2016年12月7日 更新

お正月太りから抜け出すために…知っておきたい時短エクササイズ

お正月太りから抜け出すために…知っておきたい時短エクササイズ

ついに三が日も過ぎましたが、この年末年始で食事のリズムが狂ってしまったという方も多いのではないでしょうか。でも、基本姿勢を保ちながらエクササイズをたった1分行うだけで、お正月太りも怖くなくなるかもしれませんよ!

まずは基本姿勢…「肩を落とし胸を張って首をのばす」

「背中を鍛えると代謝が上がる」というのはよく聞く話ですよね。
しかし背中をむやみにきたえればいいというわけではありません!

肩を落として胸を張り、首を長くのばしてみましょう。この姿勢を意識して行うことで、自然と背中とお腹の丹田に力が入るのがわかるでしょうか?
このポジションを上手に保ちながら、背中の運動を行っていくので、まずはこの基本姿勢が気持ちよくできているかためしてみてください。

基本姿勢その2…ひじを90度に曲げて二の腕を脇につける

先述の基本姿勢ができたら、次にひじを90度に曲げて二の腕を脇にくっつけてみましょう。
脇と二の腕の間に隙間なく、ぴったりとくっつきましたか?
このポジションが簡単にできる方は、胸や首回り、背中の筋肉がやわらかく、姿勢が比較的よい方です。

しかし二の腕が脇(前鋸筋)につかず、どうしても隙間が空いてしまう方は、筋肉がこわばり猫背気味かもしれません。この姿勢が楽になるように息を吐きながら肩を下げ、脇を締めてみましょう。

このとき頭は天に伸びていく感覚でまっすぐの姿勢を心がけましょう。脇の前鋸筋が目覚めてくると、不思議と腹筋・背筋がもっと使われるようになります。

呼吸をしながら簡単エクササイズ

あとは基本姿勢をたもちながら手を交互に上げるだけです。
基本姿勢を保ちながら、比較的スローテンポで腕を交互に上げていきます。このとき、肩と耳があまり近づかずにスッと上げられるかどうか注意しましょう。

下げるときは必ず、腕と脇をくっつけるまで下げます。
腕を上げるときはお腹からのびてくる意識を持ちましょう。それがポッコリお腹と猫背改善につながります。

始めはうまくできなくても、丁寧に意識しながら何度も練習してみることが大事です。
この動きだけで効率的に代謝をアップさせられる菱形筋、つまり肩甲骨の中心を使うことができます。

たまに行う1時間の激しい運動よりも、毎日行う1分の背中の菱形筋肉運動がおすすめ。
これで時間がない方でもお正月太りはおろか、3か月後には背中のお肉がスッキリしているかもしれません。ぜひお正月の過ぎた今から習慣にしてみてください。

 この記事が気に入ったらみんなにシェア!
アウェイク鎌倉主宰 ヨガインストラクター ラフィール代官山パーソナルトレーナー
お正月太りから抜け出すために…知っておきたい時短エクササイズ
この記事が気に入ったら「いいね!」
Platt! BEAUTYの最新情報をcheckしよう♪

橋本はづきさんの新着コラム

Body Care

by橋本はづき

太りにくい体を手にいれるには「悪い癖」を知り改善すること!

筆者のところでパーソナルトレーニングを行っている方々から「太りにくい体になった気がする」「自分の体が好きになった」という言葉を聞くことがあります。トレーナー冥利につきるのですが、なぜそのような事をおっしゃるのかというと、自己の癖を知り、それを少しずつ改善できたからです。さて、特に多い癖を改善していく方法をいくつか解説いしていきます。

この記事を読んだ方にお勧めのコラムこんな記事も人気です♪
この記事のキーワードキーワードからコラムを探す