2016年9月6日 更新

ニキビ肌のときに使いたい♡おすすめのクレンジング剤4選

ニキビ肌のときに使いたい♡おすすめのクレンジング剤4選

ニキビができたとき、クレンジングにどんなものを使っていいか悩みませんか? 肌に負担はかけたくないけど、きちんとメイクは落としたいですよね。今回は、ニキビ肌のクレンジングで、どんなことに気をつけたらいいのか、おススメのクレンジング剤はどんなものかお伝えします。

ニキビ肌に負担がかからないものを

ニキビがあるときも、クレンジングは必要不可欠です。
でも、普段以上に肌に負担をかけたくないので、どんなクレンジング剤を使えばいいのか、悩むところですよね。

肌に負担がかからないクレンジング剤というと、まず、「摩擦が起きないもの」。
肌との摩擦を最小限にするためにも重いテクスチャーのクレンジングジェルやクリームは避けてください。重いテクスチャーだと肌に力を加えてしまいがちなので、ニキビ肌に刺激を与えニキビを悪化させてしまうことになりかねません。

次に、「肌を刺激するものを避ける」。
メイクをしっかり落とすために強力な成分が入っているものもありますが、これもニキビ肌にはよくありません。ニキビを悪化させる場合もあります。

具体的には、界面活性剤を多く使用しているものは、肌に必要な皮脂や潤いも取り去ってしまう可能性があるので、ニキビ肌の方は避けた方が無難かもしれません。

また、手軽なふき取りタイプのクレンジング剤も、肌に成分が残り、毛穴が詰まってしまうことがあるので、ニキビがあるときはやめたほうがいいでしょう。

「オリーブオイル」が含まれたクレンジングオイルも、気をつけてください。
オレイン酸を豊富に含み、栄養価が高いオリーブオイルは、植物性で肌にやさしいといわれていますが、実は栄養価が高すぎるものはニキビができているときはあまりおすすめできないのです!

オレイン酸は、ニキビの原因であるアクネ菌の栄養になるので、ニキビが悪化してしまう可能性があります。
もちろん、植物性オイルが全て一概にニキビ肌に向かないわけではないのですが、「オレイン酸」を豊富に含むものはニキビができているときは、避けた方がいいかもしれません。

とはいえ、クレンジング剤は、油分のメイクアップ剤を落とすことが目的です。
なので、油分や界面活性剤が含まれているクレンジング剤が多いのは、仕方ないことともいえます。
では、どんなクレンジング剤が適しているのでしょうか?そして、どんなふうに使えばいいのでしょうか?

メイクに適したクレンジングを

ニキビがあるときはクリームやミルクタイプのクレンジング剤が向いています。
なぜかというと、クリームやミルクタイプは界面活性剤の量をあまり含まない場合が多く、ニキビ肌に刺激が少ないといえるからです。特に普段ナチュラルメイクの人は、このタイプで充分でしょう。

クリームやミルクタイプだと、ある程度固さもあるので洗う際に肌の上に厚みもできます。この厚みがクッションの役割を果たしてくれるので摩擦を最小限にしてくれるはずです。

でも、しっかりメイクの人だとクリームやミルクタイプではメイクがきちんと落ちない可能性もあります。
そうなると、クレンジングオイルを使うことになりますが、ニキビ肌でも使えるクレンジングオイルといえばミネラルオイル。

ミネラルオイルは鉱物油ともいわれ、安定感があり、肌にも負担があまりかからないのでニキビ肌の方にもおすすめできます。ちふれのクレンジングオイルや資生堂の専科のパーフェクトオイルがその代表例でしょう。両方ともコスパがいいので、一度試してみるといいかもしれません。

敏感肌だからクレンジングオイルは心配、という人にはホホバオイルをおススメします。
ホホバオイルにはワックスエステルという人間の肌にも含まれる成分が入っているので、あまり負担なく使うことができそうです。しかも界面活性剤を含んでいないので、ニキビを強く刺激することもなく、乾燥肌・敏感肌の方も抵抗なく使用できそうですね。

ただし、クレンジングオイルを使うときには、ポイントがあります。
まず、「時間をかけすぎないこと」。
クレンジングに必要以上に時間をかけると摩擦や刺激によって、肌の角質層がはがれてニキビが悪化してしまうことがあります。「クレンジングは1分以内」を心がけてください。

すべての汚れをクレンジングで落とさなくていいのです。クレンジングで落ちなかった汚れやべたつきは、その後の洗顔で落とせばOK!

次に、「オイルを乳化させること」。
オイルに少量の水を入れると、オイルが水っぽいミルクのようになったら乳化している証拠です。オイル全体がこのように白っぽくなってから洗い流すことが、ニキビ肌のクレンジングのポイントです。

ニキビ肌におススメのクレンジング♪

ちふれ クレンジング オイル

ちふれ化粧品 クレンジング,オイル | ちふれ化粧品

ちふれのクレンジング オイルは、すっきりとした洗い上がりが特徴。
無香料・無着色で、デリケートな肌に優しい低刺激性だから、ニキビ肌の方にもおすすめできます。
肌に負担はかけず、メイクはきちんと落としてくれるのが嬉しいですね。
全成分・分量を表示しているので、どんな肌質の方も安心して使えます。

ちふれ クレンジング オイル
220ml 700円(税抜)
詰め替え用 600円(税抜)

専科 パーフェクトウォータリーオイルn

- 化粧品・コスメの通販 | ワタシプラス/資生堂

角栓や毛穴の奥の汚れをしっかりと落としてくれるので、ニキビがあるときにもおススメのクレンジングオイルです。さっぱりした洗い上がりも気持ちいいですよ♪洗浄力も肌への優しさもどちらも叶えてくれる、優れもののクレンジング剤です。

専科 パーフェクトウォータリーオイルn
230ml 990円(税抜)

Terracuore(テラクオーレ) ダマスクローズ クレンジングミルク

肌への優しさを追求したクレンジングミルク。オーガニック原料の占める割合が95%以上と、肌に優しいのが魅力。ダマスクローズの香りに包まれながら、しっかりとメイク落としができます。使えば使うほど、みずみずしい肌になれるかもしれません。

テラクオーレ ダマスクローズ クレンジングミルク
125ml 3,500円(税抜)

ノブ ACアクティブ クレンジングリキッド

ニキビ肌を美肌に導いてくれるノブのACアクティブシリーズの、クレンジングリキッド。
古い角質や皮脂などニキビの原因になるものを浮き上がらせるので、毛穴のつまりも解消できるかもしれません。

お肌のうるおいを保ってくれ、肌のつっぱりも気になりにくいのもポイント。ニキビで悩んでいる方にぜひ使ってほしい一品です。

ノブ ACアクティブ クレンジングリキッド
120ml 2,500(税抜)

最後に

ニキビがあるときもメイクせざるを得ないときは、できるだけ濃いメイクにならないように気をつけましょう。そして、ニキビ肌でも安心して使えるクレンジング剤を選ぶこと。ここでご紹介したクレンジング剤を参考にしてみてくださいね。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
Platt!BEAUTY編集部 美容ライター
ニキビ肌のときに使いたい♡おすすめのクレンジング剤4選
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

阿部 裕子さんの新着コラム

Body Care

by阿部 裕子

二の腕をなんとかしたい!自宅で簡単にできるエクササイズでほっそり二の腕♪

薄着の季節になると、気になってくるのが二の腕のたるみ。なんとかしたいけど、ダイエットをしてもなかなかスッキリしない箇所でもあります。そんなときは、自宅で簡単にできる二の腕エクササイズをしてみませんか?

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す