2016年12月7日 更新

ビープル バイ コスメキッチン提案!この冬取り入れるべき注目の美容フードたち

ビープル バイ コスメキッチン提案!この冬取り入れるべき注目の美容フードたち

オーガニック&ナチュラルのフード、雑貨を厳選して取り揃えるライフスタイルストア「Biople by CosmeKitchen」。 この秋冬より新展開となる製品の展示会「BIOPLE FES」が先日開催され、日本初上陸ブランドや新商品がお披露目となりました! 今回は、その中でも特にこれから注目されそうな美容フードをいくつかご紹介させていただきます。

スイス発ナチュラルハーブブランド「ナリン」からフードシリーズが日本初上陸!

photo by YuMi
出典 :
photo by YuMi

スイス発ナチュラルコスメブランドとして以前から日本でも知られている「nahrin(ナリン)」が、この秋ビープル バイ コスメキッチンにて、12月1日(火)より新たに自然食品の展開を開始します。

ナリンといえば、スイスで長きにわたり伝統的なハーブレシピを生み出し、日本でも33種類の精油と7種類のハーブエキスがブレンドされた「ハーブオイル33+7」をはじめとした美容オイルが人気です。
そのナリンから、かねてよりブランドのベストセラーである「ベジタブル ブイヨン」(内容量500g 2,900円+税)や、香り高いハーブをブレンドした「シーズニング」(内容量60~80g 5種 各900円+税)など、手軽に上質なハーブを食卓に取り入れることができるフードシリーズが新発売となります。

中でも大人の女性に是非注目してほしいのが、ナリン創業以来60年近く変わらないレシピでつくられる、スイスを代表とするハーブペースト「ハーブペースト ジュニパー」(内容量500g 2,800円+税)です。
メディカルハーブとしても知られるジュニパーは、デトックス作用が高く、解毒・利尿作用があるといわれており、むくみケアや代謝アップにいいとされています。
「ハーブペースト ジュニパー」の気になるお味ですが、そのまま食べても美味しくいただけるほど爽やかな甘みがあり、まるでハーブ風味の蜂蜜のようです。
パンに塗ったりホットドリンクに1さじ加えたり、お料理に甘さを加えたいときなど、さまざまな摂り方を楽しみながらインナーケアがかなえられます。

そしてもう1つ、これから寒さが増して風邪を引きやすくなる季節に、家族みんなで取り入れたいのが「ハーブシロップ エキナセア」(内容量250ml 3,100円+税)。
先のジュニパー同様にメディカルハーブとして親しまれているエキナセアは、免疫力を高めたり抗菌作用が高いとされ、古くからお肌の炎症や傷の治療に使われたり、ハーブティーとしてインナーケアにも使われてきました。
ヨーロッパでは、昔からエキナセアは風邪予防やインフルエンザ予防として今でも愛用されています。
そんな頼もしいエキナセアのエキスをより飲みやすくするため、ナリンではブラックベリーをブレンドし、子どもから大人まで美味しくインナーケアできるハーブシロップにしているのも、魅力の1つです。

アーモンドミルクで世界的人気のベジミルクブランド「エコミル」が着目したのは…あのスーパーフードのミルク!

photo by YuMi
出典 :
photo by YuMi

スペイン発、オーガニック植物性ミルクブランド「EcoMil(エコミル)」からは、7種類のベジミルクがビープル バイ コスメキッチンにて10月より販売中。

アーモンドミルクの先駆けブランドとしてヨーロッパや中東、アジアなど、世界59カ国で愛されているエコミル。
この秋からは、日本でもスーパーフードとして注目され始めているキヌアやヘンプを使用した、牛乳や豆乳に代わるオーガニックベジミルクを展開しています。(べジミルクシリーズ 各1000ml 980円+税)

キヌアにはミネラルやタンパク質が豊富で、その栄養価は牛乳に匹敵するといわれています。特に、キヌアに含まれる不飽和脂肪酸にはコレステロールを抑制する働きがあり、最近では世界的なセレブやモデルをきっかけに再注目されている穀物のひとつです。
そして、ヘンプ(麻の実)にも女性に嬉しい栄養が詰まっており、ココナッツオイルやアサイー、アーモンドにならび、スーパーフードのひとつして注目されています。
主に、麻の実から搾取したヘンプオイルが有名ですが、エコミルから販売されているヘンプミルクであれば、日ごろから牛乳代わりに飲むことでヘンプ特有の良質な栄養素を気軽に摂取できます。

これからは’’生’’の時代!?非加熱製法で生きた栄養を摂取できる美容フードたち

photo by YuMi
出典 :
photo by YuMi

続いてご紹介するのは、一般的には加工の過程でなんらかの加熱作業が入り製造される食品を、独自の製法で熱処理を加えずに素材の栄養を残したまま商品化した美容フードたち。
一つは、オーガニックの良質な天然の栄養素を摂取できると人気の、スーパーフードブランド「Sunfood(サンフード)」から11月25日(水)新発売となる「オーガニック エアルーム アーモンド」(内容量227g 2,800円+税)。

通常、スチームやローストの熱処理がなされるドライアーモンドですが、こちらのオーガニック エアルーム アーモンドは「生」の状態にこだわることで、もともと素材にそなわっているビタミンB、Eやミネラル、食物繊維、そして良質な脂肪分を壊すことなく摂取することができます。
しかも、使用されるアーモンドは原種のため、小粒ながら特に栄養を豊富に含んでいるのも特徴。ローストされたアーモンドに比べても口当たりが軽く、毎日のおやつとしても美味しくいただけるのでおすすめです。

photo by YuMi
出典 :
photo by YuMi

最後におすすめするのは、「生」のハチミツです。
11月1日(日)よりビープル バイ コスメキッチンにて限定発売となるオーストリア発オーガニック ローハニー ブランド「RAINBAUER(ラインバウアー)」は、インナービューティーだけでなくスキンケアとしても注目のハチミツです。

独自の非加熱製法によりつくられるローハニーは、ハチミツのもつ本来の栄養素を損なうことなく摂取することができます。また、ハチミツの抗菌作用や抗酸化物質も一般的なハチミツより高く、直接お肌に塗ることで美肌ケアとしても活用可能です。
栄養面だけでなく味のバリエーションも4種類と豊富なうえ、ビープル限定発売として、もみの木の樹液を吸った昆虫の分泌物が蜜源の「もみの木甘露蜜」(内容量50g/120g 700円/1,200円+税)の1種も加わり、味だけでなく香りや用途によって選ぶ楽しさが広がるのではないでしょうか。

いかがでしたか?この秋冬、ビープル バイ コスメキッチンで買うことのできる魅力あふれる美味しい美容フードたち。
日々の健康は毎日口にする食べ物から作られます。これからますます寒さが増して風邪やインフルエンザが流行る前に、日ごろから少しずつ良質なフードを取り入れることで真冬に負けない体作りを心がけましょう!

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
YuMi
美容ライター/JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター @cosme公認コスメモデルとして活動後、集英社MAQUIAのマキアアンバサダーとして美容情報を発信中。 フランス パリ発信のMy Little Box公式アンバサダー「My Little Ladies」としても活動。 メディカルハーブを取り入れた自身のライフスタイル、香りの知識を活かしたパフューム美容を発信。
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

YuMiさんの新着コラム

Body Care

byYuMi

至極の香りスパ!高級ホテルが認めたタイ発「THANN サンクチュアリー SPA 赤坂」で心と体に極上の癒しを

新しい年を迎え、早くも2ヶ月間が経とうとしています。 今回は、新年、心機一転してまた1年をがんばりたい女性にオススメの極上スパサロンをご紹介します。 タイのナチュラルスキンケアブランド「THANN」が運営しており、世界でも星付き高級ホテルが評価するスパサロン「THANN SANCTUARY SPA」が、昨年秋に東京・赤坂にニューオープン。ブランドが誇る天然植物と現代皮膚科学を駆使したフェイス及びボディケア製品とアロマセラピーやアーユルヴェーダに基づいた癒し効果の高い香り、そして高い技術を持つセラピストによる至極のトリートメントで、心も体もリニューアルしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪

Body Care

by石本 哲郎

ダイエットのプロが伝授!一時的に体を細く見せる裏技!

一般的にはあまり知られていない、一時的に体を細く見せる方法を伝授します!結婚式やイベント、デートなど「この日だけ痩せた体でいたい!」という場面で使える必殺技です。

byPapp Hideko

<新婚カップル編>調理&食事の時間が心地よいハンガリー家庭のこだわり食生活...

前回に続いて、ハンガリーの一般家庭のお宅を少しのぞいてみましょう。今回もまた、美を作る上で欠かせないキッチンダイニング、そしてリビングまわりの心地よいインテリアを見ていきたいと思います。

Body Care

by花田 真理

たったこれだけ!簡単に脚の疲れを取る方法と知っておきたい注意点

仕事後に足が浮腫んだり、歩き疲れたなど、足がぐったりだるく感じてしまうことありますよね。そんな時は入浴やマッサージなど様々な方法で解消できますが、簡単に疲れを取りたいと思うことはありませんか?今回はそんな時におすすめな、簡単に足の疲れを取る方法と注意点をご紹介します。

この記事のキーワードキーワードからコラムを探す