2016年9月6日 更新

女性らしい美しい姿勢は骨盤底筋にもいい効果があります

女性らしい美しい姿勢は骨盤底筋にもいい効果があります

骨盤矯正やピラティス、トレーニングジムのダイエットプログラムでもよく聞く「骨盤底筋」。その機能はどういったものなのでしょうか?また、骨盤底筋を鍛えるにはどうしたらいいのでしょうか?今回は骨盤底筋の働きや、鍛えるにあたってよくない姿勢を紹介します。

骨盤底筋の働き

骨盤底筋とは、その名のとおり骨盤の底にある筋肉です。
上記画像の❝Pelvic floor muscles❞がその骨盤底筋です。❝肛門挙筋❞など、いくつかの細かい筋肉が集まって骨盤底筋が構成されています。
骨盤底筋はインナーマッスルの1つであり、骨盤周囲の骨や内臓(子宮や膀胱など)を正しい位置に支える役割を担っています。

骨盤底筋の機能が低下するとどうなるのか?

骨盤底筋の機能が低下すると、骨盤にゆがみが生じ、下半身太りや腰部骨盤帯痛などのトラブルが生じてしまいます。
また、骨盤は上半身の土台となる場所なので、頭痛や肩こりを引き起こす可能性もあります。
さらに、膀胱などの内臓を支えることができず、内臓が下に下がってしまいます。その結果、当然内臓の機能も理想の状態ではなくなるため便秘になったり、ポッコリお腹になってしまうなどボディラインが崩れてしまったり、尿漏れなどのトラブルを招くこともあります。

骨盤底筋の機能低下を招くのは、ずばり不良姿勢

デスクワークでPCを扱う仕事の方にありがちな、前かがみになり頭を前に出すような姿勢を長時間続けていると、上記の画像の左側の女性のような「スウェイバック姿勢」になってしまいます。
このような不良姿勢をとっていると、骨盤底筋に負担がかかってしまいます。

骨盤底筋が内臓を下から支えるとはいっても、骨盤底筋のみで支えているわけではありません。骨盤の前方に位置する恥骨という骨も内臓の重みを一部支えています。
上記左の女性の姿勢では正常よりも骨盤が後ろに傾いた状態になっています。そうすると、恥骨の位置が内臓の重みを支えることができない位置へとずれてしまい、骨盤底筋に大きな負担がかかってしまうのです。

女性らしく、骨盤の立った美しい姿勢をとることが大事

ミランダ・カー | mk | Pinterest

骨盤が後ろに傾いた姿勢では、お尻が垂れて見え、相対的に肩が前に出てしまうため、骨盤底筋への負担が大きくなるだけではなく、見た目の印象もとてもきれいには見えません。
スマートフォンを使用しているときや本を読んでいるとき、PC作業中、ただ立っているとき、日常の生活で、先ほどの姿勢は容易にとってしまいます。
ぜひ、椅子に座るときはお尻を深く腰掛けて、立っているときは、お尻の位置が高くくるように背筋を正してみてください。
骨盤底筋を鍛える本格的なトレーニングを始める前に、まずはそのよい姿勢を意識することで基本姿勢を改善させることができるかもしれません。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
理学療法士 ローカルに根差した活動が中心.20代後半~40代女性を中心に,身体解剖生理学や身体運動学を基本としたサービスを提供. 美姿勢やウォーキング,体幹エクササイズ,美脚エクササイズなど. また,外反母趾や産後トラブルに対するアドバイスなど,女性特有の問題をリハビリテーションの観点からもサポートを行っている. 【趣味】ゴルフ・スノーボード・アウトドア.週3~4の頻度で...
女性らしい美しい姿勢は骨盤底筋にもいい効果があります
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

猪又 一志さんの新着コラム

Body Care

by猪又 一志

体重とサイズどちらが重要ですか?理想のボディラインを目指すにはシェイプアップ!

ダイエットに取り組んでいる大多数の方が行っているのは、「減量」です。「シェイプアップ」ではありません!つまり、体重に対して非常に神経質で、ボディラインに対する意識は不十分であることが多いという事です。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す