2016年9月6日 更新

まつ毛エクステンションのグルーが原因で目に起こる異変とは?

まつ毛エクステンションのグルーが原因で目に起こる異変とは?

まつ毛エクステンションの危害が増加している中、目に異変が出る理由の一つにグルー(接着剤)が挙げられています。ただ、グルーが原因で起きる危害と言われても、何がどうダメなのか分かりませんよね?そこで今回は、グルーの成分の危険性についてお話します。

グルーは慢性的な眼障害になりうる

PIO-NETや医療機関ネットワークには、下記のようにまつ毛エクステンションの施術時に使用されるグルーが関与していると思われる危害事例が寄せられています。

・施術中から液が目にしみた
・グルーが目に入った
・グルーにより眼瞼に炎症を起こしたものと思われる
など……

まつ毛エクステンションによる眼障害では、眼瞼皮膚炎が一番多いといわれ、これらの原因は主にグルーによるものと考えられています。グルーは施術後から長期間まつ毛に留まり、洗顔時などに徐々に溶けて流れていくことから、慢性的な眼障害の原因になると考えられています。

まつ毛専門店 エクセレント

グルーに関する法的な規制はあるの?

グルーは「化粧品」と思いがちですが、実際は「雑貨」に分類されています。そのことから、医薬品医療機器等法(旧薬事法)の規制対象ではありませんし、配合成分の表示の法的義務もありません。

業界団体による自主基準はあるようですが、接着剤の安全性を担保するレベルの物ではないというのが現状のようです。

7esthe.com

グルーに使われている成分について

グルーの主成分には、シアノアクリレートという瞬間接着剤の原料が多く使われています。シアノアクリレートには種類があり、メチルシアノアクリレート、エチルシアノアクリレート、ブチルシアノアクリレートなどに分けられます。

シアノアクリレートは空気中に含まれる水分や被着体に付着している水分と反応して急速に硬い皮膜状に硬化します。反応速度が速く、一般的に瞬間接着剤として利用されています。

シアノアクリレートは外科や歯科など医療でも使われることがありますが、それらは医薬品医療機器等法(旧薬事法)で規定された基準の物であり、まつ毛エクステンション用のグルーとは異なります。

シアノアクリレートのホルムアルデヒドの放出量

まつ毛エクステンションではは、グルーが揮発する際にホルムアルデヒドが発生します。まつ毛エクステンション装着直後が最もホルムアルデヒドの拡散が多く、その後も24時間は拡散が続きます。

ホルムアルデヒドは刺激臭のある無色の可燃性の気体で、水に溶けやすい性質を持っています。ホルムアルデヒドによって眼、鼻、のどなどに刺激や炎症を生じることがあり、シックハウス症候群の原因物質の一つともいわれています。

メチルシアノアクリレート>エチルシアノアクリレート>ブチルシアノアクリレートの順にホルムアルデヒドの放出量が多くなり、そのため刺激や炎症が起こるのもこの順に多いと考えられます。

まとめ

ホルムアルデヒドが刺激や炎症の原因となるので、グルーにどういう成分が使われているかが重要です。ホルムアルデヒドの放出量が少ない物を使っている方が目に異変が出にくいので、施術の前に確認するのが安全でしょう。

また、施術後グルーが乾ききるまでの数時間は、まつ毛を濡らさないようにすることも大切です。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
薬剤師・化粧品開発・抗糖化美容研究家・美容ライター 大学卒業後、薬剤師として調剤薬局に勤務、その後化粧品会社の薬事・商品開発に携わる。結婚を機に独立し医師薬剤師共同開発ブランドを立ち上げる。 自身のブランドとして「MarryMemory」、「Doctor&Pharma」がある。 化粧品会社の総括販売責任者・医薬品関連会社の管理薬剤師経験を持つ。 美容健康の知識は専門的...
まつ毛エクステンションのグルーが原因で目に起こる異変とは?
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

花田 真理さんの新着コラム

Skin Care

by花田 真理

パラベンフリーの化粧品とは一体どんなもの?注意すべき3つのポイントとは?

パラベンフリーという化粧品にどんなイメージを持ちますか?「防腐剤が入っていない」もしくは「パラベンは肌に悪いものだから安心できる化粧品」と思う人がいるでしょう。果してこのような考えは正しいのでしょうか…。今回はパラベンフリー化粧品における注意すべき3つのポイントについてご紹介します。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

by西田 彩花

いつものメイクにひと手間加えてみませんか?上質美肌な仕上がりを目指しましょう

マンネリ化しやすいメイクの行程ですが、今よりもう少し、ひと手間加えてみませんか?ちょっと手を加えるだけで、ワンランク上の上質な仕上がりが叶うかもしれませんよ。それを叶えるアイテムと、メイク方法をご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す