを目指してみてはいかがでしょうか?

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
理学療法士 ローカルに根差した活動が中心.20代後半~40代女性を中心に,身体解剖生理学や身体運動学を基本としたサービスを提供. 美姿勢やウォーキング,体幹エクササイズ,美脚エクササイズなど. また,外反母趾や産後トラブルに対するアドバイスなど,女性特有の問題をリハビリテーションの観点からもサポートを行っている. 【趣味】ゴルフ・スノーボード・アウトドア.週3~4の頻度で...
体重とサイズどちらが重要ですか?理想のボディラインを目指すにはシェイプアップ!
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

猪又 一志さんの新着コラム

Body Care

by猪又 一志

歩き方を少しだけ意識!普段の何気ない移動をエクササイズに

今回お伝えするのは「歩くだけ」ということ。ただ、それだけでダイエットが成功するかというとそうではありません。筋肉の量を増やし、その筋肉をいかに普段の生活で使用する機会を増やせるか。あくまで筋トレを普段から是非行っていただきたいのです。その上で、今回お伝えする歩き方を実践していただければ1日の消費カロリーや筋肉への刺激を増やすことが出来ます。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Skin Care

by及川ゆりか

小顔&美肌になれて免疫力をアップさせる呼吸法とは!?

乾燥が厳しくなり、風邪やノロウィルスなども気になる季節。免疫力を高めるためには腸の環境や自律神経を整えるなど様々なアプローチ方法がある中、日常に取り入れやすく、免疫力アップとともに小顔キープにもつながる方法をご紹介します!

by遠山 久美子

身近なあの食材も!話題のスーパーフードは美人への近道♪

話題の美容習慣のひとつに「スーパーフード」がありますが、私達には馴染みがなく身体に良さそうだけど、ちょっと敬遠してしまいがちになっていませんか?実際にどのようなものがあり、どのような効果があるのか?スーパーフードの種類やパワーをお伝えします。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す